キャッシングの仮審査の信憑性

MENU

キャッシングの仮審査の信憑性

キャッシングの申込みをするために、消費者金融のホームページを見てみると、数秒で借入可能かどうかを診断する、仮審査というものがあります。名称は業者によって異なりますが、正式な申込みの前に、お金を借りる事が出来るかどうかというのを、事前に審査してくれるので、大変便利です。ですが、

 

仮審査とはなぜ数秒で、借入可能かどうかを、判断する事が出来るのでしょうか。

 

審査の通りやすさを、どのような客観的データに基づいて判断しているのかを知っておけば、キャッシングの申込みをする時に、「もしかしたら審査が下りないかもしれない」という不安を取り除く事が出来ます。

 

仮審査が、一体どのようなものなのかというのを、きちんと理解しておきましょう。

 

仮審査はやっぱり「仮」

仮審査とは、あくまでも「仮」であり、借入れが出来るかどうかの診断になりますので、ここでいくら借りる事が出来るのかという所までは解りません。ですので、インターネット上でキャッシングの仮審査をして、融資可能となったとしても、その後に、改めて正式な申込み手続きが必要となります。

 

実際に消費者金融のホームページをチェックしても、注意事項として、「診断結果は簡易的なものとなり、実際の申込みでは、より詳細なお客様情報に基づいて審査を致します」や「仮審査では、借入れをご検討される際の目安であって、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります」といった事が書かれています。

 

つまり、キャッシングの仮審査は、最も基本的な要素を調べて、申込者にお金を貸しても良いかどうかというのを診断するものになりますので、ある意味シュミレーションに近いと言えます。仮審査を通過しても、本審査で落ちる場合もあります。

 

また、申込者の年齢や勤続年数、年収から融資可能かどうかを、機械的に判断するため、仮審査はスピーディに結果を出す事が可能です。

 

申込年齢に達していなかったり、収入が少ない、勤続年数が短い、他社からの借入が多い場合には、仮審査でも落とされる可能性があります。

 

ですので、申込みをする前から、何かしらの不安要素を抱えている人は、取り敢えず融資可能なのかどうかをチェックするという意味で、仮審査を活用すると良いでしょう。

 

キャッシングの仮審査は、してもしなくても、正式なお申込みをしなくてはいけません。

 

何もしないで本審査をいきなり受けるというのは、なかなか勇気がいります。仮審査で基本的な情報を入れて、診断をする事で、融資可能だと判断されれば、不安も少し解消する事が出来ます。

 

受験で本命の入試に臨む前に、模試で自分のレベルを知っておけば、安心して受験に臨む事が出来るというのと、同じ感覚だと言えます。

 

ですが、気を付けなくてはいけないのが、仮審査はやはり「仮」であるという事です。たとえ、融資可能だという結果をもらっても、それは絶対に本審査が受かるという意味ではありません。やはり、本審査を受けた際に、借入する事が出来ず、審査に落とされてしまう事もあります。

 

本審査には、職場の在籍確認があったり、審査基準が消費者金融によって異なります。

 

また、機械ではなく人間の手によって審査が行われますので、確認事項が沢山ある場合などは、それだけ時間が掛かるという事を知っておきましょう。そうすれば、慌てずに落ち着いて申込みをする事が出来るでしょう。

 

借入診断がどのくらい正確なのか

申込者の気持ちとしては、仮審査があくまでも「仮」であったとしても、その結果にはある程度の重みを感じるのは当然です。ですので、キャッシングの仮審査が、どれくらい正確なのか、その精度をきちんと知っておきましょう。

 

ご挨拶代わりに融資可能だと言われて、実際に申込みをしてみたら、簡単に落とされてしまったとなっては、無駄な労力にしかなりません。

 

仮審査の申込画面は、非常にシンプルで、自分の誕生月の情報(西暦と月)、性別と独身か既婚かどうか、そして他社のお借入状況は何件あって、合計でいくらなのか、年収はいくらなのかといった情報しか問われません。場合によっては、年収を聞かれずに、入力項目が3項目程度しかない消費者金融もあるでしょう。

 

正直に言いますと、これだけの少ない情報では、正しい審査が出来るとは到底言えません。また、これだけの入力項目で誰もが審査に通ったら、色んな人がお金を借りる事が出来てしまうでしょう。そして、他社借入状況を調べる事で、申込者が今、どれくらいの借金を抱えているのかというのを調べる事が出来ます。

 

ですが、年収が解らなければ、総量規制の3分の1に当てはまるのかどうかというのを、チェックする事が出来ません。

 

キャッシング審査では、最も重要とも言える総量規制のチェックが出来ない仮審査があった場合には、この審査は行う意味があるのかどうかと疑っても良いでしょう。また、年収を聞かれた場合にも、他社借入状況を確認する事で、一見して総量規制のチェックが仮審査でされているようにも思えます。

 

ところが、申込者の実際の総借入残高を調べるためには、指定信用情報機関のデータを閲覧する必要があります。

 

しかし、指定信用情報機関のデータは、生年月日や年収、借入残高だけでは個人を特定する事が出来ないため、名前や住所の入力がない仮審査の段階では到底チェックする事が出来ません。どこの誰だか分からない人物の借入情報を調べる事は出来ませんので、無料の星占いをするようなものだと言えます。

 

仮審査は、あくまでも一般的に、この年齢で、これくらいの年収があって、他社借入状況がこれくらいであれば、融資可能かどうかというのを、客観的に機械のシュミレーションで判断するものであり、本審査とは全く細かさが異なります。

 

ですので、本審査の際に、きちんと審査通過させたい場合には、正しい情報を入力して、年収や勤務先、勤続年数や借入状況など嘘を記載しないようにしましょう。偽りの申告は、消費者金融側の信頼を失う事になりかねませんので、気を付けて下さい。

 

12


×