キャッシングとは?クレジットカードでキャッシングとカードローンと何が違うの?

MENU

キャッシングとは?クレジットカードでキャッシングとカードローンと何が違うの?

銀行や消費者金融などでお金を借りる場合に使われる表現としては、カードローンやキャッシングなどが利用されていますが、そもそもこのカードローンとキャッシングとはそれぞれどのような意味で、どのような違いがあるのかご存知でしょうか。

 

多くの方はこのカードローンとキャッシングとは、同じ意味として捉えて表現をしていますが、実はカードローンとキャッシングには明確な違いがあります。

 

通常利用する際には、それぞれの業者から指示される方法でお金を借りたり返済をしていけば良いので、必ずしも違いを理解しておく必要はありません。

 

そのため、基本的にはカードローンとキャッシングとは同じものと捉えていても問題ないのですが、せっかく利用するのであれば、違いを理解しておいて損はありませんので、ここではカードローンとキャッシングの違いについてご紹介していきます。

 

「カードローン」という呼び名に統一されたが

お金を借りる場合には、銀行や消費者金融などから融資してもらう事ができますが、今現在はCMなどでも耳にするように、銀行はもちろん消費者金融でも多くの業者がカードローンという表現を使用しています。

 

少し前までは多くの消費者金融では、お金を借りることをカードローンではなくキャッシングと呼んでいました。しかし今現在は、キャッシングという言葉はあまり使用されることはなくなってしまったのですが、それにはある理由があります。

 

そもそもキャッシングとは、消費者金融が多く使用していた言葉のため、キャッシングと聞くと怖いイメージや、悪いイメージを抱く方が多く、あまり良いイメージではない言葉となってしまいました。

 

逆にカードローンに含まれているローンという言葉は住宅ローンや自動車ローンなどでも使用されている言葉ですので、多くの方はカードローンという言葉に対してもそれほど悪いイメージを持つことはありませんでした。

 

そのような背景があったことで、次第に消費者金融でもキャッシングという言葉の代わりに、カードローンという言葉を使用するようになっていきました。

 

カードローンという言葉を使うようになったことで、怖いイメージの消費者金融が、利用しやすいサービスというイメージへと変えていくのが狙いだったようですが、一定の効果が出ていると言えるでしょう。

 

また、近年では改正貸金業法の施行や、過払い金返還請求なども行われるようになっていったことで、消費者金融の経営が困難となり、多くの消費者金融が銀行の傘下に入ることとなりました。

 

このように今現在では銀行だけではなく消費者金融であってもキャッシングという言葉は使用せず、カードローンという言葉で統一をされています。

 

しかし、このカードローンとキャッシングとは、表現こそ統一されてはいますが、実はいまだにクレジットカードに付加されているキャッシング枠というものは残っていて、それはキャッシングと呼ばれています。

 

定職についている人だけでなく、専業主婦や学生であってもクレジットカードを持っている方は多くおり、そのクレジットカードにはほとんどの場合キャッシング機能と呼ばれるものが備わっています。

 

では、クレジットカードにキャッシング機能が備わっているのであれば、なぜわざわざカードローンを別に申し込む必要があるのでしょうか。

 

キャッシング機能とカードローンはどのような違いがあるのでしょうか?

 

カードローンとキャッシングとは、現在では同じ意味として統一されているとお伝えをしましたが、このクレジットカードに備わっているキャッシング機能とカードローンには明確な違いがあります。利用する上で、あらかじめその違いを理解しておくことは重要です。

 

リスクが多いリボルビング返済

カードローンであってもキャッシングであっても、お金を借りたら必ず返済をしなければならないのですが、その上で最もやってはいけないことと言えば、返済を滞納させてしまうことです。

 

カードローンやキャッシングによってお金を借りた場合には、その返済方法として2通りの返済方法が存在しています。

 

1つは一括返済で、もう1つがリボルビング返済になります。

この2つの違いですが一括返済は、その名の通り借りた金額を一括で返済する方法です。

 

この一括返済ですが、例えば100万円を借りた場合には、その翌月には100万円を一括で引き落としされます。

 

そして、もう1つのリボルビング返済ですが、これは毎月少しずつ返済を行っていき、数か月にかけて全ての金額を返済していくという方法です。

 

また、リボルビング返済の場合にはあらかじめ決められた口座から自動で返済額が引き落とされる為、返済を忘れる心配が少なくなります。

 

カードローンとキャッシングとはどのような違いがあるのかという点において、最も違いがあるのがこれらの返済方法です。

 

