ゆうちょ銀行でキャッシング!カードローンの「したく」について

MENU

ゆうちょ銀行でキャッシング!カードローンの「したく」について

キャッシングを行うときは、出来るだけ親しみやすいところを選びたいものなので、ゆうちょ銀行を検討している方もいらっしゃるでしょうが、独自のキャッシングは行っていないので注意するようにしましょう。

 

その代わりにゆうちょ銀行は、スルガ銀行のローン契約の媒介を行っているので、キャッシングをしたいときは、スルガ銀行ゆうちょローンの「したく」という商品を申し込んでください。

 

スルガ銀行でキャッシングを申し込む方法もありますが、近くにスルガ銀行がない人は、ゆうちょ銀行から申し込んだ方が便利です。

 

審査はスルガ銀行や保証会社が行うので、どちらに申し込んでも違いはありません。

 

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」

ゆうちょ銀行でキャッシングしたいときは、スルガ銀行の商品の「したく」に申し込めば、必要な金額を入手することが出来ます。

 

利用できる人の条件は、20歳以上70歳以下で、安定した収入がある方ならOKなので、アルバイトやパート、年金受給者、主婦でも申込みは可能です。

 

70歳でも申し込みが出来る金融機関は少ないですが、ゆうちょ銀行の場合は、審査に通れば、76歳まで利用できるので、いざというときには助かります。

 

事業資金には利用できませんが、使い道は自由なので好きなことに使うことが出来ますから、申し込みたいときはインターネットまたは電話を利用するようにしましょう。

 

初回は300万円までですが、最高で500万円までの融資を受けられるようになっていて、借入も返済もコンビニATMで行えますから、預貯金口座は不要です。

 

仮審査は最短30分ですが、仮審査の通過後に、申込書や必要書類を郵送で送り、届いてから本審査が行われ、それに通過して初めてカードが発行される仕組みになっています。

 

カードがないと利用できないので、即日融資は出来ず、申込みから借入までに1〜2週間はかかります。

 

ゆうちょ銀行の店頭窓口からでも申し込めますが、審査結果が出るのに数日待たされることがあるので、ネット申し込みがおすすめです。

 

実質年率は7.0〜14.9%なので、低金利で借られますが、遅延損害金(実質年率)は19.5%になりますから、余分なお金を払いたくない方は、返済期日を守って返すようにしてください。

 

キャッシングをしたいときに担保や保証人は不要ですが、運転免許証、住基ネットカード、健康保険証などの必要書類を提出しなければならないので、申し込みの際は用意しておくようにしましょう。

 

ゆうちょ銀行のキャッシングはクレジットにも提供している

ゆうちょ銀行でクレジットカードを利用している人は多いですが、そのクレジットカードにキャッシング枠を付けることも可能です。

 

利用枠が10万円または20万円の場合は、返済額が1〜5万円、金利は15.0%、返済方法は毎月元利定額返済になります。

 

利用枠が30万円の場合は、返済額が2〜6万円、金利は15.0%、返済方法は毎月元利定額返済なので、他のクレジットカードのキャッシング金利と比べると低く、利用しやすくなっています。

 

通常のカードは限度額100万円未満で、18.0%になっているところがほとんどなので、それと比較すれば気軽に借りやすいのが魅力です。

 

ただし少しでも低金利で借りたいという人には、ゆうちょ銀行のカードローン「したく」の方がおすすめです。

 

実質年率7.0〜14.9%なので、低金利で借りられますし、限度額によって金利は変わるものの、限度額200万円以上になると、年10%以下の金利で融資を受けられることもあります。

 

金利が高いと、なかなか返済が終わらなくなるので、落ち着かない気持ちになりますが、低金利で融資を受けられれば、短期間で完済できるでしょう。ゆうちょ銀行のカードローン「したく」なら、提携するコンビニATMで借入や返済ができるので、買い物などのついでにいつでも気軽に立ち寄れます。

 

利用できる提携ATMは、銀行の場合はゆうちょ銀行、スルガ銀行、セブン銀行、イオン銀行(借入のみ)、全国の提携金融機関ATM(借入のみ)です。

 

コンビニはセブンイレブン、イーネット(ファミリーマート、サンクス、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキなど)なので、借入や返済をしたいときは利用するようにしてください。


×