資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方

MENU

資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方

経営者にとって、事業を継続したり拡大していくために必要となる資金の準備は頭を悩ませる問題の一つです。運転資金を始めとしてつなぎ資金や設備投資など、急に現金が必要になることも珍しくありません。

 

公的機関の融資を申し込んでもすぐには審査が下りないため、急いでいる場合は銀行など民間のビジネスローンが最適です。審査もスピーディーで厳しくなく、比較的簡単に借りられるメリットがありますが、公的機関の融資と比べると金利が高めというデメリットもあります。

 

特徴をよく理解してから利用することで賢く役立てることができるので、内容を知っておきましょう。

 

ビジネスローンとメリット・デメリット

ビジネスローンというのは、主に銀行からの融資によって会社の資金調達を行う方法の一つです。大手都市銀行を始めとして様々な地方銀行や民間企業が取り扱っており、審査のスピードが早かったり無担保、保証人不要など借り手にとって大きな魅力を持つ商品となっています。

 

もちろん商品の内容や審査基準などは銀行や企業によって異なりますが、公的機関が低金利で提供している融資よりも借りやすいため、中小企業の経営者を中心に多くの人が利用しています。

 

ビジネスローンの審査方法は実に単純で、融資を申し込む企業の決算書を2期もしくは3期分パソコンで入力し、その情報をもとに融資しても問題ないか、融資できるとすればいくら可能か、金利はいくらにするのが適切かなどを算出します。

 

つまり、いかに優れた決算書を作るかが融資の可否に影響すると言っても良いでしょう。

 

スピーディーに審査を行うことができるため、取引先や融資額を増やしたい銀行などにとっても非常にメリットのある方法となっています。

 

中小企業側から見ても従来行われてきた融資の審査と比べてハードルが低いため気軽に申し込むことができますし、審査基準も優しいので融資を受けられる可能性も高まります。

 

具体的にビジネスローンを取り扱っているところを挙げると、銀行はもちろん一般的な消費者金融会社やクレジットカード会社などがあります。

 

それぞれの業者ごとに特徴が異なっており、

  • 銀行が行っているビジネスローンは銀行系、
  • 消費者金融などが行っている場合はノンバンク系

と呼ばれることもあります。

 

銀行系のビジネスローンの特徴としては、まずメリットとして金利の安さや信頼性が挙げられます。

銀行は企業としての性質上公的機関の融資に近いとも言え、低い金利で多くの企業に貸し出すことを目的としています。融資を受ける場合は、返済することを考えてできるだけ金利の低いところから借りるのが鉄則なので、銀行系のビジネスローンはまず検討すべきものだと言えます。

 

一方で、金利が低い分、審査が非常に厳しく時間がかかることがデメリットになっています。

 

経営状態に不安があったり、急いで融資を必要としている場合には利用できないこともあるので注意が必要です。

 

ノンバンク系のビジネスローンの場合、金額によっては即日融資が可能なほど対応がスピーディーというメリットがあります。

振り込みなどにも対応しており利便性が高く、審査基準も緩くなっているので銀行系より融資を受けられるケースが多いです。

 

担保や保証人もは基本的に不要としている業者が多いですし、何より総量規制の対象外となっている点も嬉しいポイントです。

 

銀行系以外から借りる場合は年収の3分の1以下しか借りられない総量規制が課せられていますが、事業資金目的で融資を受ける場合に限ってはこの規制から逃れることができます。指定された決算書類など必要書類を提出する必要がありますが、それさえ準備すれば銀行以外で融資を受けても総量規制を気にする必要がありません。

 

デメリットとしては、やはり利便性の高さゆえに金利が高く、融資してもらえる限度額が低い点が挙げられます。

 

特に即日融資ではかなり少ない金額しか借りられないので、前もってしっかり計画しておくことが大切です。また、業者の中には飛び抜けて高金利を設定したり取り立てを強行する悪質な業者も混じっているので、業者を選ぶ際には慎重に検討する必要があります。

 

