【学生キャッシング】学生特有の審査基準とは?

MENU

【学生キャッシング】学生特有の審査基準とは?

生活費が足りなくなってしまうのは、何も社会人だけとは限りません。大学生などでも仕送りやバイト代が足りず、生活に困ってしまうことだってあり得るでしょう。そんな時、社会人と同じようにキャッシングなどを利用できるか気になるところですが、結論から言えば利用できる金融業者も存在します。

 

基本的に20歳以上の成人で安定した収入を得ていることが条件となりますが、だからと言って安易に借金を行うのは危険です。学生は収入も十分とは言えないため、万が一返済ができないとなれば将来的な人生設計が狂ってしまうことだってあるのです。

 

親や友人に相談してもどうしようもない時など、やむを得ない場合だけ利用するようにしましょう。

 

また、学生ならではの注意点や制限などがあるケースも多いので、どのような内容になっているか知っておくといざという時に役立ちます。

 

学生でも申込めるキャッシングとは?

どうしてもお金が必要になった際に利用するキャッシングは、基本的に20歳以上の成人かつ安定した収入を継続的に見込める人のみ申し込み資格があるとされています。この条件だけ見れば、バイトなどで毎月一定の収入を得ている20歳以上の学生でも申し込み自体は可能だと言えます。

 

ただ、金融業者によっては申し込み資格がもっと厳しく設定されていることもあるので、よく確認する必要があります。

 

20歳以上という条件が設定されるのは銀行系のキャッシングサービスが多いですが、その場合は未成年の学生が申し込みを行ったとしても審査で断られてしまいます。銀行で審査を担当していた人によると、そもそも民法によって未成年者が何らかの契約行為を交わすこと自体が認められていません。

 

親の同意があれば認められることもありますが、仮に契約を交わしたとしてもその後親から契約取消しが訴えられれば契約は無効となります。これは貸したお金が回収できなくなることを意味しており、このようなリスクを避けるためにも未成年の申し込みは原則不可としている金融業者が多いのです。

 

一方で信金系のキャッシングサービスは18歳以上なら親の同意のもとでの申込みが可能となっており、実際に貸し付ける際に親権者が連帯保証人になる必要があります。

 

もし借りた学生が返済できないとなれば、保証人である親へ請求が行くことになります。また、学生でありながら安定収入があるということは、ある程度のバイトを行っていることになります。

 

銀行系や大手消費者金融系の場合はバイトをしていないと返済原資が無いと判断され、申し込みを行っても審査で断られてしまいます。

 

一部の銀行や信金系ではバイトをしていなくても申し込めるケースがあり、親から年間300万円以上仕送りなどの援助を貰っている場合などが該当します。

 

父親か母親の勤務先や年収を記入し、それを返済原資と見なして審査を進める金融業者もあります。仕送りが安定した収入に当たるのかと驚く人もいるでしょうが、実際学生の身では親からの仕送りのみで生活している人も大勢います。

 

実家から離れ、遠方で1人暮らしをしているような場合は仕送り額もかなりの金額になります。しかし仕送りはあくまでも仕送りであり、本人が稼いだ収入ではないため安定収入とは認められないことがほとんどです。

 

一部の金融業者は仕送りの額を参考情報として審査の材料にしていますが、これは収入というより返済するための能力に影響するといった理由からです。

 

その額によって利用できる上限額を決めることにもなるので、仕送りを受け取っていれば申し込み時にきちんと記入するようにしましょう。

 

未成年の場合は必ず親の同意を必要とされますが、20歳以上に達していれば原則親の同意は必要ないとされています。

 

申し込みの段階から全く不要としている金融業者もあれば、親の同意書を提出しなければ申し込めない業者もあります。同意書が必要ないケースでも、親と連絡が取れる電話番号は必ず確認されることになりますが、これは返済が遅れてしまった場合に備えてのことです。

 

