学生・未成年でキャッシングをする場合

MENU

学生・未成年でキャッシングをする場合

『お金がない』時、自力でどうしようかと考える人と消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を用意する人の2つのタイプに分かれます。社会人であれば、安定した収入がある為、お金を借りるということは簡単にできますが、未成年や学生の場合は簡単に借りることができません。

 

まず、多くのカードローンや消費者金融で借入は、「20歳以上」で「安定した収入があること」と定めています。

 

その為、未成年は原則保護者の同意が得られなければ借入をすることができないのです。ただし、中小企業の中には、対象年齢を18歳まで引き下げている場合もあるようですが、基本的には収入があることが前提ですので、アルバイトをして収入がなければ借入できません。

 

未成年が借入する為には、保護者の同意が必要となったり、様々なハードルが待っているのです。

 

未成年者は基本時にキャッシング出来ない

 

未成年者は基本的にキャッシングができません。

 

その理由は、民法第5条「未成年者の法律行為」によって、何か契約する際には法定代理人の同意を得なければならず、同意なしでの契約は一方的に取り消しができると定められているのです。

 

その為、お金を貸したとしても、一方的に取り消しされる可能性がある為、金融機関にとってはリスクの高い取引であることは間違いありません。もし、未成年者に融資する場合には、保護者の同意または同意書が必要となるでしょう。

 

金融機関の融資条件は、一般的に「安定した収入」があることと「年齢」と言われています。この2つの条件を満たしていなければ、審査が通りません。

 

キャッシングの審査において年齢制限はかなり重要で、これに引っかかってしまうと融資を受けられる可能性はほとんどないと断言できます。

 

一般的には20歳以上〜満65歳未満であれば審査対象となりますが、この年齢内に収まっていなければ、審査は通りません。高齢者の場合、安定した収入がないことが主な理由です。

 

一方、満20歳未満の未成年は、社会的責任能力がない学生である可能性が高く、無収入であることが考えられます。仮に、アルバイトなどで働いていたとしても収入が不安定で少ないことから、キャッシング審査に通ることが難しいと言われているのです。

 

また、法律により、未成年者へのお金の融資自体が禁じられているということが背景にあります。

 

このようなことから、金融機関としては契約を結んでも破棄されてしまうリスクが生じてしまう為、基本的にキャッシングすることはできないと考えてよいでしょう。もし、どうしても契約をしたい場合には、保護者の同意が絶対条件でもあるのです。

 

では、ここで疑問になってくるのが、未成年でも正社員で働いている場合はキャッシングすることができるかということです。

 

正社員であれば、安定した収入は得ているわけですから、融資条件の一つは満たしています。しかしながら、基本的には社会人=成人とは考えられないのが実情です。

 

金融関係でのキャッシング審査では先ほども言いましたが、年齢を重視するということ。その為、正社員で働いていようが未成年であることによってキャッシングの対象にはなりません。

 

定食をもち安定した収入を得ていれば社会人ではあるものの、金融会社の概念としては融資条件には満たないのです。

 

ここでも、法律が影響し、20歳以下への融資が禁じられていることを守らなくてはいけません。例え、自分で独立して生計を立てていても、未成年が借入をする場合には保護者の同意が絶対であると言えます。

 

しかし、法律で定められているとは言え、未成年であったとしてもお金を借入する方法が絶対ないとは言い切れず、3つの方法を考えることができます。

 

1つは、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。

 

クレジットカードには、一般カード・ゴールドカード・プラチナカードなどいろいろな種類が用意されています。その中には学生向けのクレジットカードも存在しているのです。クレジットカードの申し込み年齢は、高校生を除く18歳以上が対象である為、未成年者の大学生でも申し込みをすることができます。

 

クレジットカードを作る際には、保護者の同意が必要になりますので注意してください。

 

もう1つの方法に学生ローンがあります。

 

学生という言葉が付いていますが、申し込みの対象は20歳以上となっているところが多いようです。しかし、中には保護者の同意があれば18歳から申し込める場所も存在しています。

 

また、消費者金融でも同様で20歳以上が条件ではあるものの、保護者の同意さえあれば18歳からキャッシングできる場合もあります。どの方法を利用したとしても、ネックになってくるのは保護者の同意でしょう。

 

未成年は大学生であろうと社会人であろうと、まだ未熟であることから社会的な責任能力が低いとみなされてしまいます。その為、例え返済能力があったとしても、審査を通すことはできません。

 

金融機関にとっては、法に触れる行為は行いたくありませんし、途中で契約を無効にされてしまうのは避けたいところです。原則として、未成年の借入は禁じられていますので、注意しましょう。

