JCBカードのキャッシング利用時の金利・滞納・払えない時の解決策

MENU

JCBカードのキャッシング利用時の金利・滞納・払えない時の解決策

クレジットカードにはVISAやjcb、マスターカード、アメックスなど様々な国際ブランドがあります。クレジットカードを作るときにその中からブランドを選択できるようなカードもあります。一般的に国際ブランドは決済システムのことを表し、同じブランドのカードでもさまざまな発行会社が提携をしてカードを発行しているのです。

 

最近ではチャージした金額だけ利用できるプリペイド式のカードも発行されていますが、一般的なクレジットカードを利用すると料金はあとから支払いをすることになります。

 

  • つい使いすぎてしまって支払いができなくなってしまった場合は、どのように対処したらよいのでしょうか。
  • もし払わずにいるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

誰もが知っているJCBカード

世界には様々なクレジットカードのブランドがありますが、jcbは日本発の国際ブランドとして国内はもちろんのこと、海外にもたくさんの加盟店があります。国内に関しては加盟店数がナンバーワンとして公式サイトに掲載されています。

 

クレジットカードに関する業務は主に2つあります。

1つが国際ブランドからライセンスを取得し、カードを消費者に発行する「イシュアリング」という業務です。

 

カード会員を獲得するために、カード会社が独自のサービスを繰り広げているところも多く、このため同じブランドのカードでも発行している会社によって、保険の仕組み、ポイント還元率、空港ラウンジの無料利用、ホテルの部屋をランクアップ、レストランへの招待などサービスに違いがあります。

 

同じ会社が発行しているカードでも一般会員用、ゴールドカード、プラチナカードなどのステータスの違いによって、受けることができるサービスに違いが出てくることもあります。

 

もう1つの業務が「アクワイアリング」と呼ばれるものです。

これは加盟店を増やし、カードを利用できるショップを開拓する業務です。いくら会員を増やしても、決済に利用できる場所が少なくては魅力がありません。加盟店にカード決済のインフラを導入します。

 

会員がカードを利用するとイシュアリングを行っている会社から料金を徴収し、加盟店に支払いを行います。アクワイアリングを行っている会社にとってはカードを利用してもらえばしてもらうほど収入が増えますので、加盟店を増やすことは収益を伸ばすことにもつながるのです。

 

海外の会社ではこのイシュアリングとアクワイアリングは別々の会社が行っていることが多いのですが、jcbは自社でイシュアリングとアクワイアリングを行っている会社です。別の会社にライセンスも発行していますので、jcb以外の会社が発行しているカードもあります。

 

jcbは世界的にも知名度の高い国際ブランドです。

 

国内の会員数は6700万人、海外を含めると8400万人いるといわれています。海外での普及率はそれほど高くはありませんが、国内で過ごすのであれば十分充実したカード機能を利用することができるでしょう。

 

海外でも利用できるショップがあり、AmericanExpressと提携をしていますので、jcbのロゴがなくてもAmericanExpressのロゴがあれば決済に利用することもできます。

 

JCBカードを使ってキャッシング

クレジットカードには買い物に利用することができる「ショッピング枠」と、お金を借りるための「キャッシング枠」があります。買い物をするときにカードで支払いをするということは、ショッピング枠を利用して決済をしていることになります。

 

その場で現金は払いませんが、後日支払いが必要になりますので、買い物をしたタイミングではjcbが立て替えをしてくれているということになります。しかしクレジットカードでの支払いができる場所やショップは限られています。

 

例えばクレジットカード払いにしていない公共料金や家賃などの支払いでは現金払いが必要になることもあります。

 

そのタイミングだけカード払いにすることはできません。そこで便利なのが「キャッシング」です。もしお金がなくてもキャッシング枠があれば、すぐにお金を借りて急な支払いにも対応することができるのです。

 

キャッシング機能はjcbだけでなく、他の多くのクレジットカード会社が提供しています。

お金を貸すという行為は、貸金業法によって規制されています。jcbは銀行ではありませんので、jcbも例外なく貸金業法規制の元、キャッシングを提供しているのです。

 

