長期借入金とは?わかりやすく説明!

MENU

長期借入金とは?わかりやすく説明!

借入金とは、キャッシングやカードローン、または住宅ローンなどを利用した際に借りたお金のことで、返済する義務のあるお金でもあります。その種類はいくつかあり、融資方法や返済期限などで分類することができます。

 

融資方法では、

  • 証書貸付
  • 手形貸付
  • 手形割引
  • 当座貸越

の4種類があります。

 

証書貸付は、金銭消費貸借契約書を金融機関に提出することで融資が受けられます。

 

手形貸付は、借入用手形を金融機関に提出することで融資が受けられます。

 

また、手形割引は、売上代金を手形で回収した際、その手形を金融機関が買い取り資金として融資する方法です。

 

当座貸越は、現段階で契約上融資できる金額(極度額)を設定することで、極度額までは自由に融資を受けられます。返済期限では、短期借入金と長期借入金に分類されます。

 

このうち、長期借入金は証書貸付で融資されることが多いですが、では長期借入金とは一体どのような借入金なのでしょうか?

 

借入金には2種類ある

借入金とは、返済期限によって「短期借入金」と「長期借入金」の2つに分類することができます。

 

短期借入金とは、返済期間が1年以内と短期に設定された借入金のことを指します。そのため、返済は一括払いで行われることが一般的です。

 

短期借入金の融資方法としては手形貸付によって行われることがほとんどです。手形貸付は、借用証書の代わりに手形を発行し、それを担保にして融資を受ける方法です。

 

この融資方法は信用取引の一つであるため、短期間で返済するこの借入金に利用されます。また、融資決定の基準についても、ある程度の信用力を持った個人・企業が利用できます。

 

個人が短期借入金を利用するケースとしては、住宅ローンなどでつなぎ融資(着工金や中間金の支払いなどで利用されることが多い)を受ける際に利用することがあります。住宅ローンのつなぎ融資として短期借入金を使用した場合には、住宅完成時に長期借入金に組み直して返済していくことになります。

 

長期借入金とは、返済期限が1年以上の長期に設定された借入金を指します。

 

証書(金銭消費貸借契約書)の必要事項を記入し、署名・捺印して銀行に提出することで融資が受けられます。短期借入金を受ける場合には必要ありませんが、長期借入金を受ける際には証書の提出と共に、連帯保証人を選出して署名・捺印してもらう必要があります。

 

長期借入金の場合は、返済期限が1年以上と長期になるため、借入額も大きくなることがほとんどです。返済中に、債務者に何らかの問題が起こり返済が行えなくなると、貸し付ける銀行は大きな損失を受けてしまいます。それを防ぐため債務者の代わりに返済してくれる連帯保証人を設定するのです。

 

長期借入金は証書貸付による融資が一般的で、この証書には融資金額の他、金利、返済方法などの情報も掲載されています。

 

長期借入菌は1年を超える

長期借入金とは1年を超えた返済期限となるため、数年間にわたり借入金を分割しながら返済していくことになります。証書貸付による長期借入金の使用目的としては、主に中・小企業や設立して間もない企業が、運転資金や設備資金として利用するケースが多いです。

 

中・小企業の場合、借入金を1年以内に一括払いで返済することは容易なことではありません。

 

また、設立して間もない企業においても、これから事業を拡大して利益を上げていかなければならないため、運転資金はとても大切です。短期借入金を選択してしまうと、運転資金としていたお金を返済に充てなければならないという事態に陥ってしまうこともあります。

 

事業が軌道に乗るにはある程度の期間が必要となるため、中・小企業にとっても、設立間もない企業にとっても、借入金を少しずつ返済しながら事業拡大にも取り組める長期借入金のほうが向いているでしょう。

 

長期借入金とは、いわゆる私達が知っているローンと同じものであり、返済期限を数年・数十年と長期間に設定できるため、短期借入金よりも多くの金額を借りることができます。

 

しかし、長期借入金と短期借入金のどちらが自分にとって有利になるのかが分からない方も多くいます。

 

そのような場合には、返済期間が1年を過ぎるか1年以内になるかによって、融資方法を決定するということもしばしばあります。このことを「ワンイヤールール」と呼ぶこともあります。

 

短期借入金には短期借入金の、長期借入金には長期借入金のメリット・デメリットがあるため、その点を考慮しながらどちらが適当かを判断すると良いでしょう。

 

では、長期借入金のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

長期借入金のメリット

長期借入金とは、中小企業にとってもとてもメリットがある融資方法と言えます。

 

@長期的に返済計画が立てられる
あらかじめ借入金の融資枠が決められており、そこから返済額や返済期間を決定します。そのため、計画的に返済を行っていくことができます。

 