カードローンを利用してお金を借りた場合には、全てリボルビング返済となっていて、クレジットカードに備わっているキャッシング機能を利用してお金を借りた場合には翌月にクレジットカードのショッピング枠から一括で引き落とされる一括返済となっています。

 

最近はカードローンとキャッシングとは、同じ意味で使用されているとお伝えしましたが、この返済方法が異なるという点で分けることができます。

 

近年増えてきているカードローンではリボルビング返済という方法で返済をしていくのですが、実はリボルビング返済にはいくつかのリスクがあります。

 

カードローンやキャッシングとは、お金を貸してくれるサービスですが、お金を借りたら返済しなければならず、返済の際には必ず利息がかかります。

 

リボルビング返済によって返済する方法を選んだ場合には、毎月最低金額の返済しか行わないため、繰り上げて返済を行っていかない限りは毎月発生する利息が大きくなります。そのため、

 

同じ金額を借りた一括返済よりもトータルの返済額が大きくなるというデメリットがあります。

 

そうなるといつまで経っても返済が終わらず、長い期間にわたり利息の返済に追われるといったことが起こってしまいます。

 

これは、利息が利益となっているお金を貸している側にとってはメリットとなるのですが、お金を借りている側にとってはデメリットとなってしまいます。

 

またリボルビング返済の場合には、毎月の返済額が少額になる為、使いすぎている感覚を感じにくく、知らないうちに多額の利用額を使用してしまうケースもあるようです。

 

キャッシングの返済方法

キャッシングとは、クレジットカードに備わっているキャッシング機能を利用してお金を借りる方法ですが、返済方法は多くの場合一括返済によるショッピング枠からの引き落としになります。

 

そしてカードローンの場合には、すべてリボルビング返済となっているのですが、キャッシングとは全ての返済が必ず一括であるとは限りません。

 

クレジットカードに備わっているキャッシング機能であっても、銀行のカードローンと同様にリボルビング返済を行うことができるキャッシングもありますので、ここではキャッシングを利用した場合に利用できる返済方法についてご紹介していきます。

 

今現在クレジットカードの発行数が最も多いのは、CMでもお馴染の楽天カードですが、この楽天カードにもキャッシング枠が付加されています。

 

そして楽天カードのキャッシング枠を利用した場合には、先ほどもお伝えしたキャッシングの基本である一括返済に加えて、キャッシングリボとあとからリボの3種類の返済方法から選ぶことができるます。

 

ポイント

まずはキャッシングの基本である一括返済ですが、これはその名の通り借りたお金を一括で返済する方法で、借りた翌月に一括で返済をすることになります。

 

一括返済であれば利息も含めて一括で返済を行いますので、長期間にわたり返済に追われる心配がなく、さらには利息も最低限で済みますので支払金額という面では良い方法と言えるでしょう。

 

ポイント

次にキャッシングリボですが、これは毎月最低額の返済を行う方法で、銀行のカードローンと同じ返済方法です。

 

返済の最低額ですが、これは起算日の時点の残高に応じて変動していき、10万円以下であれば3,000円で10万円以上20万円以下であれば6,000円といったように残高によって変動していきます。

 

ポイント

最後にあとからリボですが、これはどの業者でもある返済方法ではなく、楽天カードだけで行っている返済方法になります。

 

これは一括返済を選択してキャッシングをした後、リボ払いに変更ができるというサービスで、最初は一括で返済ができると思って利用したが、後になって一括での返済が困難になった際にリボ払いに変更することができます。

 

そもそも、お金が足りていない場合に利用するキャッシングですので、翌月に借りた金額に加えて利息も含めた金額の返済をすることはなかなか難しいという場合も多いようです。

 

その事実を利用前から把握している場合には、初めから一括返済を選択すればよいのですが、初めは返済ができると思っていたけど、後になって返済が困難になるケースも少なくありません。

 

そのような場合であっても、楽天カードによるキャッシングとは、一括返済からリボルビング返済に変更ができる為、非常に利用しやすいキャッシングと言えるでしょう。

 

クレジットカードでキャッシングをする場合

銀行でカードローンを利用する場合には、年収や勤続年数、雇用形態、さらには家族構成や同居人の有無、固定電話の有無など様々な情報を総合的に判断して融資してもらえるのか、融資額はどのぐらいになるのか審査されます。

 

そのため、誰でも必ず希望額を融資してもらえるという訳ではありません。意外と多くの方が審査の時点で落とされてしまい、融資すらしてもらえないといった場合もあります。

 

