未成年でも即日融資はできるの?

例えば未成年でも融資が受けられる方法として学生ローンがあります。
ただし、学生ローンは店舗での融資を基本としているため来店が必須です。
近隣に住まいがあることなど利用者は限定されています。
大手消費者金融とは違い、返済方法や借入方法に便利はなく、即日融資はできるものの来店が必要となることも少なくありませんが、貸金業者として登録しているために闇金とは異なります。

 

もちろん未成年とはいっても18歳以上であること、アルバイトなどによる収入を得ていること、学生証の提示などさまざまな条件があります。
簡単に借入ができる学生ローンはありません。

 

未成年の借入ができにくい理由

大手消費者金融だけではなく、一般的に消費者金融は利用するための年齢制限を満20歳以上としています。
逆に、20歳以上であり収入を得ているのであれば、学生も主婦も利用することがでいます。
それでは一般的には未成年が融資を受けられない理由とはなんでしょうか?

 

成人しているのかどうか、それが大きな分かれ道です。

 

成人といえば何を思い浮かべるでしょうか。
調べてみると「心身が発達して一人前になった人」「子供が成長して大人になること」などがあります。
ここから想像ができる言葉、それは「責任」です。

 

自分の行いに責任を求められるものが成人であり、それは融資を受ける際も同じことがいえます。
借りたお金は自分の収入から返済をすること、それがお金を借り入れたときの責任です。

 

成年になるとキャッシングが出来る

一方で成年になると途端にキャッシングが出来る年齢となります。
それは学生も主婦も変わりありません。
「安定した収入がある20歳以上」であることがキャッシングの申し込み条件となっています。

 

銀行カードローンでは収入に関する条件が厳しくなっていますが、消費者金融は比較的柔軟になっています。

 

銀行カードローンの申し込み条件として多いもの
・前年度の税込み年収200万円以上(収入の条件)
・勤続年数1年以上など(勤続年数の条件)
・正社員として勤めていること(アルバイト、パート不可)
・銀行営業区域内に住まいか勤務先があること(エリアの指定)
・保証会社による保証を受けられること

 

消費者金融の申し込み条件
・安定した収入を得ていること

 

年齢の条件がクリアできても、これだけの違いがあります。
現在学生で未成年であったとしても、成人になればキャッシング可能年齢となります。
消費者金融であれば利用条件が柔軟になっているために申し込みがしやすくなっています。

 

お金を借りることを知らない年齢

自己責任で借り入れをしなければならない、それが難しいというのは一般的には未成年がキャッシングできない理由でもあいrます。

 

今度はその自己責任について考えてみましょう!

 

実はお金を借りることは難しいことではありません。
どのような方法であっても何らかの手段を講じれば、誰にでもお金を借りる方法は用意されています。

 

しかし、「どこから借り入れをするのか?」という最初の大きな問題もあります。
闇金融、違法業者、今はまだ多くの罠が張り巡らされています。
闇金であることを堂々と記載したホームページすらあるほどです。
大手消費者金融を選ぶこと、その選択肢を間違えば初めてのキャッシングで地獄を見ることにもなりかねません。

 

また業者選びが正しく行えたとしても、個人の使い方によっては危険にさらされることもあります。
貸金業法、総量規制、利息制限法、そしてコストを掛けない利用方法など知らなければならない情報は山ほどあります。
それらを理解したうえで自己責任で借り入れること、それが必要となるためにやはり未成年では融資を受けることができないという消費者金融が多くなっています。

 

現在の消費者金融は、返済能力だけを求めているのではなくより安全なキャッシングができる優良顧客を求めています。
未成年など返済能力が未熟な世代には融資を行うことはありません。