即日融資をするなら審査をスムーズにするコツを知る

MENU

今日中にお金を借りる為に

即日融資を受ける方法はいくらでもあります。
しかし、そのための要点をついていなければ今日中にお金を借りることができません。

 

  1. 申し込みをする
  2. 審査がある
  3. 契約をする
  4. 融資が行われる

 

これが簡潔な流れです。
ここでは審査をスムーズにするコツについて焦点を絞ってみましょう!

 

「審査に時間がかかる」とは

消費者金融などキャッシングの公式ホームページを見てみると最短○○分という記述があります。
そして小さく記述されている言葉、それこそが気になるでしょう。

 

審査状況によってはお時間がかかってしまう場合があります。

 

審査に時間がかかるというはどういう場合でしょうか?
即日融資を希望するときにはその時間こそが勝負です。
どのような状況で審査が長引くのかをチェックしてみましょう。

 

過去の信用情報に問題がある

審査では「信用力」こそ重要な項目です。
過去の債務情報を個人信用情報機関に照会して確認し、トラブルがあった場合にはその程度を確認するなど時間がかかります。
信用情報に異動情報(ブラック)があれば、逆に「否決」という早い結果が出ます。

 

他社からの借り入れ金額が多い

消費者金融には総量規制があるために他社からの借り入れ総額を含めて年収の3分の1までという上限があります。
そのため、他社からの借り入れ金額が多い場合には、総量規制に抵触することのないように慎重に融資限度額の決定が行われています。

 

申込書に不明瞭な点がある

インターネットで申し込みをする、自動契約機、電話、郵送など、実際に担当者と面談をすることなく手続きが完結しています。
そのため申込書こそ、申込者の詳細を知る重要な情報源です。
そこに不意明瞭な点があれば折り返しの電話などで確認作業があります。

 

連絡がつかない

審査結果がわかっても連絡がつかない状況であれば「審査結果を伝える方法がない」ことになります。
その場合には郵送で結果を通知するため即日融資はできません。

 

申込書を慎重に記入する

申込書に記入した項目をそのまま鵜呑みにすることはありません。
しかし、顔を合わせずに契約をする、そのために申込書に記入されている情報が大切な源となります。

 

・空欄を残す
・読み取れない文字
・あいまいな情報

 

この3点には気をつけなくてはなりません。
消費者金融の審査で不明瞭な点をそのままにすることはありません。
また即否決とすることもありません。

 

電話やメールなどで、不明点の確認が行われます。
時間がかかることは明白です。

 

連絡先を確実なものにする

実は多い「時間がかかる理由」として連絡がつかないことがあります。
審査結果の連絡方法は電話、もしくはメールです。
連絡がつかなければ審査結果を伝える方法がありません。

 

だからといって放置することはありませんが、審査結果は申込書に記入した自宅住所宛に郵送で知らされることとなります。

 

当然、時間がかかり即日融資はできません。

 

・記入した電話番号とメールアドレスの確認
・メールアドレスの受信設定

 

2つの項目を確認し、間違いなく審査結果が受け取れる状況にしましょう!