ビジネスローンを選ぶ際のチェックポイント

最近では銀行以外でも数多くの業者がビジネスローンを取り扱っていますが、上記でも述べた通りどの業者を利用するかは慎重に選ばなければなりません。全ての業者が良心的で法律を守って営業しているとは言い難く、中には利用者の足元を見て無理難題を吹っかけてくる悪質な業者も存在します。

 

このような業者に引っかからないためにも、申し込む前にしっかりチェックポイントを理解しておくことが大切です。

 

融資と言っても実質的には借金ということになるので、まずは金利をチェックする必要があります。

 

金利とは融資を受けた元本に応じて課される利息のことで、ビジネスローンを提供する業者ごとに独自に設定されています。

 

独自とは言っても、設定して良い金利の上限は法律で定められているため、その業者がきちんと法律の範囲内の金利にしているか確認するようにしましょう。融資が必要な金額を元に適用される金利を照らし合わせ、無理なく返済できる金額かを計算します。

どの金利が適用されるか分からない場合は、事前に業者に問い合わせてみましょう。

 

次に重要なポイントとして、融資してもらえる限度額が挙げられます。スピーディーな審査が可能な民間のビジネスローンの場合、どうしても融資の上限額が低くなりがちです。

 

会社を運営していくために必要な金額を満たしていない可能性もあるので、上限額はもちろん自分の場合どれくらい借りられそうか確認しておく必要があります。

 

さらに、保証人や担保が必要が否かもチェックしておきましょう。民間のビジネスローンはどちらも必要ないとしている業者が多いですが、銀行系や大手消費者金融で高い限度額で借りる場合などは、保証人や担保を必要とされることもあります。

 

個人事業主では心配ないケースがほとんどですが、法人の場合は連帯保証人を設定しなければならない可能性もあるので注意が必要です。

 

 

また、ビジネスローンの内容によっては不動産の担保が必須となっているものもあるので、担保が用意できない場合はフリーローンにしておきましょう。

 

これに加え、そのビジネスローンが個人事業主向けか法人向けか、申込の際に企業としての実績年数や経営者の年齢制限などが設けられていないかなども注意が必要です。

 

こういった条件に関するポイントは申し込みを行う上で非常に重要となるので、前もって入念に確認しておく必要があります。


 

条件面以外では、融資を申し込んでから実際に受け取るまでの期間即日融資の可否、手続きに当たって窓口へ直接出向く必要があるか否かなども確認しておきましょう。

 

なかなか窓口へ行く時間がないような場合は、電話や郵送で手続きが可能だったり、融資も振り込みで対応可能な業者のビジネスローンを選んだ方が便利です。

 

最近はコンビニに設置されているATMで融資を受け取れるカードローン型のビジネスローンも登場しており、非常に便利なのでコンビニと提携している業者に決めるのも良いでしょう。

 

ビジネスローンは、お金の使途に関して事業性資金限定になっているものや、制限なく自由に使用できるフリーローン型のものもあります。

 

借りる際にはどちらになっているかによく注意し、借り入れや返済期間の長さについても注意しておきましょう。余計なトラブルに巻き込まれないためにも、業者が悪質ではないか、きちんと財務局に登録された正式な業者かなどもチェックしておく必要があります。

 

ビジネスローンのお勧めの業者

中小企業や個人事業主にとっては、比較的簡単に借りることができるビジネスローンは非常に頼りになる存在です。最近はニーズが高まっていることもあってビジネスローンの広告も至るところで目にしますが、一見しただけではどのビジネスローンが最適なのか分かり辛いものです。

 

ビジネスローンは業者によって実に内容が様々で、自分の会社に合った商品を選ばなければ損をしてしまうこともあります。経営者にとってメリットが大きいと考えられるいくつかの業者を挙げるので、内容をチェックしてみて下さい。

 

  • ビジネクストが取り扱うビジネスローンは、融資額100万円未満で金利は13.0%から18.0%、100万円以上の場合は8.0%から15.0%となっています。

 

限度額は50万円から1,000万円と幅があるので使い勝手が良いですし、ビジネスローンの業者としては数多くの実績を持つ大手なので安心感もあります。申し込みに当たっては来店も不要となっており、申込から契約、借入に返済まで全て郵送やインターネットなどで完了させることができます。

 

