キャッシングの増額審査の時間はどのくらいかかる?

MENU

キャッシングの増額審査の時間はどのくらいかかる?

キャッシングの増額を考えているけれど、審査にかかる時間について知りたいという人もいるかもしれません。新規契約をした後でもカードの限度額が増額できることがあるため、しっかりチェックしておくと良いでしょう。

 

限度額を増やすためにはキャッシングの初回契約と同じように来店やインターネットで申し込む必要があります。

 

キャッシングの増額審査にはいくつかの方法がありますが、最短5分で終わる方法誰とも話すことなく手続きができる方法があります。急にキャッシングの限度額を増やしたい時でもきちんと方法を知っておけば困ってしまうことはないでしょう。

 

増額の審査にかかる時間は会社ごとに異なる

増額の審査にかかる時間は、キャッシング会社によって異なっているということはあらかじめ把握しておくとよいでしょう。利用する側から見ると、キャッシング業者はどこでも同じようなサービスを提供しているように感じられるかもしれません。しかし、キャッシング業者ごとに提供しているサービスが異なっていますし、その内容や対応力なども異なります。

 

お金を借りる方法としては、銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシング、消費者金融を利用する方法などがあります。

 

ちなみに、銀行カードローンというのは消費者金融の部類になるため、同じものと考えても問題ありません。

 

一口にキャッシング業者といっても会社ごとに審査内容や審査にかかる時間が異なっていますし、増額の審査についても得意な会社と不得意な会社があります。

 

最近では担当者から増額の案内の電話がかかってくることもありますし、書類のやり取りだけで手続きができることも多いです。クレジットカード会社はショッピング枠の販売が主流であり、増額についてはあまり得意ではないとされています。

 

クレジットカードのショッピング枠を利用している場合、利用明細書と一緒に増額についても案内状が入っていることがあります。

 

消費者金融はスピード審査や即日融資などを特徴としており、増額の案内も頻繁にあるでしょう。希望があれば電話だけで手続きを済ませる事も可能で、最短5分程度で審査が完了します。

 

キャッシング業者ごとに増額の審査にかかってくる時間や連絡されるタイミング、手続きなどが異なってくるため、事前にしっかり確認してから申し込むと良いでしょう。すぐにお金が必要なこともあるでしょうし、手間が少なくすぐに手続きのできる方法を選ぶのがおすすめです。

 

ちなみに、最近ではインターネット上で増額の申し込みができるキャッシング業者なども多くなっています。

 

インターネット上で申し込む場合、会員ページからログインして行うことになるでしょう。ログインをして対象となっている場合は手続きを行えるようになっています。システム化されているので簡単に申し込めることがポイントです。

 

即日で増額の手続きを完了することは出来る?

キャッシングの増額を考えているけれど、審査にどのくらいの時間がかかってくるのかよく分からないという人もいるでしょう。また、即日で増額の手続きが完了するのか気になっている人もいるかもしれません。

 

審査にかかってくる時間はキャッシング業者によって異なっていますが、即日で手続きを完了させることができます。

ちなみに、インターネット上で手続きをする場合は数分程度で完了できることもありますので、手軽に申し込みたい人におすすめです。

 

もちろんインターネット以外の方法で申し込むこともできますし、最近では電話で手続きをしたいという人も多くなっています。

 

増額のためには収入証明が必要となることもあるので注意しましょう。

 

これは法律で決められているためなのですが、場合によっては収入証明が不要となることもあります。どのような場合に収入証明が不要になるのかということですが、まずは限度額が50万円以内となっている場合が挙げられます。

 

また、消費者金融とクレジットカードのショッピングの利用が100万円以内の場合は収入証明の提出が不要となるため、スムーズに手続きを完了させることができるでしょう。

 

消費者金融や銀行ローンの場合、限度額が50万円以下なら10万円単位で増額できることが多くなっています。

 

増額を考えている場合、利用しているキャッシング業者に連絡をする必要があります。限度額を増やすための手続きが複雑だったら困るという人もいるかもしれません。手続きの方法はキャッシング業者ごとに異なっていますが、場合によっては希望を伝えて電話するだけですぐに完了することもあります。

 

即日で完了できることはもちろん、早ければ5分もかからないこともあります。

 

