ソフト闇金と闇金

こんな恐ろしい言葉をご存知でしょうか?
「ソフト闇金」
初めて聞いた方でも、これは良いイメージがわき出るものでは到底ありません。

 

今は、闇金が堂々と闇金を名乗る時代です。
騙されて闇金融を利用する方も少なくはないものの、闇金だと知っていながら利用をする方も少なくはありません。
なぜなら、闇金が用意するホームページにはそこが「闇金である」ことが記載されていることも多くなっています。

 

闇金とソフト闇金、違いはあるのでしょうか?

 

その内情は変わりありません。
違法業者であることも間違いなく、貸金業としての登録はありません。

 

ソフト闇金とはこれまでの闇金融のような強引な取り立てではなく、若干ではあるものの緩和された取り立てになっているという程度の違いです。

 

消費者金融との境目がわかりにくいという曖昧なソフト闇金ではありますが、大手消費者金融を利用することによってそれは間違いなく防ぐことができます。

 

ソフト闇金は驚くほどの条件でも即日融資ができる

まず覚えておきたいのは、ソフト闇金が求めている客層は確実な返済ができる方ではありません。
利息だけの返済を続けながらいいなりになる客層を求めています。
非常に怖いことだと思うのではないでしょうか。

 

消費者金融には総量規制があります。
貸金業者からの借り入れ総額は個人の年収の3分の1を上限として決められています。
ところがソフト闇金はそもそも違法業者であり、貸金業としての認可を受けていません。
債務整理を経験していようと、自己破産をしていようと、一般的には個人信用情報機関で異動情報つまりブラックとして認識されるような状態であっても即日融資が行われます。

 

無職、専業主婦、ブラック、どんな方でも借入ができるのはソフト闇金の特徴でもあります。

 

しかし、それがどのような意味を持っているのか考えなくてはなりません。
本人に収入がない、もしくは返済にトラブルがあった過去がある、そのような状況で貸し付けを行っても返済される可能性はどれほどあるのでしょうか?

 

通常消費者金融は審査によって判断しているのは「確実な返済ができるかどうか」であり、つまりリスクをみて融資を行うかどうかを決めています。
ところが返済能力のない方に貸し付けるということはどういうことなのでしょうか。

 

求めているのは返済ではないということです。
それはあり得ないと思われるかもしれません。
ここで最初の話題に戻りましょう!
ソフト闇金が求めているのは利息だけの返済を続けながら言いなりになる客層です。

 

利息制限法以上の金利であるために利息は大きく膨れ上がります。
元金と利息を返済することは困難になるでしょう。
そこで利息だけの返済を可能とします。
結局は元金を返済しなければならないものであり、利息の返済だけでは借金が減ることはありません。

 

完済できない恐ろしいシステム

ソフト闇金に多いのは知人の紹介です。
利用者はインターネット上のホームページから申し込みをする人と、知人に紹介されたという方に大きく分かれます。

 

ソフト闇金という危険なキャッシングをどうして知人に照会することになるのでしょうか?

 

高すぎる金利、それによって膨れ上がる利息、終わらない返済、それがソフト闇金です。
しかし、ソフト闇金の金利を下げることも、返済額を減らすこともできます。
それが知人の紹介です。
知人に紹介してまで返済を何とかしなければならないほどのキャッシング、それほどに恐ろしいところだということがおわかりになるでしょう。

 

また、ソフト闇金の利用者の傾向としてもう一つ特徴があります。
それは多重債務が多いことです。
多重債務といってももちろん正規の消費者金融からではなくソフト闇金だけで借入が重なります。
50社以上のソフト闇金から借入があることも珍しいことではないといえば、返済、取り立てに困窮する様子がありありと見えるでしょう。

 

ソフト闇金の金利はどれくらい高い?

高いといっても、それほどの高金利にはならないだろうと思われるかもしれません。
返済が不可能なほどではないとも思われるかもしれません。

 

消費者金融には利息制限法があり、借入金額に応じて3段階に分けられています。
15%〜20%、それが消費者金融から借り入れたときの金利の上限となっています。

 

それではソフト闇金の金利はどのようになっているのでしょうか?
そもそも違法業者であるため利息制限法など法律を守ることはありません。
実際に公式ホームページを堂々とその高金利が説明されています。

 

実際にあるソフト闇金の公式ホームページから金利についてみてみましょう!

 

・2週間サイクルの返済周期で金利は4割
・10日サイクルの返済周期で金利は3割
・2週間サイクルの返済周期で金利は5割

 

到底返済額を用意できるものではありません。

 

例えば「2週間サイクルの返済周期で金利は4割」で10万円の借り入れをしたとしましょう。
2週間後には返済日がやってきます。
その時には4割の金利となるため利息は4万円です。
つまり14万円が返済額となります。
わずか2週間で利息が4万円にもなる、それが「ソフト」といえる闇金なのかどうかわかるはずです。

 

ソフトであろうがなかろうがそこが闇金であることに変わりありません。人生を棒に振る借金になる、闇金の入り口はさけなくてはなりません。