調べて分かった驚きのメリット!キャッシングアローで借入をする前に教えます!

MENU

調べて分かった驚きのメリット!キャッシングアローで借入をする前に教えます!

キャッシングアローという中小消費者金融についてご説明しましょう。キャッシングアローには、大手消費者金融にはない特徴があります。それは、

 

これまでに債務整理をしたことがある人でも審査が受けられるという点です。

 

普通、債務整理を経験した人は、信用情報機関のブラックリストに載ってしまい、新たな借り入れができなくなります。ところが、キャッシングアローでは、過去の記録よりも将来しっかりと返済ができるかどうかを重視しているので、大手消費者金融よりも多くの人を受け入れているのです。

 

これから、そのキャッシングアローの特徴と上手な利用方法を紹介していくので、参考にしてください。

 

ブラックでも審査を受けれるキャッシングアロー

信用情報機関のブラックリストに登録されていても審査が受けられるというのは、苦しい状況にある人にとってとてもうれしいことです。大手消費者金融では融資を受けられる可能性はありませんから、できればキャッシングアローを利用したいところ。

 

しかも、ブラックでも審査に余計に時間がかかるということはありません。

 

最短45分で結果が出ます。即日に借り入れもできるというサービスぶりです。また、WEBだけですべての手続きを済ますことができるのも便利なところです。

 

どうしてブラックリストに掲載された人を受け入れているのか

 

大手消費者金融ではここ数年大きな問題に直面しています。それが過払い金請求に対する対応です。過払い金の返済額はかなりの額に上り、経営の重石となっているのです。

 

それに対してキャッシングアローは、平成22年に貸金業を始めた会社なので、過払い金問題とは一切かかわりがありません。過払い金は、消費者金融が利息制限法で定められた上限金利を超える金利で融資を行っていた場合に発生します。

 

大手消費者金融などでは、平成20年ころまでこの違法金利を融資に適用していたのです。貸金業法の改正を受けてようやく金利を変えたのですが、それまでにかなりの利息を違法に請求していたことになります。

 

したがって過払い金請求があった場合には、違法な取り立てをした分を返還しなければならないのです。

 

ところが、キャッシングアローはそのころは貸金業を営んでいなかったので、この問題に苦しむことはありませんでした。大手消費者金融は過払い金請求による圧力のためにできるだけ無理のない安全な経営をするように強いられています。そのため、少しでもリスクのある顧客は敬遠しているのです。

 

 

信用情報機関のブラックリストに登録されている人に融資を行わないのはこのためです。ところが、キャッシングアローの場合はそのようなことを気にかける必要がないので、かなり前向きに多くの人を受け入れているのだと思われます。


 

ブラックの人でも審査が受けられるのには、もう一つ理由があります。

 

それは、過去の記録がどうであれこれから先しっかりと債務を返済していけるかどうかにも重きを置いているということです。

 

確かに過去には借金をうまく返せずにトラブルになったかもしれないが、今現在はどうなのか、十分な返済能力を回復するまでになったのか、この辺にも注目してくれるのです。

 

さらに、理由はともあれ他の銀行や消費者金融で審査に落ちた人でも、申し込みができるようになっているところもキャッシングアローのいいところです。

 

キャッシングアローの「フリープラン」と「借換ローン」

キャッシングアローには、2種類の商品があります。フリープラン借換ローンです。今現在金策に困ってお金が必要だということなら、フリープランを申し込むことになります。限度額内なら何度でも利用可能です。

 

借換ローンは、複数の他の貸金業者(みなし貸金業者も対象です)からの債務を一つにまとめてくれるローンです(銀行やクレジットカードのショッピングについては、借換ローンの対象にはなっていません)。

 

債務を一本化すれば、複数の貸金業者に支払っている別々の利息が当店だけに支払う分だけでよくなるのでずっとお得です。

 

では、それぞれの特徴を見てみましょう。

 

まず、融資額は両方とも200万円までです。

使途については、フリープランのほうは原則自由になっています。借換ローンは、他社債務の借り換えが目的です。

 

貸付利率は、どちらも年15.00〜19.94%です。
遅延利率は、ともに19.94%です。

 

返済方法は、フリープランのほうが残高スライドリボルビング方式元利均等返済方式になります。残高スライドリボルビングでは、借入残高に応じて最低返済額が少なくなっていきます。