貸金業法には総量規制という法律があり、年収の3分の1以上のキャッシングができないようになっています。jcbのカードを作るときにキャッシング枠を設定しなければショッピングのみのカードになりますが、キャッシング枠をつけるということはショッピングの審査と、キャッシングの審査の2つを受けるということになります。

 

他社にたくさんのキャッシング残高がある人は収入証明書の提出が必要になることもあります。

 

キャッシング枠は審査の上、限度額が決定されます。

申し込み時には希望額を記入しますが、必ずしも希望通りになるとは限りません。これはほかのすべてのクレジットカードやカードローンでも同様です。また、多くのクレジットカードはショッピング枠の一部にキャッシング枠が設定されますので、ショッピングでの利用残高が多すぎるとキャッシングができなくなってしまうことがあります。

 

50万円の限度額でショッピングで40万円利用していた場合、キャッシングができるのは10万円までです。
一部の会社のクレジットカードではショッピング枠とキャッシング枠が独立しているものもありますが、そのようなカードは少数派です。

 

JCBカードの金利設定

お金を借りたら金利に応じた利息をプラスして返済をしなくてはなりません。金利は持っているカードの種類や、限度額、信用力によって人それぞれ異なります。

 

jcbキャッシングリボの場合は15%〜18%で、ザ・クラス会員の人は14.1%になります。A/X jcbキャッシングリボ払いの場合は15%〜20%、jcb FL+キャッシングリボ払いの場合は5.8%〜17.8%、jcb ELキャッシングリボ払いでは4.3%〜12.5%、jcb FAITHキャッシングリボ払いでは4.4%〜12.5%です。

 

jcb FAITHやE.GOで1回払いにすると金利が低くなります。

 

利息制限法によって金利が変更になる場合もあります。利息制限法では10万円未満の限度額では20%、100万円未満の限度額では18%、100万円以上の限度額では15%が最大金利と定めています。この限度を超えた金利を設定すると違法となってしまいます。

 

各カードによって金利に幅がありますが、これは契約期間と信用力、限度額によって変化してきます。限度額を増やしたり長期間利用をしていて信用ができると、金利が下がることがあるのです。

 

こうした現象はカードローンではよくあることで、長期間利用して深い付き合いをした金融機関ほど、有利な条件でかりることができるようになるのです。

 

jcb FAITHはローン専用カードですので、ショッピング枠がありません。金融機関の発行しているカードローンのようなものだと思っておくとよいでしょう。

 

金利は申込者が設定することはできません。

jcb側の判断によって決定されます。また、jcbブランドを搭載している他社のクレジットカードにおいては、カードの発行会社がキャッシング機能をつけますので、金利や限度額が異なります。保証会社も異なりますので、当然審査通過率も変わってきます。

 

利用を続けていると増額することもできるようになりますが、収入証明書の提出をお願いされることもあります。収入証明書を提出することで限度額を増やせるのであれば、増やしておいて損はしません。

 

利用をほとんどしていなくても、限度額が高いだけで有利な条件でキャッシングをすることができるようになるためです。

 

キャッシング機能は限度額内で自由に返済と借り入れをすることができます。

 

JCBの金利を抑えるには

金利は低ければ低いほど有利な条件で借りることができます。jcbが発行しているカードの中でも特に低金利なのが、jcbカードローンFAITHでしょう。このカードにはショッピング機能がなく、キャッシングを専門としているカードです。

 

カード1枚で済ませたいという人には向いていないかもしれませんが、一回払いにすると金利が5%固定となります。5%の金利が設定されるカードローンは、銀行系カードローンでは存在していますが、よほどの信用力がないとそれだけ低い金利が設定されることはありません。

 

jcbカードローンFAITHはそうしたカードローンと比較しても契約しやすい1枚です。

 

