夜間や土日・祝日にキャッシングですぐ融資を受ける方法

MENU

夜間や土日・祝日にキャッシングですぐ融資を受ける方法

どうしても急にまとまったお金が必要になることは、長い人生の間には何度かありますが、そんな時に限って貯金を使い果たしたばかりだったり、給料日がまだまだ先のこともあります。

 

知り合いに頭を下げて借りる方法もありますが、知り合い等には迷惑をかけたくないというならば金融業者が扱うキャッシングを利用するといいでしょう。

 

キャッシングならば連帯保証人を用意する必要がないので、比較的簡単な手続きで借入ができます。

 

しかし、夜間や土日にどうしてもお金が必要な時もあります。土日だと金融業者の店舗が休みのこともあるので困ってしまいます。ここでは夜間や土日にキャッシングする方法を詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

 

まず自動契約機が必須

夜間や土日にどうしてもまとまったお金が必要になることもありますが、そんな時は自動契約機が設置してある金融業者のキャッシングに申込むといいでしょう。

 

大手の消費者金融ならば自動契約機を全国に設置していることが多いので、大手の消費者金融を探すといいでしょう。

 

消費者金融の店舗はほとんどが夕方までしか営業していないので、即日融資の手続きを店舗でおこなう場合はその時間内に受付をする必要があります。銀行に振り込む即日融資の場合は、銀行が受付ている午後3時までに手続きを完了していないと、即日融資が受けられなくなります。

 

平日の昼間は仕事で忙しいので、消費者金融の店舗まで手続きに行けない人もいますが、自動契約機がある消費者金融ならば、夜でも営業しているので、仕事が終わってからでも十分手続きが間に合います。

 

ただし即日融資を受ける場合は、審査をおこなう時間もあるので、いくら自動契約機でも遅い時間となると審査が間に合わず、翌日の融資になってしまいます。

 

自動契約機の営業時間を調べておき、少し早めに手続きをするといいでしょう。

 

万が一審査に時間がかかっても即日融資を受けることができます。金融業者によって自動契約機の営業時間も違いますが、目安として21時以降は即日融資は難しいと考えた方がいいでしょう。

 

どうしても即日融資を受けたいならば21時前に手続きをすることをおすすめします。

 

新規契約者が夜間や土日に申し込む場合

キャッシングの新規契約者が夜間や土日に申込む場合は、自動契約機を利用することが多いです。自動契約機から申し込んでも、店舗やインターネットと同じように審査があるので気をつけてください。

 

運転免許証などの本人確認書類の他に、給与明細書や確定申告書などの所得証明書が必要になるケースもあるので、あらかじめ職場から取り寄せておくといいでしょう。必要書類が揃っていないと審査ができないので、夜間や土日にキャッシングすることができなくなります。

 

夜間や土日に申込む場合も受付時間があるので、申込む場合は受付時間をしっかり事前に確認しておくことが大事です。もし受付時間ギリギリに申し込んだ場合、審査が間に合わなくなり、結果的に融資も後日に回されてしまいます。

 

また自動契約機でキャッシングの手続きをスムーズに行うには、事前にインターネットで申込んでおく方法がおすすめです。

 

インターネットで申込んで予め審査を受けておけば、自動契約機で手続きをすることになっても手続きがスムーズに行え、待ち時間もなくなります。急いでいる時などは特にインターネットから申し込んでおき、自動契約機で手続きをする方法がおすすめです。

 

新規契約者は自動契約機だと操作に戸惑う人もいますが、自動契約機にインターホンがついているので、操作に迷ったらインターホンでスタッフに聞いてください。

 

夜間や土日の在籍確認

キャッシングに申込むとほとんどの金融業者で在籍確認をおこないます。なぜ在籍確認が必要かというと、まれに働いていないのにその職場で働いていると嘘の申告をする人がいるからです。

 

金融業者側としては、毎月決まった収入があることを前提にお金を貸すので、本当に働いていないと返済されない可能性があります。

 

在籍確認は審査をする上でもっとも大事な審査といえます。

在籍確認は申込用紙に書かれた職場に電話をかけて本人が本当に働いているか確認するものですが、夜間や土日だと職場に誰もいないので、電話をかけても確認のしようがありません。

 

土日や夜間に自動契約機からキャッシングの申し込みをした人は、在籍確認はどうなるのか気になる人も多いでしょう。金融業者によって対応が違うので、よく担当者に確認してから手続きをするといいでしょう。

 

在籍確認が取れるまで借入ができない金融業者もありますが、限度額を低くして在籍確認前にとりあえず借入ができる業者もあります。

 

他にも給与明細書社員証など、その職場で働いていることが証明できる書類を提出することで在籍確認の代わりとし、夜間や土日でも借入できる所もあります。

 

絶対に土日に借入ができるという保証はありませんが、金融業者の担当者にどうしても土日にお金が必要なことを言えば、柔軟に対応してくれる可能性もあるので、本人確認の電話があった時に即日融資希望と言ってみるといいでしょう。

 

契約者なら深夜や土日でもキャッシング出来る

キャッシングの契約手続きが済んでカードを発行してもらっている人なら、深夜や土日に関わらず、ATMからキャッシングができるので便利です。旅先であってもカードさえあればどこでもキャッシングができるので、どうしても旅先でお金が足りなくなった時は安心です。

 

できるだけコンビニなどの提携ATMが多い金融業者の方が便利です。

 

地方などにいくとなかなか提携のATMがないことも多いので、旅行に行く前はどこのATMが利用できるのかしっかり確認することが大事です。

 

ATMを頻繁に利用してキャッシングや返済をおこなう人は、ATM手数料がかからない所を利用するといいでしょう。

ATM手数料は少しの額でも使用回数が多いと、かなりの費用がかかってしまいます。

 

 

ポイントを貯めるとATM手数料が無料になるサービスをおこなう業者もあるので、そういう業者のキャッシングを利用するとお得です。


 

ネットキャッシングを利用している人もいますが、登録している銀行口座で利用できる時間が違うのでよく確認するといいでしょう。

 

24時間いつでも即時に振り込んでもらえるサービスの業者もあるので、急いでいる時はとても助かります。

 

業者によっては、平日の14時までに振り込みの手続きをしないとその日のうちに入金してもらえないこともあるので、急いでお金が必要な時は何時までに手続きするのかもよく確認することが大事です。


×