その点、クレジットカードに付加されているキャッシングとは、それほど厳しい審査が行われるわけではありませんので、余程のことがない限りは審査に落ちてしまう事はありません。

 

そもそもクレジットカードに付加されているキャッシングとは、クレジットカードの申し込みをする際にキャッシング枠も同時に設定されていますので、審査はクレジットカードを作る際に同時に行われています。

 

そして、キャッシング枠を設定してしまえば、その設定した範囲内でしか利用することができません。またキャッシングとは、必ず全てのクレジットカードに付加しなければいけないという訳ではありません。

 

クレジットカードの種類によってはキャッシング枠を付けずに発行できる種類がありますので、クレジットカード発行時にキャッシング枠を付けなければキャッシングとしては利用することができない機能になります。

 

もしもキャッシング枠を付けたクレジットカードを持っている場合には、キャッシュカードを利用するのと同じ要領で、指定されたATMにカードを挿入して希望金額を入力すればお金が出てきます。

 

キャッシングとは、その他にも利用方法があります。

クレジットカードの引き落としに口座振替を利用していれば、クレジットカードを利用してネットキャッシングを利用することができます。

 

ネットキャッシングとは、クレジットカードの会員ページにアクセスをして、その会員ページから借りたい金額を入力してキャッシングの申し込みをすれば、指定した口座に希望額が入金されるといった方法です。

 

このネットキャッシングとは、あくまでも指定した口座への振り込みによって利用でき、銀行の営業時間外であっても申し込みをすることができますので、気軽に利用することができるサービスです。

 

そして、指定する振込先の銀行にクレジットカードが提携している金融機関を選択すれば、いつでも入金を行ってくれる場合もあります。銀行の営業時間外であっても利用できるので、急にお金が必要になった時には強い味方になってくれるサービスです。

 

ただし注意が必要なこととしては、手軽に借りられるということは、お金を借り過ぎてしまうリスクも伴います。使い過ぎには注意してください。

 

クレジットカードでキャッシングする際の注意点

キャッシングとは、クレジットカードに付加されているキャッシング機能を利用してお金を借りる方法です。そのため銀行などでカードローンを使用するよりも比較的利用しやすいというメリットがあります。

 

とは言っても、キャッシングとはお金を借りることですので、何も考えずに利用してしまうと良くありません。注意した方が良い点についてはあらかじめ把握しておきましょう。

 

まずクレジットカードに付加されているキャッシングとは、銀行のカードローンと比較して限度額が低いという点があります。

 

一般的なクレジットカードであれば、付加されているキャッシング枠は10万円から30万円程度の金額までとなっています。クレジットカードに付加されているキャッシングとは、あくまでも少額の金額を利用する為のものだという認識を持って利用してください。

 

逆にカードローンの場合には、上限が500万円などの高額な場合が多いため、キャッシングよりも審査が厳しいという事情があります。

 

ちなみにクレジットカードにはキャッシング枠の他にショッピング枠と利用限度額の3つの関係から成り立っていますので、この部分に関しても理解しておきましょう。

 

例えば、利用限度額が30万円に設定されている場合に、キャッシング枠で10万円の借入をしている場合には、ショッピング枠は限度額の残り20万円となっています。

 

そのため、限度額が30万円だったとしても、10万円のキャッシングを使用している状態では、限度額内に収まる25万円の買い物であっても利用する事はできなくなりますので注意が必要です。

 

大切なことは、クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠、そして利用限度額の3つの関係から成り立っていることを理解することです。

 

また何度もお伝えをしている通り、キャッシングとは、クレジットカードを発行する際に付加される機能ですので、基本的にはクレジットカードの申し込みをする際に同時に審査が行われます。

 

クレジットカードを発行する場合であっても、個人情報を入力して審査を行うのですが、そのクレジットカードにキャッシング機能を付加する場合には、キャッシング機能がないクレジットカードを発行するよりも審査が厳しくなりますので、その点も注意しましょう。

 

 

もしもクレジットカード機能だけが欲しいのであれば、キャッシング機能は付加せずに申し込みをした方が良いでしょう。クレジットカードによるキャッシングは、銀行からお金を引き出す要領で非常に手軽にお金を借りることができます。


 

しかし、あくまでもお金を借りている状態ですし、借りたお金には利息が発生しますので、それも含めて返済をしていかなければなりません。利用する際には計画を立ててから利用するようにしましょう。


×