自己破産・債務整理をした人でも、キャッシングの審査に通る?

MENU

自己破産・債務整理をした人でも、キャッシングの審査に通る?

自己破産後キャッシングをすることは可能なのかどうか知りたいという人は多いようです。基本的には、過去に自己破産や債務整理をした人はお金を借りることができません。どの金融機関で申し込んだとしても、信用情報に問い合わせをしますので、隠し通すことはできないのです。

 

しかし、中にはそのような状態であったとしても問題なく借入ができる業者も存在しています。そのような業者は闇金融である可能性が高く、もし不用意に借入をしてしまうと後々問題になってしまうことがある為、注意しなければなりません。

 

しかし、自己破産後キャッシングを絶対にできないかと言えば、そうとも言えません。自己破産後キャッシングをする為には、色々な条件をクリアしていく必要があります。

 

自己破産・債務整理をしている人は基本的には無理

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出し、「免責許可」を得ることができれば、すべての借金をゼロにしてくれるという手続きのことを言います。

 

これは、弁護士に依頼をし法的な手続きを踏めば可能ですが、支払い不能であることが条件です。

 

債務者の負債の額や収入、資産などから総合的に判断し、破産せざるを得ない状況であれば可能と言えるのです。簡単に自己破産ができると考えている人がいるのですが、借金をゼロにすること以外デメリットしかないものと覚えておきましょう。

 

また、債務整理とは、高金利(利息制限法の上限を超える金利)の消費者金融(闇金融)と取引がある場合、利息制限法によって引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息分に対して元本に充当し、借金額を減らすことを言います。

 

債務整理の場合は、借金がゼロになることはなく、支払える範囲内で支払いは続いていきます。

 

自己破産や債務整理を行ったことで、借金がゼロになったり、支払いに余裕ができることはありますが、デメリットの方が大きいのです。

 

当然ですが、このような状態を起こしてしまった段階で、消費者金融や銀行などでの自己破産後キャッシングは半永久的にできません。

 

銀行や消費者金融など全体の共通個人信用情報の場合においては、自己破産や債務整理の記録は5年〜10年で消滅しますが、それぞれの業者や銀行などでは残り続けていきます。

 

これを社内ブラックや内部ブラックと呼びます。

 

社内ブラックや内部ブラックの情報が消えにくい理由には、

  • 個人信用情報以上に自社の損失に直結する可能性があること
  • 個人信用情報ほど量が膨大ではないこと
  • 情報管理について法律の範疇外であること

が挙げられます。簡単に言えば、自社で債務整理を行った人に対しては警戒し続ける必要があるからです。共通信用情報だけを頼りにして万が一にも同じ事態にならないようにする予防策でもあります。

 

キャッシング審査の世界では、自社での利用履歴というものが非常に重要となってきます。

 

他社での借入についてのデータよりも、

  • 自社での損失がいくらだったのか、
  • 返済延滞はなかったのか

などが重要なのです。逆に言えば、返済に対して真面目に行っていた場合は評価として高くなるというものです。

 

これはすべての金融機関での共有情報ではなく、あくまでも自社での管理においてのものであることが重要なのです。金融信用情報が5年〜10年に対して、自社での管理に関してはその会社によって行われるものですので、どのくらいの期間保有しているのかはわからないのです。

 

共通個人信用情報機関(JICC・CIC・KSC)によって管理されている情報は、かなりの量であることから長期間保管しておくことは難しいと言われています。

 

自己破産などの情報に関しては10年保管しているものもありますが、その情報保管に対してもコストがかかってしまう為、削除していく必要があります。情報管理のコストを下げる為にも、共通個人信用情報機関は一定期間が経過したものに対して削除していきます。

 

また共通個人信用情報機関で管理されている信用情報とは、銀行法・貸金業法・割賦販売法などの金融関係の法律で管理されているのですが、社内信用情報に関してはこれらの制約を受けません。

 

