外貨に両替するより断然お得!海外キャッシング使いこなそう!

MENU

外貨に両替するより断然お得!海外キャッシング使いこなそう!

旅行や出張で海外へ行くとき、日本のお金でそのまま買い物はできません。そこで問題となるのが、どのような方法で外貨を調達したらいいのかという点です。

 

外貨を調達する方法として、多くの方が利用しているのが銀行や両替所です。ですが、それら2つの方法で外貨を調達するよりも海外キャッシングがお得です。お得といわれても、海外キャッシングは借金をすることなのでマイナスなイメージを持っている方もいるかもしれません。

 

確かにお金を借りたら返済する必要がありますが、手数料などのコストが抑えられることまで考えると結果的にはお得なのです。

 

では実際に海外キャッシングを利用したい場合、どのようなメリットや注意点が存在しているのでしょうか。

 

海外キャッシングはとってもお得

海外キャッシングでは、クレジットカードの海外用のキャッシング枠を利用します。この方法では、海外のATMから外貨を引き出して資金を調達できます。

 

もちろんお金を引き出すといっても、あくまでキャッシングです。引き出したお金は借りたお金なので、お金を返すことまで考えて引き出すことを忘れないようにしましょう。

 

ではなぜ海外キャッシングを利用して、わざわざお金を借りる必要があるのでしょうか。

 

銀行や両替所でお金を両替すればいい話だと思う方も、多くいるかもしれません。実は借金してまで海外キャッシングを利用することには、とってもお得なメリットが存在しています。

 

そこで注目するべきなのが、手数料です。

通常、銀行や両替所でお金を両替するとき、両替手数料がかかります。一方で海外キャッシングを利用したら、お金を返済するときに利子を加えて返すことになります。

 

この両替手数料と借りたお金にかかる利子を比較すると、利子のほうがコストがかからないケースが多いのです。両替時に比べて換金コストを半分以下に抑えることもできます。たかが手数料と思っている方もいるかもしれませんが、意外と手数料にもお金がかかります。

 

その手数料が半額以下にできる可能性を考えたら、借金という形になったとしても、海外キャッシングを利用することに意味が生まれます。自分にとってどのように外貨を調達するのがお得なのか考えて、自分にあった方法を利用するようにしましょう。

 

実際にどのくらいの手数料と利子が必要になるのか事前に調べておくことで、お得になる金額について具体的に把握したうえで判断できます。

 

海外キャッシング枠の金利と利用枠の比較

同じクレジットカードのキャッシングであったとしても、海外キャッシングは国内のものと比較して金利や利用枠が複雑だというイメージを持っている方もいます。

 

では、実際のところはどうなのでしょうか。

 

実は国内のキャッシング枠と、海外キャッシングの場合の金利や利用枠にはあまり大きな違いはありません。そのため普段国内でもキャッシングを利用している方は、その時と同じようなイメージをして海外キャッシングの枠について考えていけます。

 

 

例えば国内のキャッシングでは、金利は15%〜18%に指定されています。海外キャッシングの場合も同じような金利となるため、どのくらいの額を借入したいのかという点に応じて、利子がいくらになるのか、お金を借りる前に考えておくことも忘れないようにしましょう。


 

お金を借りるということは、あくまで返済することとセットです。そのため借りたい額が決まったら、いくらの利子がかかるのかという点と合わせて考えることを忘れてはいけません。

 

また海外キャッシングの利用では、金利以外にも利用枠について考えることが大切です。利用枠の対応は、それぞれのクレジットカード会社によって異なります。それぞれのカードごとに金額が異なるという会社もあれば、利用者の状況に応じて利用枠が決められているケースもあります。

 

現在使っているクレジットカードのキャッシングにおける利用枠がいくらかわからない場合、借りられる額を調べておきましょう。

 

調べてわからない場合には、クレジットカード会社に問い合わせを行うことで、利用枠がいくらになっているのか教えてもらえます。

 

海外キャッシングを利用するメリット

実際に海外キャッシングを利用する場合、お得となるメリットがいくつか存在しています。

 

その中でも特に大きなメリットとなるのが、レートがお得だということです。

 

例えば銀行で両替をした場合、1ドル当たり3円の手数料がかかるとします。このとき1000ドル分両替したら、手数料は3000円です。一方で、1000ドル分をキャッシングで借りた場合はどうなるのでしょうか。

 

金利18%で1か月以内に返済するとしたら、1日当たりの利息が49円、1か月でも利息が1470円です。ATMでお金を借りたら利用手数料が200円ほどかかりますが、その手数料を加えたとしても、銀行で両替するよりも手数料はお得です。

 

次にお得なポイントとして注目するべき点が、現金を持ち歩かなくていいことです。

 

海外の中には、日本よりも治安が悪い地域も存在しています。そのような地域の中には、日本人はお金を持っているというイメージがあって、窃盗の被害に遭いやすいケースも見られます。

 

もし窃盗に遭遇したとき、多額の現金を持ち歩いていたら、あっさりとお金を盗まれてしまいます。ですが海外キャッシングの場合であれば、現地で必要なときにお金を借りられます。常に多額の現金を持ち歩かずに済むので、安心して出歩きやすくなります。

 

また両替をして外貨を調達するということは、両替所を利用することでもあります。ですが旅行当日に空港の両替所を利用しようと思っても、混雑していて長い待ち時間を経験することになるかもしれません。ですが

 

海外キャッシングを利用する場合なら、ホテルや街中にある提携ATMから直接外貨が引き出せます。

 

両替するのに並ぶ時間も、お得に有効活用できるのです。

 

海外キャッシングをする方法

海外キャッシングを利用しようと思っている方の中には、事前に下調べをせずに、現地に行ってから思うようにお金が借りられずに焦ってしまう方も多くいます。そのようなことを防ぐために、海外に出発する前に確認事項やお金の借り方の流れを把握しておきましょう。

 

まず利用する前の最初の手順として、持っているクレジットカードに海外キャッシングの枠が設定されているか確認します。初めて海外キャッシングを利用しようと思う方は、借りられる額がいくらなのかという点もあわせて確認することが大切です。

 

実際にお金を借りるためには、提携ATMを探さなければいけません。現地に行ってから提携ATMがどこにあるのか慌てることがないように、事前に提携しているATMについて情報を得ておきましょう。

 

また大手クレジットカードであれば、マークを頼りにATMを探せるので、使っているカードのマークを確認しておくことも忘れてはいけません。

 

海外でATMを利用するとき、言語の違いから言葉がわからないと利用できないというイメージを持っている方もいるかもしれません。ですが操作方法に若干の違いがあったとしても、基本的な使い方を押さえておけばある程度の対応は可能です。

 

例えばカードの挿入方法だけでも、ATMによって異なるので、よくある5種類の挿入方法について押さえておきましょう。カードを挿入したら現地の言葉でよくわからないと思っても、慌てず行動することが大切です。

 

「日本語」や「LANGUAGE」などの表記のボタンを見つけることで、日本語に切り替えてATMを操作することが可能です。


×