日雇い派遣や単発バイトがキャッシングをする方法

MENU

日雇い派遣や単発バイトがキャッシングをする方法

日雇い派遣や単発バイトの人は、病気や怪我などをするとどうしても収入が無くなり生活が苦しくなってしまいます。普段からしっかり貯金をしている人は問題ないですが、貯金がまったくない人は知り合いなどにお金を借りるしかありません。

 

知り合いに頭を下げてまで借金をするのが嫌だというなら金融業者が扱うキャッシングを利用するといいでしょう。キャッシングならば担保や保証人を必要としないので、簡単な手続きでキャッシングができます。

 

しかし申し込めば誰でも融資を受けられるわけではなく審査に通る必要があります。ここでは日雇い派遣や単発バイトの人がキャッシングする方法や注意点を紹介しているので参考にしてください。

 

日払い派遣労働者が審査に通貨するには?

キャッシングの審査はどこの金融業者でも、返済能力があることを重視して審査をおこないます。返済能力があるか判断する方法として、毎月安定した収入があるかがとても重要になります。

 

毎月安定した収入がある人というと、正社員で毎月決まった給料をもらっている人と思う人もいますが、アルバイトでも毎月決まった収入があれば、十分安定した収入とみなされ返済能力があると判断されます。

 

それでは長期のアルバイトではなく、単発のアルバイトや日雇いの派遣の場合は安定した収入とみなされるでしょうか。

残念ながら日雇いの派遣や単発のアルバイトだけで生活している人は、確実に毎月決まった収入があるわけではないので、安定した収入とはみなされません。

 

なので職業欄に日払いの派遣労働と書くと、一発で審査に落とされてしまいます。

 

日払いの派遣労働者が審査に通るには、正直に日雇い労働者とは書かず、アルバイトや派遣社員と書くと審査に通過する確率も高くなります。

 

なぜ日雇いは審査に落ちてしまう?

なぜ日雇いや単発のアルバイトだと審査に落ちてしまうのか疑問に思う人もいることでしょう。確かに日雇い労働者の中には、ひと月に正社員と変わらないくらいの収入を得る人もいますが、日雇いだと病気や怪我をすると働けなくなり毎月の収入も少なくなってしまいます。

 

金融業者のキャッシングに申込める条件としては、20歳以上で安定した収入と返済能力を有する人となっている所が多いです。

 

日雇いだと安定した収入に当てはまらないことが審査に通らない原因でしょう。アルバイトやフリーターだと安定した収入があるといえるか疑問に持つ人もいますが、長期間働いていて毎月決まった収入があれば、収入が少なくても安定した収入と判断する業者も多いです。

 

たとえ日払いのアルバイトをしていても、同じ職場で長期間働いていれば安定した収入とみなされるので、その時は日払いアルバイトとは申し込み用紙には書かず、普通にアルバイトと書く方がいいでしょう。

11


×