 

ここで注意したいのが、「学生でもOK」「未成年でもOK」と看板を掲げているような業者は闇金融である可能性が高いということ。

 

基本的に金利は年18〜20%と設定されており、10万円未満であれば年20%、10万円以上〜100万円未満の場合は年18%と定められています。この範囲内から飛び出した金利であった場合は、利息制限法に違反している違法業者である可能性が高いことを知っておきましょう。

 

この手の業者にとって未成年はカモでしかありませんので注意してください。

 

偽造は後にトラブルになる

未成年者への融資は原則禁止されているのですが、書類を偽造して審査を通す「文書偽造罪」に該当する行為を行う人が多いのです。申し込み時に未成年であると審査対象にならない為、書類を偽造して提出、その後トラブルに発展してしまうということがとても多いのが現状と言えるでしょう。

 

金融機関では、未成年であれば融資が不可とされている為、審査を通したい一心で年齢や職業を詐称した書類を作ってしまうことがあるのです。ですが、これは申込者が率先して行うのではなく、審査が通りやすくなると伝えて業者側がそれを勧めてくるという現状があります。

 

これはとても厄介なことです。

 

なぜ、業者はそのような文書偽造を勧めるかと言うと、未成年者の借金を確定させてしまう為であると言えるでしょう。先程も言いましたが、20歳以下の人は保護者の同意がなければいつでも契約を破棄することができるのですが、これを未成年者の契約取消権と言います。

 

民法4条で制定されており、保護者の同意がなかった場合に発動され、契約そのものをなかったことにすることができます。

 

しかし、この契約取消権にも例外があるのです。

 

それは、保護者の同意があった場合と身分詐称・年齢詐称などの詐欺行為を行った場合です。業者が書類偽造を勧めてくる理由は簡単に言うと、業者はわざと詐欺行為をさせ、契約取消権を使用させないようにしているのです。

 

その権利を利用することができない状況にさせられてしまう為、借入をした本人はどんなことがあろうと必ず返済しなければいけなくなります。

 

このような悪徳業者はどのように文書偽造を勧めてくるのでしょうか。いくら未成年だとしても、文書を偽造することはいけないことだとわかる人が多いでしょう。それでも文書偽造自体は減少するどころか増加の一途です。業者がどのような手を使うのか例にだして考えてみましょう。

 

山田くんの場合

 

大学に入学し、新たな友人がたくさんできた山田くんは、毎日のように遊び歩くようになりました。最初はアルバイトのお金でやりくりしていたものの、毎日のようにお金を使う遊びをしていると当然足りなくなってしまいます。

 

最初は、母親からお金を借りていたのですが、それも簡単ではなくなりました。次に友人にお金を借りるようになってしまったのです。友人は最初こそ貸してくれたものの、返済してもらえないとわかると怒りだし、すぐに返済をしなければ友人をやめるとまで言われてしまったのです。

 

困った山田くんは、ある消費者金融会社を訪れ、借入できないかとお願いしに行きました。

 

業者は、「あなたの条件だとうちで融資するのは難しいです。未成年ではお金を貸してくれる業者はほとんどないし、うちとしても貸してあげたいけれど、法律にも引っかかってしまうので無理です。でも、お金ないと困りますよね?
そうなったら、年齢を変えて書類を書いてみるという方法もありますよ。すぐにお金を返済してこの書類も破棄してしまえば問題ないでしょう。」と伝えてきました。

 

お金をすぐに用意したい山田くんにとっては、すぐに返済すれば問題ないわけで自分が詐欺行為を行っていることすら理解できていません。結果、山田くんは書類を偽造し、お金を借入してしまいました。

 

このような方法を使って、契約取消権を使わせないように仕向けてきます。ただし、このように直接言葉で文書偽造を促してしまうと、業者自体が罪に問われてしまう為、巧妙な手口を使用してくることがほとんどです。相手が自らそれを願うように仕向けられてしまいます。

 

では、どのようにその勧めを断れば良いのでしょうか。

簡単に言えば、場の空気を読まずにハッキリと断るのが一番です。

 

精神的にも未熟な未成年者は追い込まれると、雰囲気的に断りにくいと感じてしまいます。業者にとっては場の空気をうまく使用し、仕向けていきますので、空気を読まないということも大切です。気の弱い人間に付け込むことが得意ですから、ハッキリ断ることが良いでしょう。

 

もし、その空気感に飲まれて契約をしてしまうと、トラブルに発展することが考えられます。このような提案をしてくる業者は悪徳であることが多く、返済が滞った場合に強く返済を求めてくることもあるでしょう。

