DOCOMOユーザーに朗報!『dカード』のキャッシングリボの利用方法と返済について

MENU

DOCOMOユーザーに朗報!『dカード』のキャッシングリボの利用方法と返済について

dカードは、ドコモが発行するクレジットカードであり、VISAもしくはMasterCardのブランドを選べます。

 

さらに、電子マネーである「iD」が利用できる機能もついています。キャッシング枠をつけられるクレジットカードなので、キャッシングリボも利用ができます。

 

初年度の年会費は無料、2年目以降は1,350円がかかりますが、一度でもクレジットカードを利用していれば無料になるので、dカードを全く利用しないという人でなければ、実質的には年会費無料のクレジットカードであると言えます。

 

dカードのキャッシングリボって誰でも使えるの?

dカードには最大で50万円のキャッシング枠をつけることができますが、誰にでも使えるわけではないようです。

 

クレジットカードについたキャッシング枠は消費者金融からの借金と変わりがないため、一定の審査をクリアしなければなりません。

 

基本的には、満20歳以上であり、働いていて安定収入を得ている人ならば、30万円〜50万円くらいの枠をつけることは難しくはないでしょう。アルバイトの人でも、10万円〜20万円くらいの枠ならばつけられる可能性があります。

 

dカードにキャッシング枠がついてさえいれば、キャッシングリボは誰にでも使えます。

毎月のショッピングの利用代金と一緒に指定口座から引き落としがされるので、ショッピング用のクレジットカードとキャッシングカードを別々に持っているよりは、管理が楽になるでしょう。

 

dカードのキャッシングリボの返済方法

dカードのキャッシングは、1万円単位での利用となっている点にはやや注意が必要です。また、毎月の返済額についても、1万円以上を返済しなければならず、人によっては負担が大きいと感じるでしょう。

 

返済方法は基本的には元金定額返済となりますが、ボーナス月元金増額返済も併用することができます。

 

ボーナス返済だけを利用することはできず、毎月最低でも1万円は返済していかなくてはなりません。

 

返済期間は最長で4年3カ月、すなわち51回にまで設定をすることができます。

 

消費者金融のキャッシングとほぼ同じ機能を持っていますが、消費者金融では10万円を借りた場合、毎月2,000円〜3,000円くらいを返済していけばよいところもありますので、使い方に応じて適切なカードを選びましょう。

 

dカードのキャッシングリボは返済計画を立ててから!

支払日は毎月10日となっており、ショッピング枠の利用代金と一緒に引き落としがされるので、管理は楽になります。

 

毎月の決まった支払いとは別に、随時返済をすることも自由にできます。

 

dカードのキャッシングの金利は18%となっており、消費者金融とほぼ同じ、銀行カードローンに比べると高くなっています。最高で50万円までしか借りられないとはいえ、うっかり借りすぎてしまうと利息の負担がとても大きくなってしまうこともあります。

 

 

dカードのキャッシングは後から増枠することもできるので、最初は少額を設定しておいたほうが良いかもしれません。しっかりと返済計画を立ててから利用をして、早めの返済を心がけておきましょう。


1


×