キャッシングとカードローンの違いについて

MENU

キャッシングとカードローンの違いについて

お金を借りるサービスに「キャッシング」と「カードローン」があります。金融機関を紹介しているWebページなどの記事では、同じ会社の同じサービスなのに、「キャッシング」と言っていることもあれば「カードローン」と言っていることもあり、あまり統一性が見られないこともあります。

 

利用する側からみると2つのものはそれぞれ別のことを指しているようにも思えてしまうので、言葉の意味を理解していないと混乱してしまうこともあるでしょう。

 

  • キャッシングとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。
  • また共通しているポイントは何なのでしょうか。

 

お金を借りるということはそのときは便利でも、あとで負担がかかってくるわけですから、キャッシングとカードローンの違いについても十分理解しておきましょう。

 

キャッシングとカードローンの明確な違い

かつてキャッシングは翌支払い月に借りたお金を全額返済するタイプの借り入れ方法でした。一方カードローンは「ローン」ですので、借りた金額を毎月決まった金額ずつ返済していくものです。

 

しかし最近ではキャッシングでも「リボルビング払い」が当たり前のように利用できるので、機能としてキャッシングとカードローンに明確な違いはなくなっています。どちらも無担保、保証人なしで自由に利用できる借り入れであり、同じものだと考えておいても問題ないでしょう。

 

「キャッシング」のキャッシュという言葉は現金を意味する言葉です。

 

そのため言葉の雰囲気として、キャッシングのほうが後ろめたい気持ちになりやすい場合があります。そのため最近の広告ではキャッシングという言葉よりも「カードローン」という言葉を用いるようになっています。

 

大きな違いとしては、カードローンの場合はお金を借りることを専門としているカードだという点です。

クレジットカードにもお金を借りる機能がありますが、そちらはカードローンとは言わずに「キャッシング」と言います。

 

借り入れをするときに一回払いなのかリボ払いなのか選択をすることができます。

 

カードによっては一回払いをしたほうが金利が低くなるものもありますので、負担を減らしたい場合は一回払いを選択するとよいでしょう。ただし一回払いにしてあったとしても、あとからリボ払いに変更することも可能です。

 

リボ払いに変更すれば毎月の負担を減らすことができますので、無理なく返済を続けることができます。借り入れ期間が長くなればなるほど利息負担も大きくなりますので、余裕ができたら随時返済を利用して元金を減らしていくとよいでしょう。

 

利用する側からしたらこの2つの言葉の違いに大きな意味はありませんので、どちらもお金を借りるためのものだと認識しておけば間違いありません。

 

銀行カードローンは?

銀行にもカードローンがありますが、実は銀行が得意としている融資はカードローンではありません。

もっと大きな金額の融資を行う住宅ローンや自動車ローンのほか、企業向けの融資が得意分野です。

 

企業向けの融資では、企業の業績を分析して融資を実行するため、リスクを低く抑えることができるのです。そして企業の経営にまで口出しをすることができるため、融資したお金は確実に回収する仕組みができています。

 

また、個人向けでも住宅ローンでは土地や建物が担保の役割を果たしますので、もし貸し出した人が破たんしたとしても資産を差し押さえることができます。無担保でお金を貸すカードローンと比較すればとてもリスクが少ないのです。

 

10年ほど前には銀行は無担保での融資をしていませんでしたが、本心を言えば多くの人に融資をして利息による収益確保を行いたいと考えていました。融資残高が増えれば増えるほど収益は上がるからです。

 

しかし社内には無担保で融資をするノウハウが不足しており、審査で貸し出してよいのかどうかを判断する力がありませんでした。

 

銀行は堅実な営業が求められる企業です。無理に貸し出しをして貸し出した人が破たんしてしまえば、大量の不良債権が残るだけです。

 

そうなると銀行としての信用力も失われてしまうばかりか、行政処分の対象になってしまうなど、大きなリスクも秘めていました。銀行もカードローンの提供はしていましたが、破たんリスクの低い取引の良好な顧客にサービスを紹介する程度しかできていなかったのです。

 

特に当時の無担保ローンは消費者金融の専売特許でしたが、多重債務問題が社会問題になるなど、銀行としてもなかなか手を出しづらい分野だったのです。無担保ローン、いわゆるサラ金という言葉に対してマイナスのイメージを持っている人も多くいました。

 

銀行がカードローンを強化するようになったのはなぜ?

しかし業界が一変する出来事が起きました。

 

それが2010年6月に完全施行された貸金業法の改正です。

 

新しい貸金業法では、銀行以外のノンバンクと呼ばれる金融機関は、年収の3分の1以上の貸し出しが原則として禁止されることになりました。

 

また、過去のグレーゾーン金利が撤廃されたことによって、消費者金融の多くは過払い金問題に直面することになります。中には経営状態が悪化して倒産した会社もたくさんあります。消費者金融が生き残るために選んだ道、それが銀行に支援を求めることでした。

 

銀行にとっても消費者金融を自社のグループに取り込むことで、長年望んでいた無担保ローン融資のノウハウを手に入れることができ、お互いにとってメリットのある合併となります。大手消費者金融の多くは銀行グループに加わったのです。

 

銀行は自社のカードローンの保証会社を消費者金融に任せることによって、苦手分野をカバーすることができます。消費者金融は貸し出し制限のために自社のカードローンは提供ができなくても、保証料として銀行から収入を得ることができます。

 

かつては消費者金融のほうが貸出残高が多かったのですが、現在では銀行カードローンのほうが貸出残高が多くなっています。

 

 

貸金業法改正が消費者金融の経営を苦しめる結果になりましたが、銀行にとっては消費者金融で借りることができない人の受け皿になることができ、商品を拡大するチャンスになりました。


 

銀行カードローンの場合はあまりキャッシングという言葉は使いません。

 

これはいまだにネガティブなイメージを持っている人もいるためです。単純に言葉の違いがあるだけで、商品内容としてはほぼ一緒です。金利や限度額、審査基準などに違いがありますが、どちらもお金を借りることができる商品だと覚えておきましょう。


×