滞納が続き、かつ利用者本人との連絡が付かない場合に親へ電話連絡が行くことがあります。万が一の事態の備えとして確認するだけなので、普段から親に対してキャッシングの利用状況などを連絡するわけではありません。

 

また、キャッシングと言えば連帯保証人というイメージがありますが、社会人が利用する場合は基本的には保証人不要となります。一方で利用するのが学生の場合はどうしても返済能力に不安が残ってしまうため、親を保証人として設定しなければならないこともあります。

 

設定の基準は各金融業者によって異なりますが、例えば20歳未満だったり安定収入が見込めない場合、300万円以上など高額のキャッシングを利用する場合などに連帯保証人を設定しなければならないことが多いです。どのような基準になっているかは、それぞれの業者に確認してみましょう。

 

学生だと審査基準が厳しくなる

キャッシングなどを利用するためには、申し込んだ後に行われる審査をクリアする必要があります。学生の場合はこの審査で断られるケースが多いとされていますが、それが事実かという前に審査で断られやすい基本的な基準を確認しておきましょう。

 

学生であるか否かに関わらず、過去に他の金融業者のキャッシングサービスやクレジットカードの利用に際して金融事故を起こしている場合は、審査を通過するのが非常に難しくなります。金融事故というのは、例えば長期間滞納を続けてしまったり自己破産などの債務整理を行った事実を指します。

 

返済すべき金額を2ヶ月以上延滞すると長期滞納となりますし、自己破産以外でも任意整理を行えば債務整理として判断されます。

 

金融事故とまではいかなくても、過去に返済を1ヶ月でも滞納した経験があったり、申し込みを行った以外の金融業者から既に多額の借り入れを行っている場合、申し込みと同時期に他の金融業者へもキャッシングの申し込みを行っている場合なども審査に通りにくくなってしまいます。

 

このように多数のキャッシングを利用していると、当然ですが新たな申し込みを行っても返済が非常に難しくなるのではないかと判断され、審査を落とされてしまうのです。

 

この他、月に1回を目安として安定した収入を得られていない場合、反社会的勢力の関係者だったり水商売や風俗業などに従事している場合などもマイナスポイントとなってしまいます。

 

例え安定収入を得ていたとしても、その勤務先で働いている期間が短かったり住宅ローンの債務額が大きい場合なども要注意となります。また、審査では最後に在籍確認が行われることが多いのですが、その確認がうまくできなかった場合もまず審査を通過することはできません。

 

これらの大まかな基準はだいたいどの金融業者でも共通しているものですが、細かい内容やボーダーラインなどはそれぞれの業者ごとに異なっています。

 

例えば、金融事故にもなり兼ねない返済の滞納については、ある金融業者は返済期限を1日でも過ぎたら即滞納と見なすのに対し、数日間は猶予があって滞納扱いされない業者もあります。ちなみに

 

細かな基準がどうなっているかは公開されていないので、明確に知ることはできません。

 

これらの基準が学生の申込者に対しては厳しく適用されるのかという疑問についてですが、実際学生の場合は社会人に対するよりも厳しくなる傾向があります。

 

例えば、学生本人には問題が無くても、いざという時に返済を行うべき親が金融事故を起こしていると審査で断る金融業者もあります。一般的には本人以外の事故が影響することなど無いのですが、中にはこのように厳しく判断する業者もいると覚えておきましょう。

 

また、学生で他のキャッシングを利用していたり、過去1年間に他のカードローンやクレジットカードの支払いを1週間以上滞納していれば、その時点で断られてしまいます。安定収入の金額についても、最低ラインで月5万円以上と定めている業者も多く、学生としてはハードルが高いと言えます。

 

審査の基本となる在籍確認ですが、これは学生でも社会人でも関係なく行われるものです。

 

本人が申告した勤務先に間違いなく勤務し、安定した収入を得ているかを確認するための重要な作業となるので学生だからと言って免除されるものではありません。

 

