キャッシング審査に通らない人のためのマル秘テクニックを公開!

MENU

キャッシング審査に通らない人のためのマル秘テクニックを公開!

キャッシング審査に通らない時に使えるマル秘テクニックは、意外とたくさんあります。それも、すぐに審査に通るようになるものが多いです。

 

ここで紹介するテクニックは、審査に通りやすくするためのものですが、なるべく申込みをする前に実践するようにしましょう。申込みをすると、信用情報に記録が残るので、いくらマル秘テクニックを実践しても、信用情報が原因で通りにくくなってしまうからです。

 

申込みの記録はおよそ6ヵ月間で消えますが、すぐにお金を借りたい人にとっては痛手でしょう。

 

キャッシングの審査に通らない人が一番注意をしておくべきなのは、それ以上属性を悪くしないことです。

 

信用情報は一定の期間が過ぎるまでは絶対に消えない記録となってしまうので、延滞や申込みのしすぎには注意をしておきましょう。

 

今ある借金を少しでも減らす

 

キャッシングの審査に通らない人の多くは、他社から借金をしています。

 

そんな時に、知ってはいるけど意外と実践する人が少ないのが、「1万円でも多く返済をする」ということです。借金が1万円程度減ったところでたいして変わらないと考える人が多いですが、実はそれなりに効果があります。

 

借入総額が1万円くらい減ったところで、それ自体はたいした影響はないかもしれません。しかし、真面目に返済を始めたことで、良いイメージをもたれる可能性が高いです。

 

それまでは4,000円ずつしか返済をしていなかった人が、いきなり1万円を返済したら、本気で完済をしようと努力を始めたと考えるかもしれません。借入をしている会社からの信用が上がって、増枠をしてもらえる可能性も上がります。

 

 

キャッシングの審査に申し込む前に、少しでも借入総額を減らすという考え方は重要です。

 

不用品の売却などをして、少しでも現金を増やして、返済に回しましょう。複数の借金がある人は、できるだけまとめることも重要です。

 

1社から限度額50万円のカードローンを契約していて、そのうち30万円を借りており、もう1社からは限度額30万円のうち20万円を借りていたなら、1社は解約をして、1社で50万円を借りている状態にすることもできます。

 

借入件数は少ないほうが有利ですので、借入総額は同じでも、2社から借りている状態から1社から借りている状態にできれば、審査に通りやすくなります。

 

借入希望金額をできるだけ小さくして申し込む

意外と知られていませんが、キャッシングでは借入希望額を小さくしたほうが有利になります。

 

 

審査に通らないという人は、借入希望額を大きくしすぎていないか、チェックをしてみましょう。

 

キャッシングの情報サイトなどを見ていると、「借入希望額は大きく書いても、金融機関が調整してくれるので問題はない」などと解説をしているサイトもあります。たしかに、そのような金融機関もあるでしょうが、多くの金融機関では、無理のある金額を希望している人は信用しない傾向があります。

 

例えば、年収が300万円なのに、借入希望額を200万円と記載している人は、「こんなにたくさん借りてどうやって返済するつもりなのか」「無責任な人なのかもしれない」という不安を持たれてしまいやすくなります。

 

キャッシングの世界では、破綻をしている利用者の行動パターンの統計なども取られています。

 

そのデータによると、申込みの時に借入希望金額を大きめに書く人は、延滞をしたり、返済困難に陥ったり、トラブルになりやすいということがわかっています。

 

自分の年収に対して、無理な金額を借りようとする人はトラブルになりやすいということは、統計に頼らなくても、感覚的に納得ができるでしょう。

 

これまで「30万円を借りたいけど、審査で調整してくれるだろうから、100万円と書いておこう」などと考えて申込みをしていた人は、それが審査に通らない理由になっていたのかもしれません。


×