A月々の返済額を低く設定できる
返済期間が長期間になることで、月々の返済金額を負担にならない程度まで下げることができ、安定した返済ができるようになります。

 

B多額の資金を月々の少額返済で手にできる
一括返済が基本の短期借入金と異なり、長期借入金とは返済期間を長期にすることで多額の資金を手にできる仕組みです。そのため、起業して間もない会社にとっては大きな運転資金を手にすることができ、それによって順調に事業を拡大させていくことができます。

 

事業が成功し会社の収益が上げることができれば、長期借入金を選んだことが成功だったと言えます。設備投資の目的においても同様で、工場などでは設備も大規模になることが多く、その資金を短期間でしかも一括で返済するのはほぼ不可能です。

 

たとえ返済できたとしても、その後の運転資金が無くなってしまう可能性があります。返済期間が長期に及んでも、その企業にとって可能となる返済額で返していくことが賢明であり、それができるところが長期借入金のメリットでもあるのです。

 

C銀行にとってもメリットがある
長期借入金とは証書貸付による融資となりますが、融資する際には貸付金利(金融機関が融資する際の金利)が長期間にわたり適用されることになるため、元金にかかる金利を返済期間中において得ることができます。

 

しかし、返済が長期間になるため、貸し付ける企業も返済能力・信用力のある企業でなければなりません。

 

長期借入金のデメリット

長期借入金とはメリットの多い融資方法ではありますが、メリットばかりではなく当然デメリットもあります。そのため、きちんとデメリットも把握した上で検討する必要があります。

 

@利息総額が増える
長期間にわたり返済するため、元金にかかる利息も高くなってしまいます。

 

例えば、2,000万円を1.5%の金利で借り入れた場合、短期(1年ピッタリ)で借り入れた際の利息は、2、000万円×1.5%=30万円となります。
一方、2,000万円を1.5%の金利を長期(20年間)で借り入れた場合、毎月の返済額は96,509円となります。この返済額を20年続けた場合の返済総額は、96,509円×12ヶ月×20年=2,316万2,160円となり、利息総額は316万2,160円となります。

 

短期借入金の場合は一括返済となるため金利は一切付きませんが、長期借入金では利息だけで300万円以上も多く支払うことになるのです。

 

A企業状態によっては返済が困難なる可能性も有り
長期借入金とは返済期間が長いため、今後の状況によっては返済が困難に陥る可能性も否定できません。長期借入金の審査基準は、過去の信用情報と現在の信用情報を基にして今後の返済能力を判断して合否を決定します。

 

そのため、返済期間中の債務能力はあくまで予測にしかすぎません。万が一、企業の実績が低下してしまえば返済も滞る可能性もあり、こうなると銀行も大きな影響を受けることになります。

 

 

従って、銀行にとってはメリットでもありますがそれと同じくらいリスクも伴うため、審査では信用力の高い企業でなければ融資をしない可能性も大いにあります。


 

このように、長期借入金とは多くのメリットもありますが、当然のことながらデメリットも存在します。そのため、両方をきちんと把握してから利用するかどうかを判断することが大切です。

 

長期借入金として利用するローン

長期借入金とは、私達に馴染のあるローンと同じものであり、そのローンは利用する用途によっていくつかの種類に分けられます。

 

ローンには、カードローンなどのように使い道を自由に設定できるものと、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどのように、用途が初めから設定されているものがあります。

 

長期借入金とは、住宅ローンなどのような用途が決まっているローンに利用されます。

 

このような個人ローンは、個人の返済能力に合わせて数年〜数十年かけて返済していくものであり、分割返済が基本となります。

 

一括返済を行う場合には短期借入金を選択することになりますし、そもそも一括返済が可能ならばわざわざ借金をする必要はないかもしれません。

 

住宅ローンは、一生に一度の買い物と言われる通り、数千万円をかけてマイホームとなる家を建てるわけです。サラリーマン家庭においては、数千万という金額を一括で支払うことはとても大変なことです。

 

ほとんどの家庭では、住宅ローンを利用して生活に負担が掛からないような返済額で、時間をかけて少しずつ返済していきます。借金をしなことに越したことはありませんが、夢の暮らしを実現するために住宅ローンを選択する方もいます。

 

企業においては、主に事業が軌道に乗るまでの運転資金や、事業を拡大して企業規模を大きくするための設備投資費として利用されることが多いです。

 

運転資金に関しては、融資を受けることで企業に長期的な収益が見込めると判断されると、長期借入金を受けることができます。また、売上が一時的に減少してしまい運転資金の補てんのために融資を受けたい場合、融資によってその後の売上が回復し維持できると判断されると、長期借入金が受けられます。

 

長期借入金とは、個人においては夢の暮らしの実現のため、企業においては安定した経営・事業拡大などをサポートするために、助け舟となってくれるでしょう。

 

9


×