即日でスピードキャッシングする方法とは!?

MENU

即日でスピードキャッシングする方法とは!?

急に今日中にお金が必要になった!そんなときに便利なのがスピードキャッシングです。スピードキャッシングは即日融資、即日キャッシングのようにその日のうちに審査と契約が終わり、お金を借りることができる借り入れです。

 

すべての金融機関がスピードキャッシングに対応しているわけではありませんし、対応している金融機関でも申し込んだ時間や条件によっては、翌日以降の融資になってしまうことがあります。スピードキャッシングを利用するためには、申込者側も注意しておかなくてはならないことがあるのです。

 

即日キャッシングは簡単ではない

スピードキャッシングには時間制限があります。それは融資の方法によって異なります。契約完了後に振り込み融資を希望する場合、平日の銀行営業時間内に手続きを終える必要があります。審査や書類の提出などで1時間かかるとみても、最低14時までには申し込みを済ませなくてはなりません。

 

本審査では在籍確認が行われることもありますので、確認に手間取ってしまうとそれだけ時間もかかります。スピードキャッシングを利用したいのであれば、できるだけ早くに申し込みをするのが良いのです。

 

銀行系カードローンの場合は、その銀行の預金口座にしか振り込みができないところもあります。

 

あらかじめ預金口座を持っている必要がありますので、消費者金融と比較すると条件はやや厳しくなるでしょう。

 

振り込みに間に合わなかった場合は、自動契約機でカードを発行できる金融機関もあります。

ただし自動契約機を置いている金融機関は大手消費者金融や銀行ですので、中小消費者金融でのスピードキャッシングは難しくなります。

 

自動契約機も近くに利用できるところがあればよいのですが、遠くまで移動しないと利用できないこともあります。
手間もかかってしまいますので、できるだけ振り込みの時間に間に合うように手続きをしましょう。

 

土日や祝日でも審査を行っている金融機関はたくさんありますが、在籍確認が取れなくなることがあります。特に土日が休みになっている会社に勤めている人は気を付けましょう。中には在籍確認なしだったり、別の書類を提出することで審査をしてくれる金融機関もあります。

 

仮審査通過後に本人確認などの電話をしてくれる金融機関もありますので、相談しておくと良いでしょう。

 

収入証明書が必要になるケース

高い限度額を希望する場合、スピードキャッシングのハードルが一段と高くなります。高い限度額では審査もより慎重になります。消費者金融の場合は希望額が50万円を超える場合、もしくは他社の借り入れ額と希望額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要です。

 

収入証明書として利用できるものは、源泉徴収票、確定申告書、納税証明、直近の給料明細などです。

 

金融機関によって対応してもらえる書類が異なります。給料明細では不可としているところもありますので、できるだけ正確な年収のわかる書類をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。納税証明などは役所に行かないと取得することができません。

 

ただしマイナンバーカードを取得していれば、コンビニでも各種証明書を交付することができます。

 

 

銀行の場合は収入証明書を必要としている金額が異なります。

50万円から必要としているところもあれば300万円まで不要としているところもあります。また、「原則」不要となっていても、例外的に必要になることがあります。

 

例えば個人事業主や、年齢に見合わない高い収入があると申込書に記入した場合です。金融機関側の判断で必要とされた場合は提出しない限り契約することができません。

 

スピードキャッシングでは、いかにこうした種類を間違いなく提出できるかがポイントになってきます。もし書類に不備があった場合は再送しなくてはならず、時間もかかってしまうためです。

 

最近の金融機関は郵送ではなく、スマートフォンのアプリやパソコンから書類を送ることができます。各社スピードキャッシングに対応してきたのも、こうしたインターネット技術の発展の影響もあるのです。

 

即日キャッシングを受けるために必要なもの

スピードキャッシングの審査をしてもらうからと言って、他の申し込み方法や審査内容と変わることはありません。どのような申し込み方法でも契約から融資実行までの手順は一緒です。

 

スピードキャッシングを実現するために必要なものは「時間」と「正確な申込書」と「各種書類」です。

 

時間が早ければ早いほどスピードキャッシングが実現しやすくなります。書類に不備があると審査でも時間がかかってしまいますので、申込内容は確認してから提出するようにしましょう。

 

この場合申し込み方法は金融機関によっていくつか用意されていますが、ネットからの申し込みが一番審査回答までが早くなります。

 

それは紙の申込書や電話による申し込みでは、担当者が一度デジタルデータに入力しなおさないといけないからです。ネットから申し込みをすればすでにデジタル化されていますので、手間をかけることなくすぐに審査に移ることができるのです。

 

各種書類も手元に用意しておきましょう。

 

必要になったケースに備えて収入証明書を持っていると安心です。

 

身分証明書はもちろんのこと、健康保険証給料明細もあると良いでしょう。金融機関によっては健康保険証や給料明細で勤めていることの確認が取れ、在籍確認による電話をパスすることができるからです。

 

 

本審査の中でも時間がかかってしまうのが在籍確認です。この作業を書類でパスすることができれば、時間を短縮できるでしょう。


 

必ずしもすべての金融機関がこのような対応をしているわけではありません。スピードキャッシング可能としている金融機関でも、在籍確認は必ず電話で行っているところもあります。急ぎであることを伝えて相談してみると、スピードキャッシングを実現するために協力してくれることもあります。

 

即日キャッシングの審査は甘くない!

スピードキャッシングを希望しているからといって、粗雑な審査が行われるわけではありません。仮審査に関してはスコアリングシステムを導入していれば、30分程度で結果を出すことができます。

 

スコアリングシステムとは申込者の属性や信用力に点数をつけ、一定の基準をクリアできたかどうかチェックする審査です。

 

この審査に通ることができないと、本審査、契約に繋がりません。申込書に不備があると、この仮審査の段階で時間がかかってしまうのです。

 

また、同時に複数の金融機関に申し込んだ場合も、スピードキャッシングができなくなる可能性があります。

 

金融機関は他社での申し込み状況も信用情報から知ることができます。もし複数の会社に申し込んでいた場合、他社の対応を確認してから結果を出すところもあるからです。

 

もう2つの金融機関がお互いにそのような反応をしていた場合、無駄に時間がかかってしまうことになります。スピードキャッシングを実現したいのであれば、無理に金利の低い会社を選ぶのではなく、確実に審査に通りそうな金融機関を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

低金利なローンほど厳しい審査を行いますので、申し込みをしても落ちてしまう可能性が高まります。特に他社に借り入れがあったり、クレジットカードのショッピング残高が高かったり、過去にカードローンやクレジットカード、携帯料金の延滞をしたことがある人は気を付けましょう。


 

こうした情報があるとスコアが下がってしまい、契約することが難しくなるのです。スピードキャッシングの審査もしっかりと行われますので、過度な期待をしていてはいけません。常日頃から信用取引は信用を失わないように利用しましょう。


×