もし申し込みの段階で勤務先に嘘を記入していれば、当然収入額も勤続年数も嘘ということになるため断られてしまいます。在籍確認は審査の担当者がアルバイト先などに電話連絡して直接確認する方法や、給与明細や社員証のような勤務の実態を証明できる書類を提出する方法などがあります。

 

ほとんどの金融業者が担当者の電話連絡で確認していますが、利用金額が低い場合などは書類の提出で済むこともあります。アルバイトの場合は正式な給与明細が発行されないこともありますが、その場合は受取口座の通帳をコピーするなど各金融業者によって対応は異なります。

 

学生でも審査を有利に進めるには?

上述してきたように、安定収入も少なく返済原資が頼りない学生の場合は審査がどうしても厳しくなってしまいます。それでもキャッシングサービスに頼らざるを得ない学生もいるため、何とか審査を有利に進めるポイントを知っておく必要があります。

 

もちろん有利になるというだけで確実に審査を通過できると確約できるわけではありませんが、何も対策をしていないよりは余程良いので、しっかり準備しておくようにしましょう。

 

まず挙げられるのは、遠方で1人暮らしをしている学生よりも実家で家族と一緒に生活している学生の方が有利ということです。

 

実家で暮らしているということは、いざという時にもそうそう連絡が付かなくなることがありません。一人暮らしと比べて所在確認がしやすくなり、それだけリスクが回避できると判断されるため審査においてプラスポイントになってくれます。

 

ただ、実家ならどんな所でも構わないという訳ではありません。

引越しで間もなかったりすると、生活の基盤などの実績が薄いと見なされてあまりプラスに働かないこともあります。ずっとその家で生活していることや、両親が実家の住宅ローンを完済しているなど複数の好条件が重なれば、より一層有利となります。

 

特に住宅ローンを完済しているというのはポイントで、その分家計への負担も少なく親が返済を肩代わりしやすいですし、不動産資産を持っているため返済原資としても確保できるなど様々なメリットがあります。また、実家暮らしということは親が主な生活費を負担しているということになり、家賃や食費などの支出があまり無く返済に回せる金額が多いと判断されるため、審査でも有利だと言えます。

 

この他のポイントとしては、勤続年数の長さも重要です。長く同じバイトを続けているということは、継続した収入を今後も見込めるという判断材料になりますし、きちんと働き続けられる人間性をアピールすることにも繋がります。

 

キャッシングサービスの利用が初めてや契約件数が非常に少ないという場合も有利ですが、これは過去の利用内容によるマイナス評価を避けられるという部分が大きいです。

 

旅行のためだったり資格取得を目指した教育資金など、キャッシングを利用する目的が健全で具体的に示されている場合も好評価ですし、就職先が内定している卒業間近の学生、親が十分な収入を安定して得ている場合なども審査で断られるリスクを軽減することができます。

 

逆にどんな学生だと審査で不利になってしまうのかというと、第一に留年した経験のある人が挙げられます。

 

やむを得ない事情で留年してしまった人もいるでしょうが、留年したという事実は責任感や誠実さの欠如と見なされてしまうこともあるのです。さらにスマホ代や家賃、光熱費など公共料金の支払いを滞納してしまった人も社会人の場合と同じく審査通過が難しいと言えます。

 

キャッシングやローンでは、申し込みがあった際に金融業者が個人信用情報というものを調べます。

 

これは金融関係の取引を記録した情報のことで、申込者が過去に起こした金融事故の有無や他の業者からの借り入れ状況などを確認することができます。

 

審査を通過できるか否かはこの信用情報に左右されると言っても過言ではないのですが、過去にクレジットカードやキャッシングの申し込みすらしたことが無い人や、スマホを分割購入したことが無い人、大学の奨学金を利用したことが無い人などは信用情報が存在しないこともあります。

 

このようにローン関係の情報が一切残っていない人はスーパーホワイトなどと呼ばれることがあるのですが、審査材料となる情報が不足しているとも言えるため、スーパーホワイトは審査が不利になると考えられています。

 

実際は社会人の場合は不利になる可能性もありますが、学生であれば全く問題にされないことがほとんどです。学生は基本的にローンとは無縁の生活であることが多く、むしろスーパーホワイトである方が審査では好評価に繋がります。

 

学生はいくらくらい借りれる?

