生活費が足りない時に使える!すぐ利用できるキャッシング

MENU

生活費が足りない時に使える!すぐ利用できるキャッシング

急な出費が重なって、どうしても生活費が足りなくなってしまうことは珍しいことではありません。そのようなときに切り崩せる貯金があるとは限りません。そこで次の給料日までのつなぎとして、生活費足りないキャッシングを利用するのも選択肢の1つです。

 

つなぎといっても、生活費足りないキャッシングを利用することに抵抗を感じる方も多くいるかもしれません。ですが給料日までのつなぎとして利用するだけならば、利息もそれほどかからないので、返済で苦労することがはありません。

 

では生活費足りないキャッシングとして利用できる選択肢には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

生活費が足りない時におすすめなキャッシング

生活費足りないキャッシングであれば、そこまで多くの金額を借りる必要はありません。借りる期間も比較的短い期間でいいので、そのようなピンチを乗り切るために適したキャッシングを選びましょう。例えば生活費足りないキャッシングとしておすすめなのが、以下の3つの選択肢です。

 

1つ目の選択肢が、クレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

すでにクレジットカードを持っている場合、キャッシング枠がついていることがあるため、新たに消費者金融などを利用する必要はありません。

 

生活費足りないキャッシングでクレジットカードのキャッシング枠の限度額は、10万円から30万円ほどに設定しているケースが多くなっています。限度額がいくらに設定されているのかわからなければ、クレジットカード会社のホームページを見ることや問い合わせることで確認できます。

 

実際にお金を借りるときには、コンビニのATMで利用できるほか、事前に申し込みをして口座に現金で振り込んでもらう手もあります。

 

2つ目の選択肢となるのが、銀行カードローンです。

この選択肢における特徴は、ほかの選択肢と比較して低金利だということです。少額の生活費足りないキャッシングであるといっても、お金を借りると利息が付くことには変わりません。

 

そこで少しでも利息を減らしたいと考えているのであれば、銀行カードローンで生活費足りないキャッシングを行うようにしましょう。

 

そして3つ目の選択肢としてあげられるのが、消費者金融です。

消費者金融は銀行よりも金利は高めになりますが、30日間の無利息期間があるケースも見られます。また銀行のほうが審査が厳しい傾向にあるため、お金を借りやすいという点も消費者金融におけるメリットの1つです。

 

人によっては、消費者金融の利用に抵抗を持っていることもあります。もし不安があるとしても、CMで見るような大手消費者金融なら安全に利用できるので、迷ったらネームバリューで選ぶのも1つの手です。

 

どのキャッシングを選べば良いのか?

生活費足りないキャッシングで3つの選択肢があると聞いても、何を基準に選べばいいのか迷ってしまう方も多くいるかもしれません。そこで生活費足りないキャッシングについて考えるときに忘れてはいけないのが、自分がどのような条件でお金を借りたいのかという点です。

 

3つの選択肢にはそれぞれ特徴があるため、自分の状況に合わせて、生活費足りないキャッシングについて考えるようにしましょう。

 

 

例えば生活費足りないキャッシングにおいて、どうしても今すぐにお金が必要だというケースもあります。そのような場合には、すでにキャッシング枠がついているクレジットカードを利用すると、すぐにお金が借りられます。

 

もしキャッシング枠がついているクレジットカードを持っていない場合には、即日融資が可能な消費者金融を利用することで、その日のうちにお金が借りられます。


 

 

また専業主婦の場合には、お金を借りられる選択肢が限られてくるので注意しましょう。

 

パートをしていない専業主婦は、自分の収入がないため、消費者金融などの利用が難しいのです。そこで専業主婦の方は、配偶者の同意なしでお金が借りられる銀行カードローンを利用します。

 

銀行カードローンでは、専業主婦であったとしても、最大で30〜50万円の借入が可能です。

 

生活費足りないキャッシングを選ぶ基準には、完済までの期間を考慮するのも1つの手です。少額の借入で1か月以内の返済ができそうならば、無利息期間に注目しましょう。無利息期間に完済できれば、利息は一切かからず、借りたお金と同じ額を返済するだけです。

 

