ソフト闇金と闇金の違いは?

水商売とはいえ、基本的にはアルバイトの扱いとなります。
そのため消費者金融の申し込みは可能です。
しかし水商売は審査に通りづらい、これも実態です。

 

重要になるのは「安定した収入」

一般的なアルバイトとは違い、水商売は勤務形態が特殊になっています。
毎月の収入が安定していないと判断される場合も多いことは念頭に置いておきましょう。

 

消費者金融の審査で、なぜ安定した収入が求められるのかを考えてみましょう!
今月の給料が高かった、それは関係ありません。
以前には年収が高い職種についていた、それも関係ありません。
毎月の収入は安定していなくても年収として考えれば高い部類になる、それも関係ありません。

 

なぜなら消費者金融は、融資をした金額を返済できるだけの今後の収入を期待しているからです。

 

例え収入が10万円でも、毎月であればその収入に見合った融資を行うことができます。
負担の無い毎月の返済額を試算することができるからです。
ところが、毎月の収入にばらつきがある場合にはその後の返済額を試算することが困難になり、融資限度額の判断が難しくなることで結果としてリスクありと判断、つまりは審査に通らないということになります。

 

週に何日働いているのか、収入はここ数か月変動が高いのか、今一度確認してみましょう!

 

在籍確認が行える状況を確認する

消費者金融に申し込みをするともちろん審査が行われます。
その審査で重要になる項目の一つとして、在籍確認があります。

 

水商売の場合、在籍確認が行えないというケースが非常に多く審査に通りづらい要因の一つとなっています。

 

現在の消費者金融はインターネット申し込みで24時間受付をしています。
しかし受付は24時間となっているものの、対応時間には限りがあります。
つまり営業時間です。
消費者金融も無人ではなく、スタッフがいて対応がされています。
スタッフが対応できる営業時間があるために、審査にも対応時間が決められています。

 

その審査対応時間内に在籍確認が行われています。
一般的な大手消費者金融の審査対応時間は9時〜21時です。

 

この時間内に在籍確認が行われています。
水商売の場合には営業時間が夜になるものであり、在籍確認がしづらい原因ともなっています。

 

ただし、水商売でも安定した収入を得ている場合には在籍確認についてこちらもチェックしておくとよいでしょう。
特に即日融資を希望する場合には在籍確認がカギともなります。
相談によって収入証明書類の提出が在籍を証明するものとなります。

 

手を出しがちなアリバイ会社

水商売は融資が受けづらい、それを理由にアリバイ会社に手を出してしまうケースは後を絶ちません。

 

アリバイ会社というのは実体のない会社ではあるものの、さも営業をしているかのように会社名もあり、電話番号もあり、電話を受け取るスタッフも、収入証明書類の発行もされる会社です。
月に5,000円程度を支払うことで在籍しているかのようにアリバイを作る会社になっています。

 

しかし、アリバイ会社に手を出すことは非常に危険なことだと認識しておきましょう。
実際には勤務していない架空の会社に、金銭賃借契約に加担させるばかりか給与明細書まで発行させる。
この行為は、詐欺、もしくは文書偽造にあたる法律違反になります。

 

そこまでの危険を冒さなければならないのか、今一度考えなくてはならないでしょう。