 

自分で詐欺を働いてしまったという弱みがある為、借りた側も強くでることができないのです。自分だけでそのトラブルを解決することはとても難しく、結果として保護者に迷惑をかけてしまいます。自分でしてしまったことに対して責任が取れないということが未成年の弱みでもあります。

 

ただし、このような業者に捕まってしまった場合は、一人で解決しようとせずに周囲を頼るようにしてください。まずは、トラブルに巻き込まれないようにすることが大切ですので、安易な契約をしないように気をつけましょう。

 

「未成年でも高額貸付」は要注意

未成年や学生の場合、借りられる金額は業者によって異なりますが、10万〜40万程度が妥当と言われています。利用限度額というのは、年収に応じて異なり、基準となるのは収入の3分の1と言われています。

 

しかし、学生など安定した収入がない場合は、利用限度額は低く設定されていることがほとんどです。

 

基本的には保護者の同意がなければ借入することができません。アルバイトで月5万円を稼いでいるのであれば、5万×12か月=60万円が年収となり、その3分の1である20万円が借入可能額と考えることができます。

 

 

クレジットカード会社や消費者金融によりこの限度額は異なっていますので一概には言えませんが、高額を借入することは難しいと言えます。しかし、中には高額貸付を行っている業者があります。知らずにトラブルに巻き込まれないようにすることが大切です。


 

消費者金融は手軽にお金を貸してくれるところである反面、返済が遅れたら厳しい取り立てが行われることが考えられます。

 

基本的には都道府県に登録している消費者金融は貸金業法に則って運営されていることが多いですが、中には違法な金利を請求したり、夜間に取り立てをしたり、自宅や会社に押しかけてくる闇金融の存在もあるでしょう。

 

昔は消費者金融でも厳しい取り立てが行われることがありましたし、グレーゾーン金利と言われる年利29.2%%の高金利の貸付が行われていました。

 

しかし、現在ではそのようなことを行っている業者は少なくなりましたが、中には未だに昔ながらの取り立てを行っている場合もある為、このような業者で借入をしてしまうと後々トラブルに発展してしまうことがあります。

 

基本的に支払い能力がない人間にお金を貸すということを通常の消費者金融やクレジットカード会社では行っていません。

当たり前ですが、貸したお金を返済してもらわないと意味がないからです。しかし、中には返済ができないことを最初からわかっていて貸付てくる業者もいるのです。

 

利子だけを回収し、元金を減らさずに長い時間返済を求めるという厄介なものです。

 

高額な貸付をしてもらえることはお金に困っている人にとっては助かることではありますが、返済能力がないのに借りてしまうというのはとても怖いことです。返済が可能である金額かどうかをしっかり見極めることが必要でしょう。

 

未成年がキャッシングを利用するということは、本当にどうしようもない状況の時だけにすることが一番ですが、親にバレたくないという一心で利用してしまう人が少なからずおり、特に女性の場合は交際していた男性の連帯保証人になっていたなどで借金返済を迫られてしまうことがあります。

 

恋愛というフィルターを通してしまうと、何が正しくて何が間違っているか見失ってしまうことがあります。困っている人を助けたいからと安易に連帯保証人になってしまわないことが自分の身を守る為には必要です。

 

連帯保証人になってしまうと、お金を借りた人と同等の扱いを受けてしまう為、返済しないという選択はできません。

 

 

最初はアルバイトなどで返済をしていけたとしても、高額であったとすれば簡単に返済することができなくなってしまいます。その時、周囲に相談できれば状況を変えることができたとしても、未成年は精神的に未熟なので人に相談することができない場合が多いようです。


 

自分でどうにかしようと、消費者金融やクレジットカードを利用して、返済にあてようとしてしまいます。このようなことが起きると返済の為にお金を借り、またその返済の為にお金を借りるという負のループに巻き込まれてしまうのです。消費者金融やクレジットカード会社からキャッシングし続けると、いずれどこも融資してくれなくなります。

 

どうしてもお金を用意しなくてはいけないことから、闇金融に手を出してしまうことがあるでしょう。

 

この手の業者に手をつけてしまうと、自分だけではなく周囲の人間、親にまで迷惑をかけてしまうので、そのような事態にならないようにすることが大切です。

 

安易に保証人や連帯保証人にならないことはもちろんのこと、困っている状況になった時は周囲の人に相談することが必要です。

 