そこですぐにお金が返せるのであれば、無利息期間があるカードローンや消費者金融を利用することも大切です。

 

無利息期間で完済するのが難しい場合、できる限り低金利で利用できるかも選ぶポイントです。そこで3つの選択肢を比較すると、銀行カードローンが最も低金利で利用できます。利息は借りる額によっても変わってくるため、いくら借入したいのかという点も合わせて考えていきましょう。

 

キャッシングをする前に確認すること

生活費が足りなくなった状況で、生活費足りないキャッシングをすぐに検討する方も多くいます。ですが生活費足りないキャッシングで少額を借りるだけだとしても、キャッシングは借金であることには変わりません。

 

そこで借金をするという自覚を持って、利用する前に注意点について必ず確認しましょう。本当に必要なのかよく考えてから利用することで、後悔するリスクを避けられます。

 

生活費足りないキャッシングで忘れてはいけないのは、借入した額だけではなく、利息分も支払うということです。

無利息期間でお金を借りるつもりでも、少しでも返済が遅れたら利息分は損をします。損をする額がある点を把握して、利息が増える前に返済することが大切です。

 

生活費足りないキャッシングを利用するとき、お金を借りることがゴールだと思っている方もいます。ですが借金をした以上、返済する義務があります。

 

人によっては、一度借金をしてしまったら、最低返済額を支払って、新たな借金を繰り返すケースも見られます。

 

そのような方は多重債務者になってしまうこともあるため、そのようなことになる前に完済しましょう。キャッシングは必要最小限に抑える努力を忘れてはいけません。万が一、限度額いっぱいお金を借りてしまったときには、かなり危険な状態であることを自覚して注意することも大切です。

 

そのほかにもキャッシングを利用することは、ほかのローンの審査に影響する点を把握しておきましょう。

特に住宅ローンのような高額の契約となるため、キャッシングで借金があると審査に通過しにくくなります。

 

近々住宅ローンを組みたいと考えている方は、キャッシングを控えるのも1つの手です。

 

ローンの審査に影響しないようにするために、生活費足りないキャッシングを利用したとしても、延滞せずにきちんと返済する努力を忘れないようにしましょう。少しでも返済が滞ってしまった場合、融資をした際の返済能力がないとみなされる可能性があります。

 

生活費が足りない状況を打破するために

生活費がどうしても足りない時に、やむを得ず生活費足りないキャッシングを利用することは仕方がないことです。問題は、どうして生活費が足りなくなったのかという点です。

 

病気や怪我、子供の学校にかかる費用など、何らかの急な出費があったため、たまたま今月はお金が足りなかったのでしょうか。そうではなく、毎月お金が足りなくなって生活費が足りないという状況なら、放置してはいけません。毎月の赤字を打破するために、支出の見直しをしましょう。

 

支出の見直しをするために、毎月どのようにお金を使っているのか見直すことも大切です。

例えば食費や光熱費に関しては、意識して節約することで減らせます。

 

食費は特売を利用する、無駄な食材を出さないようにするなどの工夫で節約できます。

 

外食が多い方は、外食の回数を減らすのも1つの手です。光熱費は契約プランを見直す方法もありますが、こまめに電気を消すことや水道の水を出しっぱなしにしないなどの工夫も大切です。

 

また食費や光熱費のような意識して節約する項目だけではなく、毎月の固定費についても確認することが大切です。例えば携帯電話料金は、ゲームなどのしすぎで使いすぎているかもしれません。

 

また契約のプランを変更すれば、今より安い携帯電話料金となることもあります。

 

なかには、数千円安くなるケースも見られます。例えば携帯電話で通話をする機会が少ないのに、通話料無料のプランに加入している方も多くいます。そのような方は、通話料無料のプランを外すだけで、料金を大きく下げられます。

 

また家族割プランなどが用意されているケースもあるため、家族の状況に合わせて携帯電話の料金を見直しましょう。

 

さらに保険料も見直せる項目の1つです。

 

例えば自動車保険について考えてみると、代理店型で契約するよりも通販型のほうが保険料は安くなっています。

 

このように支出を1つずつ見直していき、削れる部分がないのか見直してみましょう。適当にチェックせずに、徹底的に見直すことが大切です。


×