審査を無事に通過できたとしても、自分が希望する通り自由にキャッシングを使えるというわけではありません。学生に限らず、キャッシングの利用には必ず利用可能な上限額というものが設定されています。

 

一般的にこの上限額は利用者の収入や勤続年数、他の借り入れ状況など様々な情報を総合的に判断して決定されるので、一概にいくらとは言えません。

 

社会的信用があったり、収入額が高く勤続年数も長い人などであれば数百万円借りることもできますが、いずれの条件も満たしているとは言い難い学生の場合、いくら利用できるのか気になる人も多いでしょう。

 

学生に設定している利用限度額については、それぞれの金融業者で幅があります。

ある銀行は10万円から30万円となっていますし、他の銀行では10万円から50万円とされています。銀行としては珍しく、20万円から70万円と比較的高い金額まで借りることができるところもありますが、その分審査が厳しくなっているので注意が必要です。

 

銀行と比べて審査が若干緩いとされている信金では、10万円から40万円と銀行と遜色ないところもあれば10万円から15万円とかなり低い金額しか利用できないところもあります。

 

学生は実家暮らしか一人暮らしか、アルバイトをしているか否かなど様々な条件によって利用限度額も細々と変わってきます。そこで、具体例を挙げてどんなパターンの時にいくらの限度額が設定されるのかを見てみましょう。

 

まず、20歳で両親と実家で同居しており、月収10万円のアルバイトを1年間続けている学生で考えてみます。給与形態は時給制で、実家住まいなので家賃負担もありません。実家には10年以上住んでおり、他社からの借り入れは他に無いと仮定します。

 

この場合、キャッシングとして利用できる限度額は10万円から高いところで70万円までと算出されます。各金融業者の学生向けの上限額なども影響しますが、概ねどの業者も上限まで貸してくれることになります。つまりそれだけ条件が良く、安心してお金を貸せる相手だと判断されたということです。

 

次に、先ほどと全く同じ条件の学生で、

 

月収だけが半分の5万円だった場合はどうなるでしょう。

 

この場合、他の条件は何も変わらないのに利用限度額は10万円から30万円と一気に半分ほどに減ってしまいます。収入が低くなればそれだけ返済能力も低いと判断されるため、当然と言えば当然ですが、いかに収入額が限度額に影響を与えるかが分かります。

 

1人暮らしの学生の場合を考えてみると、さらにその違いが顕著になります。

 

20歳で実家から離れて一人暮らしをしており、月収10万円のアルバイトを1年間続けています。その物件に住み始めて2年経過で家賃負担は5万円、他社からの借り入れは無く親からの仕送りが月に7万円あるとします。

 

この場合、10万円から50万円までの利用限度額が設定されることが多いです。家賃負担はありますが、アルバイト代と仕送りを合わせて17万円もの返済原資があるため、実家暮らしで月収5万円のケースよりも限度額が高くなっています。

 

ところが同じ条件で月収が5万円に半減すると、限度額どころか審査落ちしてしまう可能性が出てきますし、審査に通過できても20万円程度しか利用できない契約になるケースが多いです。

 

1人暮らしの場合は家賃負担が非常に大きなポイントとなり、月収が5万円あったとしてもそれが家賃で全て消えてしまうため、審査でマイナス評価となってしまう可能性が高くなるのです。

 

また、毎月最低限返済しなければならない金額は利用限度額の高さに応じて変化するのですが、経済状況から見てそれが無理なく返済できる金額かどうかも、利用限度額を決定する際のポイントになります。

 

基本的に学生の場合は低めの利用限度額から始めるという金融業者が多く、借り入れと返済を繰り返して実績を積んでいけば、金融業者からの信頼を得て利用限度額を徐々にアップしてもらえる可能性もあります。

 

学生でもクレジットカードでキャッシング出来る?