未成年とは、まだ大人ではありません。自分で何でもできると勘違いをしている人がいますが、実際に何かあった時には責任能力がないのです。その為、安易な行動は人に迷惑をかけてしまうことへと繋がります。たった一つの借金が、気付いた時にはかなりの大事になっていることも珍しくありません。

 

特にお金に関することはシビアにならなければいけないのです。高額貸付を行っていたり、法律に反した金利の業者は大変危険ですので絶対に借入しないようにしてください。

 

自分や周囲の人間の身を守る為にも、甘い言葉に騙されないことが大切です。

 

未成年はクレジットカードのキャッシングを利用する

未成年がお金をどうしても工面したい時には、クレジットカードのキャッシングを利用することをおすすめします。

 

クレジットカードには18歳から申し込みができるものもありますし、アルバイトなど安定した収入があればキャッシング枠を付帯することが可能です。ただし、カードを作る時には保護者の同意が必要となりますので注意しましょう。

 

保護者の立場としても、消費者金融で借入をされるよりも、社会的信用が確かなクレジット会社を利用してもらう方が幾分マシでしょう。

 

クレジットカードには様々な種類がありますが、学生という区分には大学生・短大生・専門学校生のことを指し、研究生や聴講生、科目履修性や語学学校生、予備学校生、認可校以外の専門学校生は含まれないことがありますので注意してください。

 

まず、クレジットカードを作らなければキャッシングを行うことはできませんので、その方法について詳しくご説明していきましょう。

 

今はインターネット上で申し込みができることが多いようです。

 

インターネットで18歳以上で作れるクレジットカードの情報を集めましょう。ある程度検討が付いたら、規約の確認をします。この規約の内容によって、審査に通らない可能性があることをしっかり理解しておきましょう。

 

その後、入力ページへと移り、本人情報(氏名・生年月日・住所・電話番号など)と支払い口座の入力を行います。続いて、職業(学校)について学校名や住所、電話番号などを入力。クレジットカードの種類を選択し、入力は終了です。

 

最近では審査状況が確認できる申し込み番号の案内があることがあります。

 

その後、各金融機関ウェブサイトで引き落とし口座の設定を行っていきましょう。ただし、未成年者の場合各金融機関ウェブサイトで口座振替の設定ができないことが多く、申し込み番号の案内によって申し込み完了となるようです。

 

後日、自宅に入会申込書が送付されてきますので、署名・捺印を行い、本人確認書類のコピーを添付して返送しましょう。

 

本人確認書類には、運転免許証・パスポート・健康保険証・住民票の写しでも可能です。

 

また、一人暮らしをしているものの、住所変更届を提出していないという場合は、現住所が確認できる書類のコピーも必要となります。現住所が確認できる書類とは、公共料金の領収書や社会保険料の領収書、国税・地方税の領収書または納税書でも可能です。

 

これでクレジットカードの申し込み自体は終了です。後はクレジット会社が審査を行い、問題なければカードが発行されます。

 

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つが設定されています。

ショッピング枠の方が利用限度額が高い反面、キャッシング枠は利用限度額が低い物がほとんどでしょう。

 

未成年者の場合は、このキャッシング枠がかなり低額であることが多いようです。

 

一般的には5万円〜10万円程度と言われています。これは消費者金融で借入をしたとしても同じでしょう。また、金利についてもクレジット会社によって異なりますが、100万円未満であれば18.0%、100万円以上で15.0%が多いようです。

 

クレジットカードでのキャッシング枠はあまり多くないのが特徴です。しかし、返済する能力がない人間にお金を貸すことはしませんので、妥当とも言えるでしょう。金利のことも踏まえて、計画的に返済することが大切です。

 

また、複数のクレジットカードを使い、キャッシングを行っていると、いずれどこも借入できなくなってしまうことがあります。複数のキャッシング利用は信用という点でかなり不利になりますので、計画性を持って利用してください。

 

クレジットカードは、基本的には20歳以上から申し込み可能な場合が多く、18歳から申し込めるクレジットカードは限られています。

 

しかし、学生向けを商品として扱っている会社も存在していますし、審査が緩い場合もあるようです。ただし、共通して言えることは、保護者の同意があることと高額の枠は利用できないということでしょう。

 

そのことを踏まえて、どのクレジットカードを選べば良いのかしっかり考えてから申し込みをしてください。

 

また、どのクレジットカードも審査が通らなければ利用することはできませんし、キャッシング枠をつけることができないことも考えられますので、その際は一社だけに限らず違うところでも申し込んでみましょう。

 