電話で手続きを行う場合、電話が終わったら契約の変更が完了するため、そのまますぐにATMで利用することができます。

 

電話の変更の手続きは消費者金融が得意としていたことだったのですが、最近では銀行カードローンも消費者金融と同じように電話での対応を行っているところが多いです。

 

そのため銀行カードローンでも簡単に手続きを行えるようになったと言えるでしょう。

 

収入証明が必要なケース

消費者金融で増額をしてもらう場合、総額の借入額が100万円を超えたら収入証明書が必要となります。これは貸金業法によって定められており、どの業者でキャッシングを利用した場合でも同じです。銀行カードローンは銀行法の中で営業をしており、収入証明書が必要となる金額が銀行ごとに異なっています。

 

限度額200万以上の契約時に必要となることもありますし、300万以上の契約時に必要としているところもあります。

 

そのためキャッシングの増額を考えている場合、きちんと確認しておく必要があると言えるでしょう。収入証明書が必要な場合は提出に手間がかかりますが、即日で増額してもらえることもあります。また、収入証明書は来店して提出することはもちろん、郵送やメールなどで提出することもできます。

 

郵送だと時間がかかってしまうこともありますが、来店する手間を省くことができるでしょう。外出不要で収入証明書を提出したい場合、メールやアプリなどを利用するのがおすすめです。

 

キャッシング業者の作成したアプリなどもあるため、収入証明書の画像を撮影してアップロードすれば完了となります。

 

すぐに増額して欲しい場合、アプリよりもFAXで提出した方が良いかもしれません。それは、アプリの提出だとデータを拾うという作業があるため、直接確認できるFAXの方が手間がかからないという理由です。

 

収入証明書を提出したら審査を受けることができますが、書類の確認ができれば審査にはあまり時間はかかりません。審査自体はすぐに完了しますし、簡単に利用することができるでしょう。

 

ちなみに、収入証明によって算出される年収の金額が変わってくることがありますし、書類の種類によって有効期限が変わってくることもあります。

 

給与明細書や源泉徴収票、住民税の特別税額決定通知書、課税証明書、納税証明書、確定申告書などは全て収入証明書として提出することができます。

 

一般的に収入証明書は新しいものが発効されるまでは有効とされており、期限をしっかり確認しておきましょう。発行が1年に1度の書類なら1年間有効になりますが、給与明細のように毎月発行されるものは1ヶ月しか有効ではありません。また、給与明細の場合は最新の2ヶ月分の提出が必要となることが多いです。

 

増額のタイミングで連絡が来る

増額を考えており、キャッシング業者から連絡が来るのか気になっている人もいるでしょう。ちなみに、条件に一致している場合、頻繁にキャッシング業者から連絡が来ることもあります。

 

50万以下の契約なら半年に1度程度限度額の見直しをしているというキャッシング業者も多いですし、メールや電話などで限度額を変更するための案内があるでしょう。また、銀行カードローンでも連絡をしてくることがあります。

 

貸金業法では契約の変更には本人の意思確認が必要となるため、電話で希望があるかどうかを確認できます。

 

増額ができると推測される人に対して連絡をしているため、希望がある場合はほとんど審査に通ると言えるでしょう。また、クレジットカード会社はショッピング枠が自動で増額されていることもあります。

 

これは割賦販売法という法律で営業をしているためであり、ショッピングの増額は本人の同意を得る必要がないため、増額の手続きをしても法律的には問題がないのです。

 

そのため取引の実績がある場合、自動的にショッピング枠が増額していることもあります。また、キャッシング枠については利用明細に同封されている案内状でチェックすることもできますし、インターネット上で確認できることも多いです。

 

消費者金融などで働く社員はかなり少なくなっています。

 

そのため増額対象の利用者全員に連絡をすることはかなり難しいですし、今後はインターネット上での契約が主流となっていくでしょう。業者のサイトから会員ログインした場合、条件に当てはまる人はインターネット上で簡単に手続きができるようになってきています。

 

 

信販会社のキャッシングも以前は増額まで対応していないところもありましたが、最近ではインターネット上で手軽に増額ができるようになっており、多くの人が利用しているということです。


 