学生の場合は、一般的な消費者金融や銀行などのキャッシングを利用するのは難しいことも多いです。基本的にこれらの金融業者は社会人をターゲットとしてサービスの内容などを決めていることもあり、学生にとってはなかなか利用し辛い部分もあります。

 

そんな場合に次の選択肢として考えられるのが、クレジットカードに付加されたキャッシング機能を活用するという方法です。クレジットカードなら学生であっても申し込めるものは多いですし、そこにキャッシング枠を設定すれば一般的なキャッシングと同じようにお金を借りることができます。

 

もちろんクレジットカード会社が定めた範囲内での利用にはなりますが、一般的な消費者金融などのキャッシングよりはハードルが低いとも言えます。

 

コンビニのATMで利用できるものも多く、利便性でも何ら問題はありません。もちろん全てのクレジットカードが学生でもキャッシング枠を付加できるというわけではなく、それぞれの会社ごとに条件などが設定されているので、それさえクリアできればキャッシングを利用できることになります。

 

20歳以上の学生であればキャッシング枠を付けられる会社が多いのですが、未成年の学生の場合はそもそも付加できなかったり、できても親の同意が必須とされていることが多いので注意が必要です。

 

代表的なクレジットカード会社を見てみると、JCBや三井住友カード、クレディセゾンなどの場合は未成年でも20歳以上でもキャッシング枠を付けられますが、未成年の場合のみ親の同意が必要です。

 

ジャックスやUCカードはどちらもキャッシング不可となっており、三菱UFJニコスや楽天カード、オリコカードは未成年の場合は不可で20歳以上なら可とされています。

 

飛行機をよく利用する人はJALカードやANAカードを持っていることも多いでしょうが、どちらも学生のキャッシング枠を付けることができます。

 

セディナカードは可とも不可とも言えず、申し込みの内容次第で審査が異なるので何とも言えません。

 

クレジットカードに付加されているキャッシング機能だと、ショッピング機能とどう違うのか分からない人も多いでしょう。

 

簡単に言えば、ショッピングではそもそもクレジットカードの利用に対応した店舗やサービスでしか利用できませんが、キャッシングを利用すれば現金をすぐに受け取れ、それをどの店舗でも自由に使えるという違いがあります。

 

また、ショッピング機能は商品などをその場で受け取って支払いを後日行うことになりますが、キャッシングはまずお金を借りてから目的のものに利用するということが言えます。つまり、急な飲み会などで現金が必要になった場合は、すぐにお金を準備できるキャッシング機能が役立つということです。

 

非常に便利なサービスなのですが、学生の場合は付加が認められた場合でも最大で10万円程しか利用できません。一般的なキャッシングの場合は利用実績を積んでいけば少しずつ利用限度額が高くなっていくものですが、クレジットカードに付加されている場合は10万円以上になることは滅多にあり得ません。

 

また、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額というものも設定されており、それぞれの限度額に注意しておかないと予定通りに利用できないこともあるので注意が必要です。

 

このように、クレジットカードのキャッシングは一般的なものとは異なるシステムになっているため、利用する場合はよく内容を知っておくようにしましょう。

 

 

クレジットカード会社の中には、別途特別な審査を行わなくても学生にキャッシング機能を設置できるものがいくつもあります。未成年でも付加できるのはありがたいものですが、その場合は必ず親の同意が必要となるのできちんと話をしておくことが大切です。


 

キャッシング枠の利用限度額が低いと感じる人もいるでしょうが、クレジットカードを作る際の審査で金額は決められるので納得したうえで利用しましょう。


×