キャッシングは自分が好きな時にATMから簡単にお金を引き出すことができるのが魅力ですが、返済することができないのに借入をしてしまうのはとても危険です。あくまでも返済できる範囲内で借入をしてください。返済が滞ってしまうと、保護者に迷惑をかけることもありますので注意してください。利用する際には、計画性を持って借入するようにしましょう。

 

審査の内容

 

クレジットカードのキャッシング審査は、本人の個人情報と信用情報に基づいて行われます。

 

個人情報には年齢や収入などが必要となります。個人情報自体は本人の自己申告となりますが、電話番号の確認と勤務先や学校に在籍しているかの在籍確認が行われるのが一般的です。

 

この在籍確認はあくまでも申告された内容が虚偽ではないことを確認する為のものであり、キャッシングに対してのものであるかどうかはプライバシーのことですので一切伝えれることはありませんので安心してください。

 

また、本人確認書類として、運転免許証やパスポート、健康保険証のいずれか1点が申し込み時に必要となりますので用意しておきましょう。

 

また、信用情報というのは、本人のローン履歴やクレジット履歴のことを指し、金融機関が加入している信用情報機関に問い合わせて、他社での利用状況を確認していきます。

 

これには、クレジットカードのショッピングに対しても行われますし、見落としがちなのが携帯電話やスマートフォンの支払いに関しても情報として開示されています。これらのうちいずれかを延滞していると審査に通る可能性が低くなるでしょう。

 

約5年間は情報が残ると言われていますので、延滞したものの支払いをしているから大丈夫ではないと言われているのです。

 

また、年齢制限カードと呼ばれるクレジットカードであれば、未成年でも問題ないと最初からわかっているので、審査が緩いことが多いようです。

 

未成年であれば、9割近い方がクレジットカードを所持していたことがないでしょうし、利用履歴もないことがほとんどです。その為、審査は通りやすいと言えるようです。

 

ただし、中には通らないケースもあることを理解しておきましょう。

 

先ほども言いましたが、本人名義の携帯電話料金をしょっちゅう延滞しているケースなどは審査が通らないこともありますので注意してください。

 

未成年者の場合はよほどのケース以外は、審査に落ちることはないと言えます。しかし、未成年であるが故に、本人だけではなく保護者の信用情報も重要となってくるのです。

 

基本的に未成年がクレジットカードを作成する場合には、保護者の了承が追加されており、本人がすでに正社員として働いていたとしても、未成年であれば必ず必要となってきます。未成年にとっては、ここが一番のハードルではないでしょうか。

 

親にバレずに作ろうと思っていたものの、実際には保護者の同意がなければクレジットカードを作成することすら難しいのです。また、仮に保護者の同意を得ずに申し込みをしたとしても、審査の段階で保護者への確認が行われる為、バレずに作ることはかなり難しいと言えます。

 

さらに、未成年のクレジットカード審査の場合には本人のみならず、保護者の収入や勤務状況などが調べられてしまいます。

 

この時に、保護者に借金があったり、無職で収入がないと審査に通ることは難しくなります。

 

ただし、住宅ローンや自動車ローンについては問題視されませんので安心してください。あくまでも借金と呼ばれるものと、キャッシングやカードローンの利用歴が重要になってきます。また、過去に債務整理をしていた場合にも審査を通過するのが難しくなるでしょう。

 

このような理由で審査が通らない場合には、名義貸しを疑われることもあります。

 

名義貸しとして、子供の名義を借りて実際にお金を使うのは保護者であることがあります。親がブラックになっている場合には、自分で借入をすることができませんので、子供にやらせようとする行為です。このような状況では審査に通ることはありません。

 

通常、自分自身で借入ができなければ諦めるものですが、子供の名義を借りてまで借金をしようとする保護者もいるのが現実です。子供本人には問題がなくても、保護者がブラックであれば審査を通すことができないことがあるようです。

 

名義貸しを疑われないようにするためには、保護者が使っていたクレジットカード会社とは別のクレジットカード会社を利用するという手もあります。

 

基本的にはクレジットカード会社同士での顧客情報というのは共通ではありません。しかし、金融機関が加入している信用情報機関にすでにブラックとして載っている場合には難しいかもしれません。

 

 

基本的に保護者がクリーンであれば、未成年者本人の情報のみで作成することができますが、上記のような場合に限っては審査が通らないことを頭に入れておきましょう。


 

また、クレジットカード会社ではなく消費者金融でお金を借りる時、審査を通しやすくする為に「返済するまで学生証は返却しない」などという脅しをかけられることがあるようです。これは明らかな違法ですので、そのような条件を出されたとしても絶対に渡してはいけませんし、その消費者金融での借入はやめましょう。


×