振込で融資してもらいたい場合は、審査に3日ほどかかってしまうので注意しておきましょう。個人事業主であれば保証人も担保も必要ありませんが、法人で申し込むなら連帯保証人を用意する必要があります。

 

  • シンキが提供するオーナーズセレクトカードという商品は、金利13.0%から18.0%で限度額300万円となっています。

 

大手銀行のグループ会社であり、法人が利用する場合でも連帯保証人が不要となっているのが特徴です。インターネットから申し込み、審査完了後に自動契約機まで行けば即日融資を受けることもできます。

 

特定の口座を持っていれば曜日や時間に関わらずいつでもインターネット経由で融資や返済が可能と利便性が高くなっています。

 

  • オリックスクレジットでは、金利6.0%から17.8%で限度額は50万円から500万円までのビジネスローンが利用可能です。

 

こちらも特定の口座があれば24時間いつでも利用可能で、審査も最短でその日のうちに完了するため即日融資も可能です。ただ、利用するためには業歴が1年以上ある個人事業主という条件があるため、期間を満たさない個人事業主や法人は利用することができません。

 

  • セゾンファンデックスの事業コースという商品は、金利が6.5%から17.8%で限度額は1万円から500万円までとなっています。

 

セゾングループが個人事業主向けに運営している会社で、平日の午後1時までに申し込んで審査や必要書類の提出が終われば即日融資もしてもらえます。それ以降も、平日の14時30分までに申し込めばすぐに指定した記入機関の鋼材に融資を振り込んでもらえるので便利です。

 

利用対象は20歳以上65歳以下の成人で、毎月安定した収入がある個人事業主で電話連絡が可能なことが条件となっているため、法人は対象外となっています。

 

 

いずれの業者でも金利についてはそこまで大きな差は見られませんが、限度額100万円までの商品は上限が18%、100万円以上なら上限15%と法律で定められた上限ぎりぎりになっています。銀行系のローンと比べるとやはり金利の高さが目立ちますが、担保が不要だったり即日融資が可能などメリットも多くなっています。

 

本当にビジネスローンが最適?

これまで述べてきたように、近年は政府系の公的機関だけでなく銀行や消費者金融業者まで、数多くのビジネスローンが取り扱われています。利便性もどんどん高くなってきており、中小企業や個人事業主が大いに助かっているのも事実です。

 

しかし、ビジネスローンとは言ってもあくまでも借金であり、便利だからと無計画に利用し続けるのは危険です。

 

公的機関が行っている融資と比べると、一般的なビジネスローンはかなり金利が高いと言えます。

金利が低いと言われる銀行系のビジネスローンであっても、金利だけを見れば個人が消費者金融で借り入れを行うくらいの金利がかかってしまいます。

 

融資額が高額になりがちなビジネスローンでは返済期間も長期間にわたることが多く、トータルでかかる利息を考えると長期的な借入にはあまり適していないとも言えます。

 

このため、どうしても運転資金が必要な場合は金利の低い融資を受けられるまでのつなぎとして活用し、借りたらすぐに返すという意識を持っておくことが大切です。

 

運転資金を融資してもらいたいと考えたら、まずは公的機関の融資が受けられないかを検討し、時間がかかったり審査に通るのが難しいとなれば次は銀行系の融資を探すようにしましょう。

 

 

 

民間のビジネスローンを考えるのは公的融資も銀行融資もダメな場合のみとし、その際にもできるだけ金利の低い業者を選ぶことが大切です。


 

手続きの内容や審査基準など分かりにくい部分は大きいですが、公的機関の融資は金利がわずか1%から5%と破格の低さです。15%から18%が一般的なビジネスローンと比べるといかに低いかが分かりますし、信頼できる機関が行っている融資なので利用や返済に関しても安心して関わることができます。

 

中には無料で相談に乗ってくれる公的機関も存在するので、どうせ自分のところは公的融資の基準は満たさないだろうと諦めるのではなく、まずは相談してみると良いでしょう。

 

また、銀行もビジネスローンとは違った事業者向けローンを取り扱っていることもあります。

 