増額は自身で申し込むこともできますし、連絡が来なくても問題ありません。しかし、スムーズに手続きをしたい場合は事前に必要書類を用意しておきましょう。1年に1度しか発行されない書類だと紛失してしまうことも多いため、しっかり保管しておくことが大切です。

 

増額をする時の注意点

キャッシングの増額を考えている場合、注意点についてもしっかり知っておく必要があります。キャッシングを利用していることを家族には内緒にしているという人も多いでしょう。その場合は自宅に郵送物が届くのかどうかが気になってしまうかもしれません。

 

また、郵送物は絶対に困るという場合、電磁式交付という方法を採用している業者を利用するのがおすすめです。

 

これはインターネット上に契約書をアップロードするという方法であり、時間がある時にチェックすることができます。
これに事前に登録しておくことにより、郵送物が自宅に届いてしまうことはなくなるのです。

 

また、電磁式交付を採用していない業者でも郵便局止めを利用できることがあるため、増額の際に確認しておくと良いでしょう。

 

在籍確認については行っていない業者がほとんどです。

 

理由は新規契約ではないためであり、既に取引をしている利用者に対しては在籍確認をしていないところが多いのです。しかし、対応方法については業者ごとに異なっているため、申し込みの際には在籍確認の有無についても確認しておきましょう。

 

増額の手続きは予想以上に簡単にできますし、時間もあまりかからないのが利点です。

 

しかし、収入証明書が必要になることもありますし、その場合は確認に時間がかかることもあるので注意しましょう。収入証明書にはいろいろなものがありますが、年収を大きく表示してくれるのは源泉徴収票であり、有効期限が1年と長いのも便利です。

 

増額の希望の有無に関わらず事前に提出しておくことにより、増額の手続きの際に書類の提出が不要になります。しかし、1年に1度しか発行されない書類なので紛失しやすいですし、必要な時に見つからないこともあるかもしれません。

 

増額はいざ現金が必要な時に便利に利用できるものですし、書類をしっかり提出しておけばスムーズに手続きを行うことができるのです。

 

増額の申し込みにおけるさまざまなトラブルを避けたいという場合、申し込みの前に郵送物があるのかどうかということや在籍確認の連絡があるのかどうかなどをしっかり確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

キャッシングの限度額を増額したいという場合、

  • 利用者自身が希望する場合
  • 業者から案内が届く場合

の2つの方法があります。利用者が自ら増額を申し込むためには基本的に業者に電話をかけることになります。また、インターネット上や来店で申し込みができることもあるので確認しておきましょう。

 

増額を申し込むと審査を受けることになり、審査に通れば限度額が増額されます。

金融業者では定期的に増額の候補者をリストアップしており、増額候補に挙がると業者から案内があります。電話での連絡が基本となりますが、書面やメールでの連絡もあります。

 

この場合は審査に落ちることはほとんどありませんし、利用者が希望すれば増額できることが多いです。審査結果はいつ分かるのかということですが、業者によって異なってくることを知っておきましょう。

 

 

最短5分で完了するというところもありますが、申し込みの時間帯や混雑具合によって変わってくることもあります。また、コールセンターが混雑していると半日くらいかかってしまうこともあるでしょう。


 

増額審査の結果は電話かメールで伝えられることが多いのですが、自動契約機で申し込めばその契約機に備え付けの電話で結果を聞けるという業者などもあります。増額では一定の金額を超える場合や年収などが変わった場合、収入証明書の提出が必要となります。

 

収入証明書というのは源泉徴収票や給与明細などのことであり、一つの業者からの限度額が50万円を超える場合や他の業者と合わせた場合での限度額が100万円を超えてしまう場合に必要となります。

 

しかし、これは消費者金融で決められた金額であり、銀行カードローンの場合は銀行ごとに金額が異なっています。また、限度額が50万円を超えない場合でも、年収や勤務先が契約時と変わった場合は収入証明書が必要となります。

 

勤務先が異なる場合は改めて在籍確認が必要となることもあります。

在籍確認というのは本人が本当に努めているのかどうかを確認する作業であり、本人以外に用件を明かすことはないので安心しましょう。銀行の場合は銀行名を伝えることもありますが、消費者金融の場合は社名を明かすこともしません。


×