また、保管する期間に関しても自由です。その為、共通個人信用情報機関よりも長い期間保管することが可能なのです。

 

これらのことを踏まえると、自己破産や債務整理をしたことでこれからの人生において、お金を融資してもらえるチャンスはもうないと言えます。ただし、これらは実際に借入をして問題を起こした会社に対してであり、他の会社であれば可能とも考えることができます。

 

共通個人信用情報機関にはすでにデータはなく、また初めて利用する会社であれば借入することは可能であると言えるでしょう。

 

その後何も問題を起こしていないか

自己破産後キャッシングは上記のことから可能であるとわかりましたが、すべての人がその対象となるわけではありません。自己破産後キャッシングを行える条件としては、

  • 自己破産から5年〜10年経過していること
  • 新たな返済トラブルを起こしていないこと
  • 現在の年収が安定していること

が条件になります。自己破産後キャッシングを利用したい場合にはこれらの条件を満たしておく必要があります。

 

自己破産後キャッシングを利用する為には、自己破産や債務整理をした後に何も問題を起こしていないということがとても重要になってきます。

 

共通個人信用情報に代位弁済・強制解約・強制退会・重度遅延などの内容が残っていると審査に通らなくなります。これは、自己破産をしていない人でも同じです。審査の段階で落とされてしまうでしょう。

 

問題の中で見逃しやすいのが携帯電話の料金の延滞です。これもトラブルの一つに繋がってしまいますので、注意が必要です。また、家賃の滞納なども同様です。自己破産をしてからこのようなトラブルがある場合は、5年〜10年経過していても審査落ちしてしまう可能性が高いので注意してください。

 

また、自己破産後キャッシングの場合、現在の年収や職業が安定していることも重要です。

 

自己破産や債務整理をしてしまった人にとっては、信用を挽回できなければ借入することが難しくなってしまうからです。

 

自己破産キャッシングを願う場合は、年収400万円以上で勤続年数2年以上、正社員(最低でも派遣社員)ぐらいのスペックは必要となることを覚えておきましょう。もちろん、借りたい金額によって条件は異なります。

 

自己破産後キャッシングをしたい場合には、正社員じゃなくフリーターやアルバイト、勤続年数1年未満でも審査に通ることもあります。ただし、過去に自己破産や債務整理をしていない人と比べると不利になってしまうことがありますので覚えておきましょう。

 

しかし、中堅消費者金融会社によっては、これらの条件だけではなく独自の審査をしていることも多く、複数借入をしている人よりも自己破産や債務整理をしている人の方が評価が高いことがあるようです。

 

簡単に言うと、これから破産する可能性が高い人よりもすでに破産をしてしまっている人の方が貸付しやすいといことです。その為、自己破産後キャッシングがしやすいという会社も存在しています。

 

自己破産後キャッシングの場合、信用がない為、それを裏付ける事実がなければ借入することは難しいと言えます。

 

しかし、中には上記のような独自の審査によって自己破産後キャッシングを受けることも可能なのです。

 

 

ただし、このような場合は少額融資であったり、金利が最大上限であることが考えられます。過去にしてしまったことが不利になってしまうのは当たり前のことであり、信用を一度失っている以上、貸付する会社としてもリスクを背負うので、それ相応の対応は必要不可欠と言えるでしょう。


 

また、過去は重視しない消費者金融も存在しています。ただし、あくまでも現在の収入が安定していることは絶対条件です。返済能力のない人にお金を貸付する会社はどこにもありません。

 

過去でトラブルを起こしていても現在の返済能力があれば借入することが可能ですが、自己破産後キャッシングにはリスクもあり、高額融資はなかなかしてもらえないでしょう。返済能力があったとしても信用性が何も問題ない人よりもありませんから、仕方がないことです。

 

先程も述べましたが、債務整理を行った会社での借入は根本的に難しいでしょう。

 

例え、それ以降トラブルを起こしていなくても、安定した収入があったとしてもです。自社の信用情報に記載されている以上、どう頑張ったとしても借入することはできません。

 

借入したい時には、トラブルを起こした会社ではないところで申し込みをする必要があります。自己破産後キャッシングすることができないと思い込んでいる人も多いのですが、実際には条件をクリアし、借入する会社を選ぶことで自己破産後キャッシングすることは可能と言えます。

 

記録は何年残る?