カードの限度額としては500万円ですが、総量規制によって年収の3分の1以上の貸し出しはできませんので、500万円の限度額で契約する場合は1500万円の収入が必要です。最低金利になれば4.4%になりますので、その場合は一括払いよりもリボを選んだほうがよいでしょう。

 

ATM手数料も月に3回までは無料ですので、頻繁に利用しない限りは手数料が余分にかかってしまう心配もありません。

 

金利を下げることは難しくても、毎月の返済額を調整することによって利息を減らすことは可能です。

 

毎回最低金額しか返済をしていないと、完済するまでに何年もかかってしまうことがあります。特に長いカードでは145回払いにすることができます。12年かけて完済する場合は毎月の負担は少なくなりますが、その間に利息がかなり発生してしまいますので、特に最初のころは元金がほとんど減らなくなってしまいます。

 

 

キャッシングをして元金が多い時ほど、早めに随時返済をして元金を減らす努力をしていきましょう。

金利が多少高くてもすぐに返済を始めれば、それほど大きな利息になることはありません。数年かけて完済すると、元金の倍以上の支払いをすることになる場合もあります。

 

返済計画を立てるにあたり、どのくらいの期間、毎月いくらずつ返済していくのかシミュレーションしてみるとよいでしょう。その結果最終的に支払う利息の金額を知ることもできます。特に長期間借りる予定の人は利息の多さに驚くかもしれません。

 

驚いた人は少しでも無駄な出費を抑えるために、随時返済を利用するのがおすすめです。キャッシングではお金を借りた次の日から利息が発生しますが、ショッピングではリボにしても1回目の返済日をすぎないと発生しません。

 

キャッシングではなくショッピングを利用するのも負担を減らす方法の1つです。

 

JCBカードのキャッシングを利用する前に注意すること

キャッシングを利用するということは、将来の収入をあてにして前借するようなものです。その収入が予定どおり入れば返済ができますが、必ずしもそうならないことがあります。

 

まず払えないと分かった段階でjcbに連絡を入れるようにしましょう。

 

ショッピングでもキャッシングでも、支払うべき入金が確認できないと、jcb側から連絡が入ってくることがあります。

 

jcb以外のクレジットカードでもそうですが、事情を説明すれば少しだけ支払日を先延ばしにしてくれることがあります。

 

連絡を入れておくだけで催促の電話がストップしますので、催促におびえてストレスを抱える必要がなくなります。

 

jcbの金利は決して低いものではありません。金利の水準としては消費者金融レベルです。

 

もしお金を借りるつもりで契約するのであれば、最初からキャッシングを専門としている「カードローン」に申し込みをしたほうが有利な条件で借りることができるでしょう。

 

カードローンはクレジットカードよりも契約内容の変更が容易なため、限度額をアップさせたり金利を引き下げる交渉にも積極的です。金融機関によっては一定期間無利息キャッシングができる場合もあります。

 

こうしたサービスは契約して最初の30日間など、ごく限られた間しか利用できません。それでも短期の借入のつもりであれば、利息をカットすることができるでしょう。

 

一括払いで借りていた場合は、リボ払いに変更することで乗り切れることもあります。

 

リボ払いは支払期間が長期化してしまうため、最終的な返済額は多くなってしまいます。

 

しかしひと月にかかる負担を分散させることができますので、今後安定した収入が見込めるのであればリボにしておくとよいでしょう。余裕ができた段階で早めに返済をしていけば、負担が膨らむのも抑えることができます。

 

 

長期間無断で滞納をしてしまうと、カード会社からの信用を失います。カードの利用状況はすべて信用情報に記録されていますので、滞納を繰り返していると他のカードの審査でも落ちてしまうようになります。


 

長期延滞の結果、カードが強制解約になると「事故」として扱われますので、5年〜10年はカードを持つことがかなり難しくなるでしょう。信用情報は一度不利な情報が残ると長期間残ってしまいますので、毎月支払いをしっかりこなし、収入に見合った利用をしなくてはなりません。


×