フリーターにおすすめのキャッシング

MENU

フリーターにおすすめのキャッシング

フリーターの人は、正社員とは違い保証がないので、どうしても病気や怪我で働けなくなると収入がなくなり困ってしまいます。日ごろからしっかり貯金をしていればいいですが、貯金が全然ないというフリーターの人は、働けなくなり収入が無くなると、知り合いにお金を借りるしかありません。

 

周りにお金を貸してくれる知り合いがいればいいですが、そういう知り合いがいない場合は、金融業者が扱うキャッシングを利用するといいでしょう。

 

キャッシングならば、担保や保証人を必要としないので
自己責任でお金を借りることができます。

 

フリーターでもキャッシングの審査に通るか心配だという人もいますが、ここではフリーターでもキャッシングができる方法などを詳しく紹介しています。

 

審査に通りやすいフリーター

フリーターというと、収入が安定していない日雇いのような人をイメージする人もいますが、フリーターにもいろんな種類があり、毎月しっかり決まった額の収入がある人もいれば、主婦をしながら空いた時間だけ、アルバイトをする人もいます。

 

フリーターだとキャッシングに申込むと審査に通らないと思う人もいますが、返済能力が高いと判断されればフリーターでも十分審査に通ることができます。

 

返済能力が高いと判断される人はどんな人かというと、実家で家族と一緒に暮らしていて、本人にローンや生活費などの負担がない人です。

 

そういう人は収入が少なくても支出も少ないので、返済能力が高いと判断されます。主婦の場合は配偶者に安定した収入があり、ローンなどが一切ない場合は返済能力が高いと判断され、フリーターの主婦でもキャッシング審査に通ることができます。

 

同じ所で長い期間働いているフリーターも毎月安定した収入があるので、返済能力が高いと判断され審査に通りやすくなります。

 

アコムの審査は通りやすい

キャッシングを扱う金融業者の中でも比較的消費者金融は、審査に通りやすいといえます。

 

銀行や信用金庫などの金融機関だと、収入がいくら以上とか勤務年数が何年以上など審査がかなり厳しいこともありますが、消費者金融の場合はフリーターで収入が少なくても、毎月決まった収入があれば比較的簡単に審査に通ることができます。

 

消費者金融も全国には沢山ありますが、消費者金融の中でもアコムは他よりも審査に通りやすいと言われています。

 

アコムの審査通過率は50%前後なので、他の消費者金融よりもかなり審査に通りやすいです。アコムの申し込み条件は、20歳〜69歳までで安定した収入がある人となっています。

 

フリーターでも毎月決まった収入があれば十分返済能力が高いと判断され、アコムのキャッシング審査に通ります。

 

アコムは審査スピードが速いことでも人気があり、わずか30分で審査回答がでます。アコムの審査をスムーズにおこなうために、本人確認書類や収入証明書などをあらかじめ用意しておくことが大事です。

 

アコムの審査に落ちてしまう人とは?

審査に通りやすいと評判のいいアコムですが、それでも審査に落ちてしまうフリーターもいます。どんな人が審査に落ちてしまうかというと、やはり他社のカードローンやキャッシングなどの借入が多い人でしょう。

 

他社の借入件数が3件以上になると、審査に通過するのが1割くらいになるので、他社からの借入件数が多い人は、アコムに申込む前に返済して、借り入れ件数を少なくしてから申込むといいでしょう。

 

 

どうしてもキャッシング審査に通りたいからと、借入件数をごまかして申告する人もいますが、借入件数をごまかしても、個人信用情報機関で調べられると履歴が残っているので、嘘の申告がすぐにばれてしまいます。


 

嘘の申告がばれると、この人は信用できない人と思われますます審査に通らなくなります。正直に借入件数を申告した方が審査に通る確率も高くなります。

 

他にも過去にキャッシングやクレジットカードの返済延滞をしたことがあると、審査に落とされることもあるので気をつけてください。

 

注意するべき「申込ブラック」

どうしてもお金を借りたいからと、金融業者のカードローンやキャッシングに何社も申込むフリーターの人もいますが、申込んだ履歴は個人信用情報機関に履歴が残るので、短期間に複数社のキャッシングに申込んでしまうと、申込ブラックとして審査に落とされることになります。

 

短期間に何社ものキャッシングに申込んでしまうと、この人はよほどお金に困っていると思われてしまいます。

 

これだけお金に困っているなら返済能力も低くなると業者側は判断するので、キャッシング審査に通らなくなります。

 

一度キャッシング審査に落ちたなら、すぐに他社に申込まず少し時間を空けてから申込むようにするといいでしょう。

 

ちなみに申込履歴は6か月間新規の申し込みをしなければ消えてしまいます。確実に審査に通りたいなら、6か月たってから申込むといいでしょう。

 

安定した収入もあるし、返済延滞も一度もないのになぜ審査に通らないか不思議に感じている人は、短期間で複数社にキャッシングの申し込みをしていないか考えてみるといいでしょう。

 

総量規制にも注意しよう

消費者金融や信販会社などの貸金業者には、総量規制という貸金業者の決まりがあります。これは貸金業者の貸し過ぎを防止するもので、年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという決まりです。

 

たとえば年収300万円の人は、すべての貸金業者の借入総額をあわせて100万円までしか借り入れができないことになります。

 

他社からの借入がすでに80万円ある人は、消費者金融では20万円までしか借り入れができないことになります。

 

 

フリーターの人のように収入が少ない人は、総量規制があると借入額もかなり少なくなり、思うような借入ができないこともあるので注意が必要です。


 

総量規制があると、専業主婦のようにまったく収入のない人は、借入を断られるケースも多いです。消費者金融の中には収入がない専業主婦でも、配偶者に収入があれば借入ができる所もありますが、その場合は配偶者の収入証明書と同意書が必要になるので、配偶者に内緒で借りることはできません。


×