 

その分金利の支払に回る分が多くなるので、なかなか元金の返済が進みません。返済期間が長くなる傾向にあるのです。したがって、余裕があるときは普段よりも大目に返済をするのが賢い利用方法です。

 

その際には、アローに連絡を入れておくといいでしょう。

 

キャッシングアローの残高スライドリボルビング方式の場合は、契約日より5年60回以内で返済することになります。

 

元利均等返済は、毎月の返済額が変わりません。

 

こちらは計画が立てやすいという特徴があります。キャッシングアローでは、2〜180回、最長15年で返済をするように求められます。回数については、話し合いで決まるとのことです。

 

借換ローンのほうは、元利均等返済です。条件はフリープランと同じで、2〜180回、最長15年で返済していくことになります。返済は、銀行振込で行います。担保・保証人については、どちらのローンも原則不要です。

 

フリープランについては、審査が最短45分で即日融資も可能となっています。借換えローンに関しては、他社借入額が年収の1/3を超えていても審査をしてもらえます。

 

ところが、キャッシングアローには自動契約機、ATM、提携ATMがないのですが、余計なことに費用を使わずに節約した分を経営面に生かし、より多くの顧客を受け入れているのです。何かあったら、キャッシングアローのフリープランや借換ローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キャッシングアローは資金繰りに困っている人の味方!

お金に困っているときには、とても頼りになるキャッシングアローですが、どこにメリットがあるのか検証してみましょう。

 

  1. 信用情報機関のブラックリストに載っていても、審査してくれる
  2. 申し込んだ日に借り入れができることも
  3. 事情により最低返済額について、柔軟に対応してくれる

 

他の金融機関では対応できないものも含まれています。キャッシングアローは、利用者の事情をよく考えてくれる消費者金融です。

 

信用情報機関のブラックリストに載っていても、審査してくれる

 

フリープランについて
ブラックだと、審査に通過するのは不可能というのが普通です。ところが、キャッシングアローは、ブラックでも相談に応じるという姿勢を取っているのです。今すぐに借り入れをしなければいけないのに、ブラックだから無理という人には、心強い味方です。

 

ただ、条件があります。現在他社の債務を滞りなく返済していることが必要です。

 

延滞があっては、キャッシングアローといえでも、利用はできなくなります。しかし、それが過去の問題であれば、受け付けをしてもらえるのです。

 

借換ローンについて
こちらも、ブラックの人でも受け入れてくれます。借換ローンやおまとめローンはいろいろありますが、ブラックの人でも審査可能なところは稀です。いくつものローンを借換ローンにまとめることができれば、複数の貸金業者に支払っていた利息を1社だけに支払う分だけで済ますことができます。

 

また、借換ローンは、年収の1/3超の借り入れもできることになっています。

 

申し込んだ日に借り入れができることも

即日融資も可能です。ただ、申し込みは早めに行っておかないと間に合いません。午前中には完了しておきましょう。キャッシングアローの借り入れ方法は、振込しかないので、銀行が閉まるまでにお金を借りておかなくてはいけません。

 

審査は最短45分となっていますが、もう少し時間がかかることもあるので、お昼ごろまでには申し込みを済ませておいたほうが安全です。土日に振込んでも、すぐには入金されないので、注意してください。

 

事情により最低返済額について、柔軟に対応してくれる

最低返済額についても、話し合いに応じてくれます。利息分は交渉できませんが、利息以外の元本に関しては、柔軟に対応してくれます。その最低返済額は、良心的な数字になると思われます。

 

もともと、キャッシングアローを利用する人は、他の消費者金融などで断られている場合もかなりあり、決して楽な状態でないことは見通してくれています。だからこそ、最低返済額について、顧客の事情を考慮してくれるのでしょう。

 

キャッシングアローのお勧めはネットで申込み

ネット、FAX、郵送とキャッシングアローではいくつかの申込み方法を用意していますが、電話と店頭での申込みはできません。

 

一番手っ取り早いのはネットで申込む方法です。記入自体もしやすく簡単です。

 

手順は、キャッシングアローのホームページの「今すぐお申込み」の欄をクリックして、名前、住所、生年月日、電話番号などの基本情報を入力します。勤務先情報も必要です。会社名、勤務形態、収入などです。

 

