クレジット現金化で即日融資ができるって本当?

MENU

クレジット現金化で即日融資ができるって本当?

即日融資についてネットで調べていますと、ブラックでもOKなどというサイトとならんで「クレジット現金化だったら審査がありませんよ」という宣伝文句が書いてあったりします。

 

なかには、「即日振込が可能で○○だったら数分で振り込んでくれます」などと、いかにもデメリットなどなく、すぐに借りられるかのような書かれ方をされているものがあります。

 

これらは本当に、クレジット現金化で即日融資は可能なのでしょうか?

 

クレジットカード現金化というのは、どういう手法なのか?

クレジットカードには、普段ショッピングで使うためのショッピング機能と、他にもキャッシング枠というキャッシング機能も備わっています。

 

キャッシング枠はショッピング枠の一部を利用するような形での利用が可能となっていて、例えば100万円のショッピング枠と30万円のキャッシング枠の場合、合わせても利用できるのは100万円まで、ショッピング枠を80万円利用したならば、ショッピング枠あるいはキャッシング枠で残り利用できるのは20万円までという仕組みになっています。

 

このキャッシング枠までも、いっぱいまで借りてしまってどうにもならないような方に、残ったショッピング枠内でその会社が指定する高還元率商品をクレジットカードで購入させて、その購入代金を一定割合で買取するのと引き換えに現金をもらえる、という仕組みになっています。

 

購入したときと買取をする際の、価格差が業者側の利益となるわけです。

 

クレジットカードの現金化は違法なのか?

こうした手法により、確かにクレジットカード現金化での即日融資は可能なようです。実際に利用している方もいるようですが、なんだか違法な匂いがする手段ですよね?

 

こうした業者は違法業者にはあたらないのかというと、一応この取引は古物営業法に基づいて、古物商の資格で買取をしているのだそうです。

 

利用者の需要に応じた商行為であるため、なんとも限りなくグレーではあるものの違法行為ではない、という考え方がある一方で、実質的には貸金業にあたるのでは、という意見もあります。

 

価格差の部分は実質的には利息にあたりますが、これが計算してみると法定金利を超えた闇金レベルのものであることがわかったのです。

 

そのため、現在ではクレジット現金化は違法として取り締まりに動いていて、実際、出資法違反容疑で逮捕され有罪判決がでている業者もいます。

 

また、そもそもクレジット現金化という行為は、クレジットカード会員規約に違反する行為となっていて、バレれば一発解約とカード利用ができなくなります。

 

さらには、自己破産の際にも免責対象となっているため、どうにもならなくて自己破産しようとしたときに、それが認可されないという可能性もあるのです。

 

「闇金業者に手を出すよりもなんだか大丈夫そうだし、」などと、軽い気持ちでクレジット現金化に手を出してしまわないよう気をつけましょう。