銀行カードローンの借入限度額と最低融資額 について

MENU

銀行カードローンの借入限度額と最低融資額 について

カードローンの契約先には消費者金融や銀行があります。消費者金融は貸金業法に規制されており、銀行は銀行法に規制されています。どちらもお金を借りることができる商品ですが、厳密に言えば違う商品なのです。

 

特に消費者金融は小口融資に向いている金融機関で、金利は高いけれど即日融資ができ、審査通過率も高いのが特徴です。ただし年収の3分の1以上の貸し出しができないため、大きな限度額を設定してもらうためには年収が高くなくてはいけません。

 

銀行でカードローンを契約する場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

大手銀行カードローンの限度額と最低融資額はいくらから?

カードローンも提供している銀行によって限度額が異なります。大手を比較した場合、

  • 三菱東京UFJ銀行が最高限度額500万円、
  • 三井住友銀行が最高限度額800万円、
  • みずほ銀行が最高限度額1000万円、
  • オリックス銀行が最高限度額800万円、
  • ジャパンネット銀行が最高限度額1000万円、
  • 住信SBIネット銀行が最高限度額1200万円、
  • 新生銀行が最高限度額500万円

です。

 

新生銀行はレイクという名前のカードローンを提供しています。これはもともと消費者金融の会社名だったものを、新生銀行が買収をして自社のカードローンのブランド名として残したものです。

 

レイクというと消費者金融のイメージがある人もいるかもしれませんが、銀行法に規制されている銀行系カードローンです。

 

いずれの銀行でも最低融資額は1000円です。

 

ただし住信SBIネット銀行の場合はネット上で手続きをすれば、1円単位で融資を受けることができます。出金はコンビニなどのATMの操作が必要になりますが、コンビニATMでは硬貨の取り扱いができないため、事実上最低1000円だと思っておいてよいでしょう。

 

カードローンとしての最大限度額があっても、実際にその金額まで借りることができる人はほとんどいません。特に初めての契約の場合は50万円程度の契約になることが多く、そのカードローンが設定している最大金利で借りることになるケースが多いでしょう。

 

しかし利用を続けて実績ができてくると、この人になら貸し出しても大丈夫という信用が生まれます。

 

信用が積み重なることによって限度額をアップしたり、金利を引き下げる交渉ができるようになります。金利を下げたい場合は限度額をアップしていくことを目指すとよいでしょう。単純に金利だけを下げてしまうと、金融機関にとっては収益が減ってしまうからです。

 

しかし限度額が増えれば貸出額も増えますので、借りる側にとっても貸す側にとってもメリットのある契約変更になります。

 

みずほ銀行や住信SBIネット銀行には同じカードローンでも2つの金利コースを用意しています。

どちらのコースが適用されるかは申込者の状況次第ですので、希望を伝えることはできません。希望していたコースではなかった場合は、契約をしないという選択肢もあります。

 

限度額や金利は申込みしてみないとわからない!

カードローンの審査では、申込者の年齢、年収、職業、職種、雇用形態、勤続年数、住居形態、家族構成、固定電話の有無、他社での借り入れ状況など、さまざまな項目が審査されます。それに加えて信用情報のチェックが行われ、他社での利用に問題がないか確認します。

 

もし滞納をしている状態での申し込みと分かった場合、ほとんどの金融機関で審査に通ることはできないでしょう。

 

中小の消費者金融でさえ、他社で滞納中の人は契約不可としています。限度額や金利のことを考える前に、まず今払わなくてはならないものを先に支払ってから申し込みをしましょう。

 

設定される限度額や金利は金融機関がこうした審査を行った結果出されますので、結果が出てくるまでどのようになるかはわかりません。

 

カードローンを比較するときに、各社の最大限度額、最大金利を見て決定する人がいますが、それは間違った判断となります。

 

多くの人が初めての契約では少額融資、最大金利が設定されます。そのため注目しておきたいのが最大金利なのです。

 

銀行系カードローンでも最大金利が18%とされているところも多くあります。この場合消費者金融のカードローンとほとんど違いがありません。

 

消費者金融の中には17.8%を最大としているところもありますので、そうしたローンよりも不利な条件となってしまうこともあるのです。

 

消費者金融の場合は50万円以上の希望額、もしくは他社の借入額と希望額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要です。

銀行の場合は収入証明書の提出が必要になるラインがバラバラです。

 

50万円から必要になる三井住友銀行のようなローンもあれば、300万円まで不要としている住信ネット銀行のようなローンもあります。

 

高い限度額を希望すれば、それだけ審査でも念入りに調査されることになります。

 

申込書に記入する希望限度額はよく考えたうえで設定するようにしましょう。少ない限度額を希望していても、契約可能な限度額として高い金額が提示されることがあります。その場合は最大限度額で契約したほうが、有利な条件になるでしょう。

 

特に限度額によって金利を固定している金融機関の場合、信用による金利の上下がなくなります。どのように金利が設定されるのかローンの詳細も読んでおくとよいでしょう。

 

消費者金融よりも銀行の方が審査は厳しい

一般的には金利の低いローンほど審査が厳しいので、最大金利を18%としている消費者金融と比較すれば銀行系カードローンのほうが審査は厳しくなります。

 

特に低い金利で契約したい場合は信用情報をクリアにしておかなくてはなりません。

 

申し込みをするタイミングも重要で、勤続年数や居住年数は長ければ長いほど有利になります。転職や引っ越しを考えている人はタイミングを考えて申し込みをするようにしましょう。

 

しかし近年では銀行系カードローンでも審査がそれほど厳しくないものも出てきています。

 

金利の高いカードローンは審査通過率も高くなっていますので、確実に契約したい場合は金利を見て申し込みをするのもよいでしょう。もともと消費者金融が銀行のローンで落ちてしまった人の受け皿となっていましたが、貸金業法の改正によって総量規制ができたことにより、消費者金融の貸し出し残高が減少しています。

 

そしてその受け皿となっているのが、銀行系カードローンです。

 

昔とは状況が逆転してしまっており、貸出残高でみれば銀行系カードローンのほうが消費者金融よりも多くなっているのです。そして銀行系カードローンでも保証会社を消費者金融にしているところが多くあります。

 

仮審査は保証会社が行いますので、保証会社の保証を得ることができれば銀行系カードローンでも契約ができるのです。

 

 

三菱東京UFJ銀行の保証をしているアコムや、三井住友銀行の保証をしているSMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融としても大手で、審査に関して多くのノウハウを蓄積しています。
銀行系カードローンの申し込みをするときは保証会社で選ぶのもよいかもしれません。


 

金融機関によって審査難易度が異なりますが、最初から難しいローンを組むのではなく、徐々に信用を作って条件をよくしていくという方法もあります。契約することさえできれば信用を作るチャンスはありますが、契約できなければ元も子もありません。

 

契約内容の見直しは金融機関によって異なりますが、おおよそ半年から1年ごとに行うことができます。一定期間利用して信用ができたと思った場合は、増額申請や契約内容の見直しの電話をかけてみるとよいでしょう。

 

オリックス銀行や住信SBIネット銀行のように、銀行側から通知がないと増額できない金融機関もあります。


×