家族にバレないでキャッシングする方法

MENU

家族にバレないでキャッシングする方法

お金はいつ必要になるかわからないので、いつもしっかり蓄えておくことが大事です。しかしいろんな諸事情でお金が蓄えられない時もあります。そんな時は金融業者が扱うキャッシングを利用するといいでしょう。

 

キャッシングならば担保や保証人を必要としないので、誰にも迷惑をかけずに自分の責任で借金ができます。しかし家族にはキャッシングをしていることをどうしても知られてしまうのが嫌だという人もいます。

 

ここでは家族にバレないキャッシングの方法を詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

 

家族にキャッシングがバレるのはなぜ?

金融業者が扱うキャッシングは、連帯保証人をたてる必要がなく安定した収入さえあれば誰でも簡単に申し込めるので人気があります。契約した本人以外に連絡がいくことはありませんが、それでもまれに家族にキャッシングに申込んだことがバレるケースもあります。

 

家族にキャッシングがバレる原因としては、本人への電話確認で自宅の電話番号を申し込み用紙に書いた時です。

 

もちろん消費者金融などの業者名を名乗ることはなく担当者の個人名で電話をかけてきますが、それでも知らない人からの電話だと家族は怪しいと疑うこともあります。

 

電話番号は自宅の電話番号をかかず、自分の携帯電話の番号を書くといいでしょう。

 

携帯電話番号を書いていないと、審査が不利になると考える人もいますが、最近は携帯電話だけの人も多いので審査に影響はでません。

 

携帯電話を持ってなくて、自宅の電話番号を書くしかない時は、家族が出かけている時間帯に本人確認の電話をかけてもらうといいでしょう。

 

他に家族にキャッシングがバレる原因としては、契約書類やカードの郵送を自宅にした場合が考えられます。

 

送り先は金融業者とはわからないように送ってきますが、それでも家族が怪しいと思い書類を開けてしまうこともあります。そうならないためには、郵送をなくしてもらうといいでしょう。

 

 

WEB完結ならば郵送がないので家族にバレないキャッシングができます。


 

自動契約機と使う

金融業者によっては自動契約機を設置している所もあります。自動契約機ならば店舗よりも営業時間が長いので、平日の昼間は店舗で手続きができない人でも利用しやすいです。土日や祝日も営業しているので休日にどうしてもお金が必要になった時はとても助かります。

 

自動契約機を賢く利用することで、家族にバレないキャッシングをおこなえます。

 

自動契約機なら審査を通過すれば、その場で契約書類を作成して、カードを発行してくれるので、家族にバレないキャッシングが可能です。

 

自動契約機を賢く使う方法としては、先にインターネットで申込み審査を受けておくことです。審査に通過すれば待ち時間なく手続きがおこなえます。自動契約機を土日に利用する場合は、土日は会社が休みなことが多いので職場へ電話をかける在籍確認が難しくなります。

 

そんな時は給与明細書や確定申告書など、その職場で働いていることが証明できる書類を提出することで、在籍確認の代わりにすることができます。

 

ただしすべての金融業者がその方法を認めているわけではないので、よく担当者に確認するといいでしょう。

 

利用明細などが自宅に郵送されると家族にキャッシングがバレる可能性が高くなりますが、金融業者によっては郵送物を停止できる所もあるので、家族にバレないキャッシング方法として郵送物を停止してもらうといいでしょう。

7


×