公的融資には負けますが、ビジネスローンと比べればまだまだ低い金利で融資を行ってくれるので、経営状態などに問題なければこれらを利用することを考えましょう。

 

ビジネスローンはテレビコマーシャルなども積極的に流しており、手軽に利用できる便利な商品といったイメージが強くなっています。もちろんそれに間違いはないのですが、金利の高さをあまり考えずに安易に申し込んでしまうと、長い目で見て大きな負担になってしまう危険性もあります。

 

融資を検討するなら、本当にビジネスローンしか道はないのか、公的融資や銀行融資は絶対に受けられないのかをじっくり考えることが大切です。

 

どうしても近日中にまとまった運転資金が必要になった場合や、決算書の内容があまり良くなく、公的融資などの審査をクリアできないなどやむを得ない事情がある場合のみビジネスローンに手を出すというのが賢明です。

 

また、ビジネスローンとひと口に言っても業者や商品によって金利や利用対象、利用限度額などが様々に異なります。どの商品が最適かは利用者ごとに変わってくるので、業者に勧められるままに申し込むのではなく、情報をしっかり調べて最適な商品を利用するようにしましょう。

 

場合によっては銀行カードローンがおすすめ

どうしてもお金が必要になってしまった場合、借り入れを受けるのは何も法人や個人事業主だけではありません。ごく一般の個人もカードローンなどで借り入れを行うことができるのですが、個人事業主の場合はこのカードローンを利用するという方法もあります。

 

個人事業主の場合、事業と自分の生活が法人の経営者よりも密着していることが多いです。事業の経営がうまくいかず資金繰りに困ってしまった場合、生活費を事業の運転資金に充ててしまって生活の方が苦しくなってしまうケースも珍しくありません。

 

このような場合、事業資金として金利の高いビジネスローンを借りるよりも、個人としてカードローンを活用するという選択肢もあります。

 

業者にもよりますが、個人向けのカードローンであればビジネスローンよりも遥かに低い金利でお金を借りることができるケースも多いです。その分借りられる金額の上限は低くなってしまいますが、生活資金として利用する分には十分足りることもあります。

 

個人向けに銀行が取り扱っているカードローンは、本来借りたお金を事業資金として転用することを認めていません。しかしカードローンを利用したのが個人事業主や経営者だったとしても、事業資金ではなく自分の生活費として利用する分には何ら問題となることはありません。

 

金額が少ないので大きな経営資金を捻出することはできませんが、事業に回した生活費を補てんすることを目的とするなら最適だと言えます。

 

ビジネスローンと比べた個人向けのカードローンのメリットとしては、やはり金利の低さが挙げられます。さらに、金利が低い分審査の基準も緩く、時間をかけずに素早い対応が可能なことが多いです。

 

このように低金利かつお金を受け取れるまでがスピーディーな銀行系のカードローンはいくつかあるので、覚えておきましょう。

 

大手都市銀行として知名度のある三菱東京UFJ銀行が行っているカードローンのバンクイックは、金利が年率で1.8%から14.6%で10万円から500万円まで借りることができます。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、銀行の窓口のすぐ隣に設置されている専用のテレビ窓口に出向いて手続きを行えば、即日融資にも対応してくれます。

 

平日は15時以降も利用できますし、土日や祝日などの休日も利用可能です。

ただ、融資を振り込みで受け取ることはできないので利便性の面では不安が残ります。

 

カードローンには毎月返済すべき最低額が設けられていますが、こちらは2,000円という少額から可能で毎月あまり返済余力がないという人でも安心して利用できます。

 

また、同じく大手都市銀行の三井住友銀行が取り扱っているカードローンは、金利が4.0%から14.5%で限度額は10万円から800万円と比較的高額の借り入れも可能です。

 

初めて利用する場合は最高で100万円までしか借りられませんが、融資と返済を繰り返して実績を積んでいけば最高で800万円まで限度額を上げることができます。審査にかかる時間などもスピーディーで、内容にもよりますが最短30分で完了させることも可能です。

 

インターネット経由で申し込みを行い、審査が終わってから三井住友銀行の店舗内に設置されている自動契約機でカードを受け取ると、そのまま即日融資もできます。

14


×