他社お借入状況も正直に記入します。借入があるときは、入力フォームが出てきます。次に借入先、借入額、返済額などについて入力することになります。

 

 

債務整理の経歴欄もありますので、これまでに債務整理の経験があるのならば、その内容を記してください。この情報はキャッシングアローで信用情報機関に照会すればすぐにわかることなので、ごまかしても意味がありません。


 

希望連絡先も、審査結果などを通知してもらうためには欠かせない項目です。すべて済んだら、送信ボタンをクリックしてください。

 

FAXと郵便申込みは、書類をダウンロードしてからペンで記入するので、ちょっと手間がかかります。

 

こちらも、ホームページの「FAX・郵便でお申込み」欄をクリックし、申込書をダウンロードしたら、記入見本に従って必要情報を記していきます。内容については、ネット申込みとは違う項目があります。

 

どんな書類を準備すべきか

 

まずは、本人確認書類です。運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあれば、事足ります。本人確認書類に書かれている住所と現在住んでいる住宅の住所が異なる場合には、別の書類が必要になってきます。

 

納税証明書や社会保険料の領収書、公共料金の領収書などを準備しましょう。収入証明書が必要な場合があります。キャッシングアローでは、借入希望額が50万円を超えるときと、他の複数の貸金業者からの借入残高が100万円超になるときは、収入証明書の提出をするように求められます。

 

ただ、借入希望額が50万円未満でも、場合によったら必要なケースもあります。収入証明書として通用するのは、以下のようなものです。

 

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2カ月分の給与明細書
  • 市町村が発行する最新の所得証明書
  • などです。

 

自営業者の人は、確定申告書を必ず提出することになっています。

 

書類提出方法は、FAXで送信するか郵送で送るかのどちらかです。それから、通帳の用意も忘れないようにしましょう。キャッシングアローで借り入れるお金は、銀行口座に振込まれるからです。

 

キャッシングアローの審査基準

 

申し込みにあたって

審査以前に基本的な申込み条件があります。年齢に関しては、20歳以上66歳未満健康保険に加入していない人は、利用不可となっています。仕事をしていることが必須条件ですが、会社役員は申込できません。

 

仕事さえしていれば、勤務形態は問われません。パートやアルバイト、契約社員、派遣社員、自営業でもよく(確定申告書の控えを提出します)、学生や主婦でも申し込みができます。

 

逆に、仕事をしていない専業主婦、年金生活者では、キャッシングアローのローンは利用できないのです。

 

電話での確認

入力ないしは記入された情報をもとに審査が行われます。これとは別に、電話での聞き取り調査も実施されます。ヒアリング審査と呼ばれる調査です。

 

※ヒアリング審査以外にも、在籍確認もあります。在籍確認では、本人が申込書に記入した会社に勤めているのか確かめるのですが、キャッシングアローの名前は名乗りません。個人名でかけてくれます。

 

銀行の場合は、銀行名を使って連絡してくることがよくありますが、消費者金融はそういうことはないので安心です。

 

ヒアリング審査では、記入した内容に誤りがないかどうかを確認します。しかし、それだけではありません。人柄のチェックも合わせて行っているのです。では、どんなことが調べられているのか、簡単にまとめてみましょう。特に重点が置かれているのは次のような事柄です。

 

  • 他社借入状況
  • 資金の使用目的
  • まじめに返済してくれる人かどうか

 

他社借入状況に関しては、隠し立てをしてはいけません。少なめに申告しても、信用情報機関との照会でわかってしまう可能性が高いです。信用情報機関には、本人に関する基本情報のほか、キャッシングの利用状況、返済情報などがすべて記録されているので、いくらごまかそうと思ってもごまかしきれないのです。

 

キャッシングアローは、株式会社シー・アイ・シーと株式会社日本信用情報機構に加盟しています。

 

 

また、もし他社の借り入れに対する返済の延滞があると、すぐに情報が金融機関に入ります。特に延滞や債務整理などの経験があって、ブラックリストに載っている人に関する情報は、信用情報機関同士で共有しています。


 

資金の使用目的については、自由になっているので、答える場合に特に問題が起きることはないでしょう。返済の態度についても、堅実に返済していく姿勢を示すことが重要です。

 

電話とはいえ、不真面目な態度が感じ取られたり、先行きどうなるかわからないなどの不信感を抱かれたのでは、審査へ悪影響が出ることも考えられます。


×