自己破産後キャッシングを申し込む為には、まず情報の記録年数を把握しておく必要があります。自己破産や債務整理の記録は、個人信用機関によって保管期間が異なります。

 

JICCは5年、CICは5年、KSCは10年と言われています。

 

多少前後はしますが、大体このくらいの期間だと思ってください。基本的にこれらの期間は最大であり、これ以上保管されることはありません。

 

また、消費者金融の場合では大体5年と言われています。

 

消費者金融の審査では、主にJICCやCICの個人信用情報を使用し照合されます。その為、この2つの機関から削除されていれば問題ないと言えるのです。その為、5年経過していれば大体は問題なく借入することができます。

 

ただし、その人物のクレジットスコアが低い場合には念の為KSCにも確認しておくことになりますので、そちらの信用情報を元にして判断することも考えられます。

 

その為、消費者金融は5年経過すれば問題ないとは言い切れないのです。ここを見誤ってしまうと自己破産後キャッシングをすること自体が難しくなってしまいます。

 

また、これらの信用情報は個人の金融機関情報であり、就職に不利になることや勤務先に調査されることはありません。ただし、銀行関係の職員であった場合には調査されることもあるかもしれませんので注意が必要です。

 

基本的な期間は最長でも10年ですので、この期間には審査が通る会社は限られていることを頭に入れておきましょう。自己破産後キャッシングを行いたい時は10年経過しておけばある程度の会社で審査に通ることが可能とも言えます。

 

さらに、自社によって管理されている信用情報に関しては、保管の期間が決まっているわけではありません。

 

30年経過していればさすがに存在しないかもしれませんが、会社によって異なる為、どれぐらいの期間記録が残っているかははっきりしません。その為、トラブルを起こす前に借入していた会社で、自己破産後キャッシングをお願いしたとしても、審査に通る可能性は低いです。

 

自己破産後キャッシングを行う場合には以前借入していた会社ではない別の会社で行うことが大切です。

 

アメリカのクレジット会社の場合は、自己破産をしてから2年経過した段階で審査に通ったというケースもあるようですので、保管期間は様々だとわかります。アメリカは、過去より現在を重視する傾向がある為、可能だったのでしょう。

 

日本の場合は、やはり最低でも5年の経過は必要だと思われます。

 

過去に自己破産をしている人にとっては、お金を借りることは生涯できないのではないかと不安に思ってしまうところですが、借入することは条件を満たしてさえいれば問題なくできるのです。しかし、このようなことが理解できていないと、闇金融などの甘い言葉に騙されてしまいます。

 

お金に困っている人は、「ブラックでも借入できる」「審査が緩い」などの囁きが天使の声に聞こえてしまいますし、正規店では借りることができないのではないかと思い込んでいる為、手を出しやすいのです。

 

闇金融で借入をしてしまうと、後々困ることへと発展してしまいますので絶対に借入しないようにしてください。

 

一度失敗した人にとって、自己破産後キャッシングは今まで以上に注意が必要です。同じことを繰り返さない為にも、慎重になることが大切です。自己破産後キャッシングが可能だとしても、返済に対しては慎重になる必要があります。

 

返済できない額の借入をしてしまえば、また同じことの繰り返しになってしまいますので、自分の生活をしっかり確認してから借入をすることが必要です。また、自己破産後キャッシングを行う際の審査では、嘘を付かない方が有利に働くことがあります。

 

元々信用性がないのに嘘をついてしまうことによって、より信用されなくなってしまいます。その為、自己破産後キャッシングをする時には嘘偽りなく申し込むことが重要です。


×